2020年6月3日3,273 View

階段の前でモジモジなフレブル。怖い…?と思いきや急な猛烈ダッシュ、そして最後にキメのドヤ…って笑うわ!【動画】

普段はぼんやりさんなフレブル。しかし侮るなかれ、「マジか」と思うような俊敏な動きを見せることだって…たまにはあるのですから。と言うことで今回は、階段を上り下りするフレブルをご紹介。その行動がとにかく個性溢れる「カッケェ!」な姿なのでした!

怖くて下りられないのかな?

階段の上から、1頭のフレブルがオーナーさんを見ています。

 

「……」。

 

オーナーさんの近くに行きたいけれど、階段が怖くて下りられないのかな?

 

は、はやーっ…!

階段の上でモジモジしていたフレブル。しかしついに「下りるぞ」と決意をして下り始めました!

 

って、えええ!?

 

この超絶本気なお顔を見れば、その速さは伝わるでしょう。

 

俊敏にサササー…っとものすごい勢いで、フレブルご自慢の短い手足を動かしながら下りてきたのです!

 

オーナーさんをしっかりと見つめて下りてきて、最後にはキメのドヤ。

 

「スゴイっしょ?」なんて言う自信の声が聞こえてきそうでした!

 

上るときはまあ普通。

こちらのフレブル、Lucyも階段に挑戦です。

 

階段を上るときは、お尻をぴょこんぴょこんさせて、前足、後ろ足をそれぞれ同時に出しています。

 

これはよくある犬の階段の上りかたですね。

 

しかし、ムチっとしたお尻の愛らしさよ。

 

え…歩いて下りていないか!?

と言うことで、いたって普通の階段の上りかたをしていたLucyですが、下りるときはなんとも個性的。

 

この後ろ足にご注目ください。

 

後ろ足を同時ではなく交互に出して、まるで人間が歩くようにスタスタと下りています。

 

左右の足をバラバラに動かして…

そんなLucyの下りかたを前から見てみましょう。

 

ああ、やはり交互のパターンですね!

 

と言うことで、Lucyは普通の犬のようにぴょんよ跳ねるようには下りないため、スピード感満載!

 

下から見るとまた迫力もスゴイ。

これはなかなかカッコイイ姿です。

 

…とはいえ、あなたたちの足は言うほど長くはないから…落ちないように気を付けてね。

 

2頭とも階段をすばやい動きで下りていましたね。

フレブルのもつ俊敏さが、しっかりと表れていたようです。

 

とはいえ階段はやっぱり、フレブルにとっては危険地帯。

 

怪我をする可能性があり、また腰への負担もありますから、なるべく上り下りさせずに抱っこして運んであげるなど、工夫をしてあげてくださいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルに“アレ”をあたえると、マジで見たことないようなカッケェ姿を見せつけてくるあるある、言いたい。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧