2020年1月28日4,425 View

(ジトー)構って欲しいから、わざと飼い主の邪魔をしちゃうフレブル。素直で可愛いすぎて、むしろ構いたいんですけど。

寂しがりやでかまってちゃんな子が多いフレブル。ですが「どうしても遊んでほしい」という気持ちが募ると、まるで予想もしない『お邪魔行動』をすることがあります。一体どんな行動をして気を引いていたのか…まさにフレブルらしい姿をご覧ください!

「資料じゃなくてさあ…」

「コッチ見てよ」と、そんな言葉を発しているようなサバ。資料の上に前足を乗せてジロリとオーナーさんを見つめています。

ちょっぴり目つきが悪い所に、かなり深めの感情がこもっているようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サバ Ça va & saba(@cavanbu)がシェアした投稿 -

 

そしてスワイプした2枚目にも、カメラ目線で必死になっているサバが。

 

そして3枚目には、なんとその資料の上で眠ってしまった様子が…。

 

この後、無事オーナーさんと遊べることはできたのでしょうか…いや、ここまでのお顔をされたら、遊んであげなければ済まなかったでしょうね。

 

「ねっ、あそぼあそぼ~!」

オーナーさんが新聞を読もうとしていたら、新聞の上に乗ってきたのはミミ。

「ねっ、あそぼ~!」なんて言っているかのように、笑顔でオーナーさんを見つめています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブサイクミミ(@busaikumimi)がシェアした投稿 -

 

なんとも愛くるしいスマイルには「たまらなく可愛いわっ!」とのコメントも。

 

確かにこんなに可愛い行動をされたら、たまらなく愛おしくなってつい遊んでしまいそう!

 

ですが、さすがに毎回されたら…いや、何度でも可愛いわ。

 

ドアの前に鎮座。

扉の前に横たわっているのはミルコです。

「ドアの前にいたら、邪魔でしょ?」なんて声が聞こえそうですが、オーナーさんと暮らしているおばあさんは、どうやら強者のようで…?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

にのみる(@ninomiruko)がシェアした投稿 -

 

2枚目では、扉を開けたおばあさんがミルコの上をスッ。

 

その行動に「え!」とばかりにビックリ顔のミルコ。

 

邪魔して構ってもらおうとしたけれど、まさか、またいで行かれるとは思わなかったのかもしれませんね。

 

さて、今回はあの手この手を使って構ってちゃんな行動を取るフレブルたちを紹介しました。

 

その邪魔する気持ちこそが、そもそも健気で愛おしいもの。

彼らなりに頑張ってアピールしているのですからね。

 

時間がある時には、どうぞたっぷりと構ってあげてくださいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【飼い主の都合お構い無し】”好き”が大きすぎてまとわりついてくるフレブルたち。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧