2020年4月19日4,388 View

(プンプン…)穏やかなフレブルが飼い主に怒った理由。そのワケを聞いたら、どうしたって褒めてあげたくなる【動画】

世の中には思いもよらぬ危険がたくさん潜んでいます。家の中だから…なんて油断は禁物。こちらのフレブルも、実は普段よりも警戒モードで居るよう。そのわけを聞いたら、どうしたって褒めてあげたくなるものなのでした。

ソファでまったりモード。

ソファの隙間をあちこちチェックしてから寝そべり、前足にアゴ乗せをしてリラックスモードのフレブル。

さて、あとは眠りに落ちるだけかな?

 

うつらうつらしているフレブルへ、オーナーさんが動物の鳴き声を出し、ちょっぴりいたずらを仕掛けてきました。

 

思わず立ち上がる

まず最初はニワトリ。その鳴きまねを聞いたフレブルは「ハッ」とばかりにお顔を上げ、両方の耳をオーナーさんのほうへと向けます。

 

次にオーナーさんが真似しだしたのは犬。

どこから聞こえてくるのだろうと、不思議そうな顔をしています。

 

(…?)

 

オーナーさんはさらに犬のうなり声まで真似しはじめました。

しかしそのせいで、フレブルの警戒度は一気にMaxへ。

 

緊張を走らせた表情になり、すくっと立ちあがります。

 

オーナーさんへ突進!

しかし、オーナーさんにとってはフレブルの行動が予想外だったよう。

 

うなり声をやめないオーナーさんに向かい、フレブルは大きく1度吠えました。

 

まるで「なんなの!」なんて言っているようです。

 

そしてその吠え声に対し、さらにオーナーさんが「ワン!」と返すと…なんとオーナーさん目がけて突進!

 

これにはオーナーさんもびっくり仰天しています!

 

「変な声出さないで!」と超オコ!

そしてオーナーさんの前まで行くと、「変な声を出すのやめて!」とでも言いたげな目つきでフレブルが見上げます。

 

そのそばには、ご機嫌な様子をしたオーナーさんの赤ちゃんも。

 

どうやらフレブルは、赤ちゃんのそばに犬がいるかもしれない! と確認しに来たようですね。

 

そのことを感じたオーナーさんは頭をなでようとしますが、フレブルの怒りは収まらないようで、手を払うように頭を振っていました。

 

「やめて!」

 

あらら…ちょっとおふざけが過ぎちゃいましたねオーナーさん…。

 

赤ちゃんが心配だったの

やはりフレブルは赤ちゃんのことを心配していたようで、ちゃんと様子を確かめてから、守るような体勢でその前にストン。

 

まだ、興奮が収まらないのか、近くにあったロープもチェック。

 

なんという頼もしい姿でしょうか。

 

こんな姿を見せられたら、オーナーさんは「ふざけてしまってゴメンね…」と謝らざるを得ないでしょうね。

 

赤ちゃんのそばからおかしな鳴き声が聞こえて、フレブルは危険を感じ驚いてしまったみたいですね。

 

ちょっとしたお遊びのつもりだったでしょうが、こんなにもピュアな姿を見せられたら、なんだかふざけたことを反省したくなってしまいそうです。

 

今回ばかりは許してあげてちょうだい。

そして、これからも赤ちゃんを守る心強い存在でいてね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(父ちゃんまだかな…)フレブルは超健気。どんな事に対してもまっすぐ一途で、もはやピュアのかたまり。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧