2020年5月23日1,372 View

【色んなイライラを撃退!】フレブルも“香り”で癒される?アロマの効果で、愛ブヒとのリラックスタイムを!

徐々に解除されつつあるとはいえ首都圏では依然続く「自粛」のふた文字。新型コロナウイルスによるステイホームが提唱されてはや2カ月…さすがにストレスが積もり積もって爆発しそうだなんて感じてはいませんか? おまけに季節はジメジメと憂鬱な梅雨目前。オウチ時間を楽しもうにもついトゲトゲして、なんだか気分が上がらないのはきっとフレンチブルドッグも同じ。だって彼らは元気の塊、好奇心旺盛な遊び好きだもんね。しかしながら存分に外出できるご時世ではない今、手軽に取り入れられて心が休まるアイテムがアロマオイルです。アロマって癒し効果が高いと聞くけど、それって犬にも効果あるの? そう思う方もおられるでしょう。そこで今回はワンコの気持ちもほぐす香りの取り入れ方を深掘りしてみました。

そもそも犬にアロマオイルはOK

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

eakasarn/shutterstock

 

人間の1000倍から1億倍(!)とも言われている犬の嗅覚。

 

私たち人間が主に目で見る事柄、つまり視覚から情報を得ているのに対し、フレンチブルドッグらワンコは情報のおよそ40%を嗅覚から得ているそうです。

 

そのためブヒたち犬族はニオイにとっても敏感。ちなみに犬が好むのは人間界ではあまり好まれない「酸臭」と呼ばれるニオイで、人間の体臭にも含まれる酸っぱい匂い。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Vantage_DS/shutterstock

 

時々とーちゃんの脱ぎたてソックスや洗濯前のTシャツを嬉しそうにくわえてデレデレしているブヒがいるけれど、彼らにとっては大好きなオーナーさんの香りであると同時にとても好ましいニオイがするからなんですね。

 

さて、この酸臭と同様にワンコが嗅ぎ分けやすいニオイというのが、植物や漢方薬系の香り。つまりアロマテラピーに使われるハーブなどは犬が嗅ぎ分けやすく好む香りだと言われています。

 

とはいえ、ハーブであれば何でもかんでもOKかというとそうでもなく、アニスやオレガノ、ビタ・アーモンドやタイム、ヒソップ、クローブなど犬には有害だとされるアロマオイルも存在します。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Liliya Kulianionak/shutterstock

 

その一方でワンコが好む香りとされているのがオレンジやオレンジ・スイート、ラベンダー、ローズ、ベルガモット、レモン、グレープフルーツ。

 

こうして書き出してみると比較的アロマオイルとしてメジャーな香りはワンコにも向いているように感じます。

 

実際にペットのためのアロマテラピー資格がいくつかあることからも、香りと使い方次第ではペットにもアロマが効果的だということが分かるでしょう。

 

では、アロマオイルをどういう風にフレンチブルドッグとの暮らしの中に取り入れたらいいのでしょうか。

 

気化式ディフューザーがオススメ!

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Africa Studio/shutterstock

 

世の中には本当に多種多様のアロマ系グッズがあり、アロマ初心者にとってはどれを選べば良いのか迷いますよね。

 

代表的なのが火を灯すことで香りが昇り立つアロマキャンドルやアロマオイルに木製のスティックを差し込むタイプ。

 

他には、加熱して香りを拡散するものや水をミスト状にして香りを噴射する超音波式ディフューザーなどでしょうか。

 

そんな数あるディフューザーの中でもフレブルと暮らす上で一番安全なのが、火や水を使わない気化式タイプ。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Nanako Yamanaka/shutterstock

 

火は火傷の心配があるし、水の入ったディフューザーならぶつかってこぼす心配がありますからね。

 

ではでは、気化式にはどんな種類があるのかというと、まず珪藻土などにアロマオイルを染み込ませるストーン式、他にも専用タンクを用いた送風式やリードと呼ばれる木製スティックを使うリード式などがあります。

 

これらは、好みや手入れのしやすさで自分のライフスタイルに合ったものを選べばOK

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

immstudio/shutterstock

 

ただ、ニオイは好き嫌いの個人差が出やすいものなので、一般的に犬が好むとされている香りが苦手だというブヒも少なからずいます。

 

最初はほんのり香らせ、愛ブヒの様子を見てくしゃみや息が荒くなっていないか、不安げにしていないかなどをチェックしてから本格的に導入してくださいね。

 

そしてアロマ初心者さんに気をつけて欲しいのが、直接ブヒの肌に使用しないこと。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

praditkhorn somboonsa/shutterstock

 

ちゃんと知識があればペットにも人間のようにアロマオイルを使ったマッサージができるけれど、正直アロマ初心者にとってこれは難易度がかなり高め。

 

場合によっては相棒を危険にさらすことになるので、まずはお部屋を香らせることでリラックス&リフレッシュ効果を狙いましょう。

 

香りによって効果も様々。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Job Narinnate/shutterstock

 

人間でもこの香りを嗅ぐと安心するというニオイがあるように、ワンコにも香りによって様々な効果が期待できます。

 

例えば鎮静効果があるラベンダーやリラックス効果があるローズはゆったり寛ぐひと時に、気分を明るくしたい時にはフレッシュなオレンジなど柑橘系の香りを。

 

その日の気分や体調に合わせてチョイスするのが良いでしょう。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

LightField Studios/shutterstock

 

これからの季節にはノミ・ダニ予防効果もあるユーカリもオススメで、特にユーカリやラベンダーには殺菌効果もあることから、水で希釈してアロマスプレーを作りそれを使ってケージなどのお掃除をするのもオススメです。

 

最近ではペット用に開発されたアロマオイルやアロマを使ったお手入れ用のスプレーなども市販されているので、より手軽に活用したいならそういった商品を選ぶのも良いでしょう。

 

ちなみに筆者は、留守番中の愛犬の寂しさを緩和するブレンドオイルやアロマを利用したペット用虫除けスプレーを利用しています。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Zemchenkov Sergey/shutterstock

 

分離不安などでお悩みのオーナーさんは、こういったアロマオイルを取り入れて留守番中の愛ブヒのストレスを和らげるという使い方もできますよ。

 

なお、今は様々なショプでアロマオイルが売られていますが、必ず天然成分100%のオイルを選ぶこと、原液には触れず希釈して使うこと、原液をフレブルの届く場所に置かないことなどにご注意を。

 

良い香りに満たされていると自然と心が和んでリラックスできますよね。もしその香りが愛ブヒの心も癒すものならばなおうれしいし、一緒に香りで癒されるなんてとても素敵。

フレンチブルドッグ,アロマ,健康

Firn/shutterstock

 

リフレッシュしたい朝やリラックスしたい就寝時にアロマを活用すれば、穏やかな気分で日々を過ごせるような気がします。

 

アロマグッズにはインテリアとしても映えるものが多いので、お家で過ごす時間が長い今の時期には目でも香りでも楽しめるアロマを取り入れてはいかがでしょう。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【自分のストレスが影響!】愛ブヒの心の健康はアナタ次第。 我が子のために出来る、簡単な『日々の心がけ』を。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧