2020年6月2日21,787 View

(終わった…)イタズラがバレて、何とか回避しようと色んなおとぼけをかますフレブル。可愛くて笑うわ【動画】

フレブルはまるで、人間の子どものように好奇心旺盛。遊ぶのが大好きで無邪気な彼らはもちろんイタズラも大好き。しかし、イタズラのあとは当然叱られるに決まっています。そんなフレブルが編み出した苦肉の策とは…もう、完全に笑っちゃうヤツですよ!

帰宅すると、バッグにいたずらが!

動画は、オーナーさんが愛ブヒであるMayaちゃんを「Maya!」と呼ぶシーンからスタート。

オーナーさんは、なんだかちょっぴりお怒りモード…ってそれもそのはず。

なんと、留守中に自分のバッグにいたずらされていたのです。

 

当然Mayaちゃんを叱るべく呼び寄せているのですが、当の本人はこちらへ向かう足取りが超絶重い。

 

もはや鉛でもつけているかのよう…ってそりゃそうだ。

自覚があるのでしょうからね。

 

途中でフリーズ。

とはいえ、それなりにオーナーさんのもとへ歩みを進めていたMayaちゃん。

 

しかし…

 

「……」。

 

ひとり「だるまさんが転んだ」で遊んでいるのかな…。

途中で歩みを止めてしまいました。

 

しかも、わかりやすくあさっての方向を見ながら。

 

やっぱりもう、完全に悪いことをしたことがわかっているようですね。

 

「ダメ、来なさい!」

しかし、オーナーさんも叱りたくて叱るわけではありません。いけないことはいけないと、教えなければいけないのです。

 

(トボ…トボ…)

 

しかし、とにかく足取りが重いMayaちゃん。

 

まあ叱られることがわかっているのであれば、すんなりとオーナーさんのもとへ行くはずがありませんね…。

 

「あ、ちょっと背中がかゆくて…」的な。

しかし実は賢いフレブル。

 

Mayaちゃんは、ここでフレブルらしい機転の利かせ方を披露します。

 

「そういえば、痒かったんだよね背中…」。

 

え…すごい荒技…!

 

遠い目をしながら、急に壁へと背中を擦り付け始めたMayaちゃん。

 

「そっか! かゆいなら仕方がないね!」…とはならないと思うよ。

 

しかしオーナーさんはこれに爆笑。

 

そりゃあ、叱られることが嫌で背中がかゆいフリで回避…だなんて、笑わざるを得ませんね。

 

最後はかわいさで乗り切ろうとがんばる

しかしどこまでも叱られることを避けたいMayaちゃん。

 

とりあえずかわいさで乗り切ろうと頑張ります。

 

「オコ…ってる? ねえ叱られるの…?」

 

はい、ズルイ。

 

こんなに無垢な表情で迫られたら、「もう今度はだめよ♡」となってしまうかも…。

 

Mayaちゃんのように、機転を利かせて叱られるのを回避しようとするフレブルはきっと多いはず。

 

「そんなのに騙されるかい!」とツッコミながらも、かなり微笑ましいおとぼけをかましてくるのだからつい笑ってしまうのですよね。

 

きっと「あるある〜」と思ったオーナーさんは多いことでしょう!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブル2頭が住む家庭でイタズラが発生。名乗り出てはいないものの、犯人はもうバレバレである。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧