2020年7月21日7,206 View

「留…守…番…」呼ばれたから良いことがあると思った。でもそんな話なら聞きたくなかった…フレブルの哀愁がすごい【動画】

もう人間レベルで感情が顔に出まくり、言葉こそ話さないものの、我々の話す内容はしっかり理解しているフレブルたち。今回は、何やら悲しい気持ちになってしまった様子を見せる姿をご紹介します。一体どうしたんだ、なんでそんなお顔になっているのさ…!?

何だか悲しげ…心配になるが…

何があったのか、眉が下がり悲し気な顔のフレブルパピー。

と、思ったら! そう見えるのは目元の模様が原因だったようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ramón(@ramon.thefrenchiebulldog)がシェアした投稿 -

 

そうとわかると、とてもかわいらしいですよね!

よく考えてみれば、さすがにパピーであればまだ言葉は理解できませんからね。

 

とは言え、この困り顔の模様のまま育っていったら…もう可愛くってみんなの視線を集めてしまいそうです。

 

しかしこの顔でおねだりされたら、それこそ強力な武器になってしまいそうだ…。

 

オコなのか悲しいのか、リラックスなのか…

悲し気なようにも怒っているようにも見えるフレブル。もしくは、その両方…?

 

ケージのなかにいることが不満なのか、こんなお顔になってしまっているのです…。

 

やっぱりオコ…いや、悲しみ…?

 

なんて言いつつ、そう見えるのは、柵に顔を押し当てているからだったりして。

 

彼らの特徴である、愛すべきお顔のシワがそうさせているだけなのかもしれませんね。

 

こんなにも困っているようなお顔に見えるけれど、意外と当のフレブルはリラックスしていたりして。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

W I N S T O N & F R A N K I(@winston_franki_frenchiebull)がシェアした投稿 -

 

そんな話なら聞きたくなかった…

フレブルのぶぅたはちゃんと人間語がわかるフレブル。名前を呼ばれると、ウ〜ンとストレッチしながら近寄ってきました。

何か楽しいことがあるのかも、なんて思っていそうですね!

 

しかし、ぶぅたの期待は大外れ。その内容は、まさかのお留守番だったのです。

 

「……」。

 

見てください、この悲しそうな横顔を…。

 

もうオーナーさんのお顔もみれないのか、顔をそむけてしまいました。

 

悲しい声を出し、耳に入らなかったかのようなそぶりを。

「聞こえてないもん」と、とぼけているみたいです。

 

このリアルに悲しみを放つ姿には、どうしたって切なくなってしまう。

 

オーナーさん、どうかおやつでご機嫌取りをお願いします…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちえぶぅた(@chiebuuta)がシェアした投稿 -

 

フレブルは本当に純粋無垢。ピュアだからこそ、1秒でも悲しい気持ちにはさせたくない、なんて思ってしまいますよね。

 

とは言え、ぶぅたのように「お留守番」などは日々発生するものでしょう。

 

だからこの事実を告げる瞬間は、オーナーも辛いものなんだよ…と、教えてあげたいものですね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

イヤや…どうしてもハウスしたくないフレブル。背中を押されても動こうとせず、切なすぎる表情からは強めの哀愁が…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧