2020年3月10日13,000 View

イヤや…どうしてもハウスしたくないフレブル。背中を押されても動こうとせず、切なすぎる表情からは強めの哀愁が…【動画】

フレブルたちはとにかく甘えん坊。どんな時もオーナーと過ごしたい気持ちが強い犬種です。そんな彼らが苦手なもの、それは爪切りや留守番など個々に色々ありますが、今回主役のフレブルはとにかくわかりやすく『ハウス』を嫌がるのでした。それはそれは素直に…。

『ハウス』がイヤすぎるフレブル

ヘソ天でなでなでしてもらっているフレブル五郎。

しかしその間オーナーさんがずっと「ハウス行こう」と言っています。

 

そのことがどうしても受け入れがたい五郎。

目を開けたままいびきをかき、「死んだふり」をして逃れようと必死です。

 

そしてこの「死んだふり」が特技のようで何度かトライするものの効果なし。

そこでおめめウルウル作戦に変更したものの…やはり効果なし。

 

見かねたオーナーさんは五郎の体を起こし、背中を押すことに。

いよいよその時を感じた五郎は、もはや目に見えるほどの哀愁を放つのでした…。

 

そしてそのまましぶしぶと、いや、ものすごく嫌そうにハウスの方向へと歩き始めたのだとさ…。

 

いいこにしないと散歩にいけない。

そんな素直で頑固な五郎ですが、時には良い子すぎる時もあるよう。

 

この日はお散歩に行く前の様子です。

オーナーさんは普段から「お利口さんにしないと散歩には行かないよ」ということを伝えているのだそう。

 

そのことを理解した五郎は、なんとお散歩に行きたいが為にゴロンと床に寝転がって「寝て待つ」ことにしたのです。

 

『良いことが待っている』とわかることに対しても、これまた素直に反応するのですね。

そんなところはなんともフレブルらしい。

 

ある意味、『果報は寝て待て』を実践していると言えそうな…。

 

イヤなことは全然頑張れない、好きなことは超絶頑張れる、なんとも素直でフレブルらしい五郎は、本当に『愛すべき存在』と言えそうでしたね。

 

これだからフレブルって、最高なのです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ま、待たんかコラ!(笑) 気持ちに素直すぎるフレブルがやっぱりかわいい。【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧