2020年8月20日5,456 View

『フレブルをおすすめしないあるある』を見たら、もう可愛くって仕方がないことしか伝わってこなかった【動画】

今回は、とあるフレブルオーナーさんが思う『フレブルをオススメしない理由』をピックアップするという、ちょっぴりひねくれたような動画をご紹介。なんでひねくれているかって? そりゃもう、フレブルたちが可愛すぎるからですよ!

意外にも…抜け毛がすごいですよ。

フレブルをお迎えをするとこんなことになるから…まずはこのあるあるから。

 

見てください、ズボンの裾がいつの間にかファーのように抜け毛まみれです。

 

…とまあ、個体差はあるものですから少々オーバーなものかもしれませんが、とはいえ、短毛種でもしっかりと毛は抜けますので、コロコロは必須。

 

黒い洋服などは目立ちますから、時期によっては避けたほうがいいかな…という懸念はありますね。

 

でも、いつの間にかその抜け毛すら愛おしくなるのだから怖いもの。

 

みなさん、耐えれますか?

 

フレブルは王様です。

フレブルは家の中で一番偉い存在。お爪や肉球、毛や皮膚のお手入れは、オーナーがしなければいけないのです。

 

(ヌリヌリ…)

 

そう、彼らは王様、女王様。

人間など、そのしもべなのです。

 

仕方がないですよね、彼らは自分でケアなどできませんし。

 

しかしこれまた恐ろしいことに、気づいたら喜んでやっていた…なんていう可能性があるでしょう。

 

構わないと拗ねちゃう

フレブルは基本的に構ってちゃん。それはもう、腕が何本あっても足りません。

 

特に多頭飼いなどしていれば、片方のフレブルを可愛がると、きょうだい分が強くひがみます。

 

「ちょっとぉ〜なでて、なでて」と、まるで人間の子どものようにしっかりアピールをしてくるため、もちろん無視など不可能。

 

だから、たとえどんなに忙しくてもそもそも無視などはできないという大問題が生じます。

 

大さわぎする生き物

フレブルはそんなに吠えないと思っていませんか。いいえ、それは違います。

 

…いや、違いませんね。

彼らは「無駄吠え」が少ないのです。

 

一体どういうことかというと、『思い通りにいかないこと』があると大さわぎするのです。

 

この絵をご覧ください。

 

フレブルコンビは、車のなかで「アオアオー!」と大合唱中。

なにやら不満があるようですね。

 

もしかしたら、よりオーナーさんの姿が見える特等席を巡っての争いかもしれません。

 

まるで自分を取り合うかのような可愛らしい理由でも、彼らは揉めてしまうのです。

 

ちなみに、嬉しくてもまたさわぎます。

 

2頭はお部屋の中で猛ダッシュ中。

この通り、ブレブレになるほどの勢いで走り回ります。

 

意外にも足が速いもので…。

 

ということで、嬉しいことがあると「イエーイ」とばかりに大暴れし、その肉弾と化した体で体当たりされるなんていう、ありがたき痛みのある事故もたまに起きます。

 

愛情表現の豊かさ

フレブルは基本的に甘えん坊。オーナーのことがとにかく大好きなのです。

 

「パパ大好き」と穏やかに顔を見つめながら、優しくペロペロしてくるのです。

 

特に甘えん坊な子は、もはや1秒たりとも離れたくなくなるほどの強い愛情表現をしてきます。

 

こんなに愛らしい表現をするフレブル…みなさん、それでも良いのでしょうか?

 

良いのであれば、お迎えすることをおすすめします。

 

さて、オーナーさんが感じる『フレブルをすすめない』理由をまとめたこの動画、いかがでしたか?

 

結局は、この世で一番可愛いという証明をしてくれたようなものでしたね。

 

しかしフレブルオーナーさんであれば、全て納得がいったのではないでしょうか!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ナデナデされて耳ペタうっとり…気持ちよくってブーブー鼻息…フレブルって、やっぱり超可愛い生き物【癒し動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧