2020年11月22日2,925 View

『ボクは怖くないよ…』公園で遊ぶ子供達に混ざりたいフレブル。諦めきれない姿が、切なくて悲しくて可愛い…!【動画】

今回は、フレブルの『哀愁系』の可愛さに触れてみたいと思います。ということで、素直すぎるが故に、完全に切な可愛い姿になってしまっている動画を2本ご紹介。その姿にはもう、胸がキュンとしすぎて忙しくなってしまうかも…!?

ぼくは、遊びたいだけなんだ。

まず最初の主役ブヒはポルコさん。オーナーさんとお散歩で公園にいるようで、ニコニコ顔で歩いています。

 

実は、この日公園には子どもたちがいっぱい!

休日だったのかもしれませんね。

 

そのことでテンションが上がったポルコさん。

 

遊び好きのフレブルですから、もちろん子どもたちに接近。

 

そして、少し離れた場所から見つめているのですが…。

 

「……」。

 

誰一人、気にしてくれません…。

 

かなりガン見しているようですから、誰かしら気にしてくれてもいいのに…。

この後ろ姿はちょっと悲しすぎます。

 

その後、場所を移動するとおじいさんが声をかけてくれました。

そこでしばし喜ぶポルコさんですが、どうしても忘れられないのです。

 

そう、子どもたちの楽しそうな姿を。

 

ということで再び遊ぶ姿をガン見…するも…結果は同じ。

 

この姿には、どうしたって“いい子いい子”してあげたくなることでしょう…。

 

可愛いも休み休み頼む…!

お次は、哀愁があるものの、もはや愛嬌が炸裂して胸が苦しくなりそうな動画です。

 

主役ブヒはこうめさん。この時はこうめさんもお散歩に出ているようでお外にいます。

 

すると、目の前にはテニスボールが。

 

何を隠そう、こうめさんはテニスボール大好きっ子。

見つけたらとにかく目がないのだそうです。

 

ということでこの日も夢中になって、目の前のネットから出そうとしているのでした。

 

がしかし、よく見てください。

 

(アグーッ!)

 

ネットの上から噛んで頑張っている…。

 

『大好きなテニスボールで、すぐに遊びたい』。

 

その想いが、なかなか取れないボールへの思いをつのらせるのでしょう。

 

とにかく激しく、ネットの上から頑張り続けているのです。

 

とここで、さらなるアクシデント。

 

頑張りすぎていたこうめさんのパワーが、勢い余ってボールを届かない位置にまで転がしてしまったのです。

 

いろんな意味で、終始切ない状況に立たされたこうめさん。

 

こんなの…もう可愛い以外に他なりません!

 

哀愁漂う可愛さが溢れたフレブルたちはいかがでしたか?

 

この切な可愛い系を語らせたら、右に出るものはいないでしょう…と思わせる彼らのトンチンカンな仕草は、もはや神から与えられたギフトのようなもの。

 

だから彼らのことを、愛して愛してやまないのですよね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(ムッ)網戸に通せんぼを食らった気でいるフレブル。少々ご立腹のようですが、窓、開いてますよ…!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧