2021年1月26日2,298 View

お手本レベルの『ブサカワ』を見せたフレブル。改めてソレについて考えたら、ブサが消えて可愛いしか残らなかった【動画】

言うまでもなくフレブルは“ブサカワ”ということで世間の常識になっているわけですが…まあそこは強く否定しません。正直、ブサイクじゃないとは言い切れない時も確実にあるわけですからね。そこを愛するのがフレブルラバーなのですが、改めて「ああ、これが王道のブサカワだわ…」なシーンが見られたので、おさらいしてみませんか?

のっけから絵が強い。

今回、ブサカワのお手本のような姿を見せてくれたのはフレブルのゆきち。

 

今はおネムのようですが…早速ですが絵が強い。

 

強い…ですよね、やっぱり。

 

眠っているのに目は開いているし、お口もささやかに開いちゃって。

 

そしておきまりの、黒目グリン。

 

眠っているときに、黒目がグリングリン。

 

これも、ブサカワを名乗る為には必要なものでしょう。

 

まぶたの中で行ったり来たり忙しくなっているのです。

 

夢をみているのでしょうが、それがホラーに見えるという。

 

ヒキで見ると…

強いよねやっぱり。

 

何がそうさせるのかちょっと真面目に考えてみたのですが、もしかしたら“タフタフ”ではないでしょうか。

 

触り心地はなんとも柔らか、ついついムニムニと触れたくなる魅惑のほっぺ…通称タフタフ。

 

そのタフタフが、眠っている最中であるのにしっかりと上に突き上がっていて、皮肉にも寝ながら笑っているように見えるのです。

 

(ニカッ…)

 

ほら、ほらね!

 

寝ているのに白目で笑っているように見えるから、ホラーに寄ってしまうのだわ。

 

きっと…。

 

あれ…?

でも、ちょっと待って…?

 

ブサカワ超えてないか?

ここまで、改めて『愛すべきブサカワ』に迫っていたつもりだったのですが…。

 

もはやブサカワなんかとっくに超えちゃっているような気がしてきました。

 

ぶっちゃけ怖い…なんなんだフレブルって…。

 

と、思いきや。

 

ちょっと、かなりヒキでみてみましょう。

 

かわええ……。

 

無重力感漂うあんよ。

恥じらいもなく晒し見せつけてくる大事な部分。

昭和のアイドル的に、ささやかに角度をつけて愛らしく曲がったお首。

 

これはもう、どこをどう見ても可愛いわ。

 

すみません。フレブルはブサカワではなくて、ただただ可愛い犬でした!

 

もはやとろけるかのように爆睡していたゆきち。

 

あまりに無防備な姿を見ると、その心までもが愛おしく思えるものですよね。

 

そもそも、フレブルはブサカワって一体誰が言っているの?

 

全部丸ごと可愛いのだけれど!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

(悟れよ…)自分もう寝ます、の感情を笑えるほどの“ジト目”でアピってきたフレブル。かなりの高圧でジワった【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧