2020年12月5日3,461 View

(悟れよ…)自分もう寝ます、の感情を笑えるほどの“ジト目”でアピってきたフレブル。かなりの高圧でジワった【動画】

今回はちょっぴりおネムなフレブルをご紹介。フレブルといえば、考えていることが顔や態度に出過ぎるあまり、こっちが気をつかうということでお馴染み。今回はもう、なぜだか申し訳なく思えるほどにわかりやすい顔を見せてくれました。まったくカワたんなんだから…!

おとなしいね、やけに。

今回の主役はフレブルのおもちさん。今はケージの中で丸くなっています。

 

(ギョロ)

 

おお…目があった、しかもかなりの眼力。

くつろいでいるのかなんなのか。

 

しかしここでちょっと注目を。

 

おもちさんの、比較的小さめなお口のタフタフ。

これををささやかに、ケージの柵に乗せていますね。

 

アゴが柵に入らないからタフ乗せ…であればリラックスしたいという証拠。

 

これはきっと眠たいのでしょうね。

 

うんうん、やっぱりその推測は正解のよう。

徐々にまぶたが閉じてきましたからね。

 

強めの『ほっといてくれ感』

ということで、ケージの中でウトウト中だったおもちさん。

 

可愛らしくタフ乗せして、今からお眠りになるようです。

 

なんて言っている側から、いよいよまぶたが閉じてきましたよ。

 

ああかわえ…。

 

このささやかなタフ乗せも相まって、なんとも愛くるしい。

 

そして真っ白ボディを丸めているところから、まさにお名前の通りの“おもち感”がプンプン。

 

ああなんて可愛いの。

 

出た、ついに出たよ!

さて、ここでついに出ました。フレブルの超絶わかりやすいアピールが。

 

どうぞその光景をご覧ください。

 

「……」。

 

きたぞ…きたぞー!

 

これは、鬼レベルのジト目だー……!

 

ジワる。実にジワる。

 

ポーズも相まって、もう丸ごと可愛くって仕方がない。

 

この感じが、まさにフレブルらしくて最高です。

 

しかし、おもちさんのこのお顔を訳すれば。

 

『オーナーならさ、今から寝るってわかるよね。だからやめて、カメラ』。

 

…なんていうところでしょうか。

 

そう、意外にもデリケートな部分がある彼ら。

 

カメラやオーナーの視線は、想像以上に突き刺さっているのです。

 

しかし、そのジト目が可愛くって、つい欲しがっちゃうのがフレブルラバーなのです。

 

どうか許してちょうだい…。

 

普段は愛嬌抜群で、愛くるしくゴキゲンなお顔は『笑う犬』なんて言われているフレブル。

 

そんな彼らが打って変わって『ジト目』になるとか、そのギャップが最高なわけです。

 

愛くるしさがあるからこそ、ジト目も引き立つもの。

 

まあなんていうか、つまるところ全部が可愛いってことです。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

イヤや…どうしてもハウスしたくないフレブル。背中を押されても動こうとせず、切なすぎる表情からは強めの哀愁が…【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧