2017年4月13日3,140 View

そんな顔しないで!深刻な顔で瞑想するフレンチブルドッグ〜表情豊かな犬ならでは〜

フレンチブルドッグオーナーには「あるある」な瞬間、それが愛ブヒの瞑想。突然立ち止まって(おそらく)何かを考え出したり、部屋の隅で(きっと)人生ならぬ犬生のプランを練っていたりするんですよね。

今回お送りするのは、表情豊かなフレンチブルドッグならでは、ちょっぴり深刻な顔で瞑想するフレブル特集です。瞑想にぴったりな商品のご紹介もありますよ!

この記事のタイトルとURLをコピー

フレンチブルドッグ 瞑想

Model:@haruta_bonheur(Instagram)

何を考えているんだろう…深刻なフレンチブルドッグたち

まずは悲しそうにうつむくフレブル。

ご飯がちょっと遅かったのでしょうか…。それとも、今日はおやつがなかったのかな?

 

おもちゃで遊んでいる瞬間にもはじまるのが瞑想。

 

A post shared by Ms Seven (@sevensei) on

「あれ…ボク、何してたんだっけ?」

 

重そうなダンベルの隣で呆然とするフレブル。

 

A post shared by Daniela Menares (@danimenares) on

「お父さん、こんな重いものを持ち上げるなんて…」

 

打って変わって、ものすごく渋い顔で瞑想するのはこちらのブヒ。

 

A post shared by Frank (@frankiefromla) on

「人生ってさ、世知辛いよね」

 

「ボク、このまま大きくなれなかったらどうしよう…」

 

A post shared by Charlie (@charliefartsalot) on

大丈夫だよ…泣かないで!

 

お母さんの腕の中で何かを悟るブヒ。

 

A post shared by Me/yo/moi (@cristiane_bachmann7) on

 

「ちょっと話しかけないでね、今瞑想中なの」

 

A post shared by Lance Robinson (@lancerobinson) on

 

「ううむ…」

後ろのテレビスクリーンにはNetflixの文字が。何を観ようか悩んでいるようにも見えます。

 

切ない顔で物思うのはブリンドルのフレンチブルドッグ。

 

Wondering why mom and dad won't share the chips and salsa

A post shared by ⚜️King Louis⚜️ (@kinglouisofnola) on

「なんでお母さんたち、わたしにご飯を分けてくれないんだろう…」と考えているんだそうです。そんな悲しい顔しないでー!

 

フレンチブルドッグの瞑想タイムにぴったり?!犬に聴かせるCD2 選

今までの犬生のことを考えて瞑想…とまではいかなくても、のんびり過ごすのが大好きな我らがフレンチブルドッグたち。今回フレンチブルドッグライフでは、そんなフレブルの「のんびり」のお手伝いができそうな音楽アルバムを2つ選んでみました。

 

素敵な音色プラス適度な生活音がリラックス効果抜群!

「犬と一緒にゆったりした、リラックスできる時間が過ごしたい」という願いから生まれた犬のためのクラシック音楽集が「Dreams for Dogs」です。誰もが聴いたことのあるような定番のクラシック音楽に、住宅街にいるような生活音が混じっているのがユニークなところ。「夜鳴きが減った」という声や、「人もリラックスできる」という声が寄せられている人気商品です。

 

 

獣医師監修!周波数に注目した犬用CD

のんびり屋さんのフレンチブルドッグにもぴったりなCD2枚目は「いぬのやすらぎ~愛の周波数528Hz~」。タイトルの通り、犬にとってリラックスができ、不安を取り除くと言われる周波数528Hzを含む音楽が収録されています。経験豊富な獣医師と、なんと医科大学の教授が監修している本格的な犬用CDです。

 

 

瞑想をしているように真剣なフレンチブルドッグたち、とっても可愛いですよね。何を考えているのか機会があったら聞いてみたいものです…。

紹介されたアイテム

  • Dreams for Dogs(11曲収録)

    Dreams for Dogs(11曲収録)

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA
    • amazon
  • いぬのやすらぎ~愛の周波数528Hz~(12曲収録)

    いぬのやすらぎ~愛の周波数528Hz~(12曲収録)

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA
    • amazon

おすすめ記事

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー