2021年3月19日3,272 View

【フレブルにオススメのブラシ】お肌に優しく“秒で”眠る!?「ペットティーザー(パピー用)」がガチで良い

短毛のフレンチブルドッグには、ブラッシングなんて必要ない…いやいや、むしろ真逆です! 生まれつき毛穴が大きく、お肌もデリケートなフレンチブルドッグこそ毎日のブラッシングが欠かせません。ただし、ブラシは慎重に選びたいところ。

今回ご紹介するのはフレンチブルドッグにぴったりな、お肌に優しいブラシ「ペットティーザー(パピー用)」。今までブラッシングが苦手だった編集部の愛ブヒも、これに変え途端に大好きになったとか!

フレブルにはどんなブラシを選ぶべき?

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

犬用ブラシって、本当に種類がいっぱい…。

 

その最大の理由は、犬種ごとに被毛や皮膚の特徴が異なるから。

 

では、フレンチブルドッグにはどんなブラシが合うのでしょうか。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

 

私たちが推奨しているのは、皮膚を傷つけない柔らかくクッション性のあるもの。

 

さらに短いフレブルの毛にも絡まりやすいよう、毛先が細いものだとベターです。

 

フレブルに圧倒的オススメ!「ペットティーザー(パピー用)」

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

そこでオススメしたいのが、犬用ブラシ「ペットティーザー」。

 

ペットティーザーは、あの超有名な人間用ブラシ「タングルティーザー」のペット版。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

タングルティーザー(人間用)

 

タングルティーザーは『魔法のブラシ®』とも呼ばれ、美しい髪をめざす全ての人々に愛されています。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

 

ペットティーザーは「パピー用」「中・大型犬用」「小型犬用」の3種類。

 

フレブルに“圧倒的に”オススメなのが、まさかの「パピー用」です!

 

 

 

ペットティーザー(パピー用)[4つ]の良いところ

①超やわらかいから、お肌に優しい

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

クッション性抜群

ペットティーザー(パピー用)の特徴は、毛先がやわらかいところ。

 

柔軟性のある特殊素材ブラシが、お肌へのダメージを最小限に抑えてくれるのです。

 

さらにお肌を傷つけにくいよう、先端が丸くカットされているのも嬉しいポイント。

②汚れや抜け毛を取りのぞく、長短ブラシ構造

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

各国で特許取得の「長短二段構造」

ブラッシングの目的のひとつは、汚れや抜け毛を取りのぞき、健康的なお肌を維持すること。

 

ペットティーザー(パピー用)は、長いブラシと短いブラシをMIXした長短二段構造(日本・UK・EUで特許を取得)。

 

無理に力を入れることなく、優しくブラシを通すだけでOKなのです。

③女性でも持ちやすい、くびれ型

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

ペットティーザー(パピー用)は、自然と手にフィットする“くびれ型”。

 

握りこむことでブラシにかかる力を分散させるため、無理な力をかけずにブラッシングができます。

④水洗いがしやすい、空洞構造

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

ペットティーザー(パピー用)は、中心部分が空洞になっているのも大きな特徴。

 

水で洗い流しやすく、速乾性を実現してくれるのです。

 

いつでも清潔を保てるところも、キレイなお肌を維持するポイントですよ。

 

 

ブラッシング嫌いを“秒で”克服!フレブルもうっとり♡

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

French Bulldog LifeのPR担当「フレンピー」は、ブラッシングが苦手でした。

 

性格の問題かなぁと諦めていたのですが…

 

ペットティーザー(パピー用)に変えた途端、ブラッシングが大好きになったのです(飼い主が一番ビックリ)。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

 

ブラッシングを始めるとゴロ〜ンと寝転び、いつの間にか眠っています(笑)。

 

最近ではブラシを見ただけで仰向けになり「早くして〜」と催促するようになりました。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

 

おそらく、今まで使っていたブラシが硬くお肌への刺激が強かったのかもしれません…。

 

ブラッシングが苦手な子は、ぜひペットティーザー(パピー用)を試してみてほしいです!

 

 

キレイなお肌を目指すには、ブラッシングは欠かせない!

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

短毛なフレンチブルドッグにはブラッシンが必要ない、なんて間違った噂をよく耳にします。

 

ところがフレンチブルドッグは、生まれつき毛穴が大きく皮脂の分泌が多い犬種。

 

つまり、皮膚や被毛に汚れくっつきやすいのです。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

ブラッシング後。被毛が整っているのがわかる

 

膿皮症の原因菌は皮膚についた汚れや皮脂が大好物なので、ブラッシングを怠ると、肌荒れの原因になりかねません。

 

またブラッシングは血行を促す効果も期待できますので、カラダのコンディションを整えるのにも大切なんですよ。

フレンチブルドッグ,ブラッシング,ペットティーザー

 

ブラッシングは皮膚を傷つけないものなら、一日何度も行っても問題ありません。

 

できれば毎日ブラッシングをして、健康的なお肌の維持を目指しましょうね。

  • ペットティーザー (パピー用)

    ペットティーザー (パピー用)

    サイズ :約W55×H125×D55mm
    重量:約53g
    材質本体:ポリプロピレン
    生産国:イギリス

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧