2021年6月8日1,448 View

そんなぁ…。柵の向こう側に飼い主発見!小型犬に『台』にされ自分だけ取り残されちゃったフレブル。【動画】

今回は、フレブルらしいファニーさが溢れたちょっと残念なシーンをご紹介。相棒のヨークシャーテリアと一緒にオーナーさんを出迎えているものの、小型犬である相棒はフレブルにまさかの行動をしでかします。一瞬のことに見る方も呆然としそうですが、遅れてくるジワジワに愛おしさがこみ上げるはず!

オーナーさんを発見したコンビ

主役フレブルは今、相棒のヨークシャーテリア(ヨーキー)さんと一緒に柵の向こう側にいます。

 

ここは洗面所のような場所なので、お掃除中に待機していたのかもしれませんね。

 

オーナーさんは用が済んだのか、お迎えに来てくれた姿を見てとても嬉しそうな2頭。

 

中でもヨーキーさんはとにかく寂しかったのか、キューキューと高い声で甘えています。

 

フレブルももちろん、声こそ聞こえないものの目を丸くして笑顔で見つめています。

 

まさかの展開が待ってた…

さて、オーナーさんに柵を取り外してもらっていざ対面…と言う光景を頭に描いていたものの…。

 

ここから想像もしない展開が待っていたのです。

 

(ピョンッ!)

 

なんとヨーキーさんが、フレブルの背中に軽々飛び乗りました!

 

そこでモソモソと動き、踏み場調整しているよう。

 

なに、一体どうしたと言うの!

 

もしかしたら、より高い場所からオーナーさんの姿を見たかったのかもしれませんね。

 

ヨーキーさんは小型犬の中でもかなり小さい体ですからね。

 

美しくフライアウェイ。

なんて推測は見事に大外れ。

 

ヨーキーさんがフレブルに乗り上げた真の目的は…

 

(ピョーン!)

 

まさかの「ステップ」代わり。

フレブルを台にし柵を越えたかったのです。

 

1秒でも早くオーナーさんのそばへ行きたかったというわけですね…。

 

そんな一瞬の出来事に戸惑いを隠せないフレブル。

 

「……?」。

 

そりゃそうだ。

 

自分の上に乗られたと思ったら、なぜか一人おいてけぼり状態になったのですからね。

 

しかしフレブル可愛いかな。

この後、とっても可愛いオチを見せてくれたのでした。

 

愛すしかないだろ!

本来であれば、自分を台にされオーナーさんのそばに行かれちゃうのだなんて「ちょっと、ズルイよー!」なんて言いたくなるもの。

 

しかしフレブルはこんな表情を見せたのです。

 

「ママァ〜♡」

 

もはや何が起きたのか一切理解していないような、いや、そんな事はどうでも良いとでも言いたげなピュアすぎるお顔でニカッ。

 

なんだか相棒はどこかに行ってしまったけれど、目の前にいるオーナーさんに釘付けで「早く撫でて〜」なんて思っていそうな顔で、立っているだけなのです。

 

こんなに可愛い生き物がこの世にいることに感謝したくなるほどの純粋さには、ときめきとジワジワが同時に押し寄せて感情が忙しい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Frenchies(@frenchies.1)がシェアした投稿

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「バイバイ…?」パパが好き過ぎてこの言葉が大嫌い!聞いたら秒で鬼おこ、イヤだと荒ぶるフレブルが超ピュアだ!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧