2021年9月22日2,057 View

投げて貰った枝に夢中で、ドボンした事に気づくのが遅すぎたフレブル。【動画】

今回は、フレブルの『夢中』がアクシデントを起こしてしまった光景をご紹介。彼らの集中力はすごいもの。一度夢中になればもう周りのことは目に入りません。そのことでこんな“ドボンアクシデント”が起きてしまったのでした…。

家族で噴水のある公園に…

主役フレブルは、家族と一緒に噴水のある素敵な公園にやってきました。

 

しかし、なんだか忙しないのです。

 

それもそのはず。

 

フレブルは、噴水の水に浮いている枝に夢中。

 

もはや飛び込みそうな勢いでガン見しているのです。

 

いや、本当に飛び込んでしまいそうなのですが…。

 

それだけはやめておこうね、頼むよ。

 

ママにヘルプ!

なんだか不安がよぎるも、やっぱり飛び込むことは躊躇したよう。

 

それよりももっと手軽に枝をゲットする方法を思いついたのです。

それは…

 

「ママ、お願い!」

 

なんて最高なアイデアなの。

 

そうそうママに頼めば濡れることもないし、すぐに枝をゲットできるね。

 

そしてママはフレブルのために水の中に手を伸ばし、枝をゲット。

 

間も無くゲットできる枝を前に、フレブルはすでに興奮状態。

 

よほど熱心な枝ラバーのようですね!

 

がしかし。

 

あと一歩でゲット…というところで『まさか』の展開に…。

 

もう、誰にどんな感情を抱けば…?

そのまさかの展開がこちら。

 

なんとママは、手にした枝を再び水の中に投げたのです。

 

(ポイッ)

 

この後のことなんて、そこまで深く考えて居なかったのでしょう。

 

いえ、想像はできたかもしれないけれど、本当にそんなふうになるのだなんて思わなかったのかも。

 

もちろんのこと、フレブルは枝を追いかけました。

という事で…

 

(!?)

 

なんとも美しく落下…。

 

しかも、もしかしたらまだ歩いているつもりかも。

そんなふうに思えるほど綺麗に足が伸びています。

 

しかし時すでに遅し。

 

(ドッボン)

 

枝しか見ていなかったフレブルは、しっかり水の中に落ちてしまいました。

 

はぁ、たまには期待を裏切ってくださいよ…!

 

「やられた感」がジワジワ

しっかりドボンしたフレブルはどうしたかというと。

 

とりあえずフチに前足を乗せて立っています。

まるで…

 

「ママ、ひどいよ」。

 

なんて文句を言っているような雰囲気で。

 

見た目にはジャンプすれば自力で脱出できそうな高さであるのに、フレブルはそのままの姿で…

 

「早く助けてよね」。

 

なんて、拗ねているかのような雰囲気で救出を待っているのでした。

 

この一件に関して、いったい誰にどんな感情をぶつけたら良いのかわからない…。

 

けれど、フレブルがとにかくピュアな生き物であるということだけは間違いないでしょう…!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Henry The French Bulldog(@henrythefrenchieking)がシェアした投稿

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「見られたかな…」おドジをしちゃったフレブル。自分がやったことなのに怒って吠えた挙句、照れる【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧