2016年12月10日507 View

【レシピ】鱈のミルク煮〜胃炎予防、消化力・免疫力UPの効果あり〜

健康の基本は食事から。しあわせいっぱいの手作りレシピで、愛ブヒの健康をたもちませんか?

今回は「鱈のミルク煮」です。胃炎予防、消化力・免疫力UPの効果があります。

(提供:BUHI vol.6〜ライチくんちのしあわせ手作りごはんレシピ〜)

この記事のタイトルとURLをコピー

この記事はBUHI vol.6からの転載記事です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

  • BUHI vol.6

    BUHI vol.6

    特集:強くなる。愛ブヒのためのメディカルノート完全保存版。病気を知って飼い主ともども強くなる! 新連載:ライチくんちのしあわせ手作りごはん。家族の肖像。こんにちは!うちのコ自慢みんなの愛ブヒ勢揃い! ほか。

    出版社: オークラ出版 (2008/3/27)
    発売日: 2008/3/27

    販売サイトを見る

レシピ

寒〜い時期にぴったりな、鱈のミルク煮。レシピも簡単、栄養豊富なお野菜を刻んで鱈といっしょに煮込むだけ。豆乳をつかっているから、からだに優しくたんぱく質も豊富です。おいしく体を温めましょう!

材料(1ブヒ分)

レシピ

 

鱈 … 切り身2切れ

舞茸…一塊ほど

赤ピーマン… 1/8個

パプリカ(黄)…1/8個

いんげん…3本

豆乳…100cc

春キャベツ…2枚

 

作り方

1、舞茸・赤ピーマン・パプリカ・いんげんは細かく刻みます。(細かく切って大さじ2杯になるくらい)

レシピ

 

2、豆乳100ccに水50ccを加え火にかけ刻んだ野菜を煮込みます。

 

3、沸騰したら一口大に切った鱈を加えてさらに煮込みます。 レシピ

 

4、千切りにした春キャベツを敷き3を盛り付ければできあがりです。

レシピ 

一口メモ

レシピ

(Model:ライチ)

キャベツにはビタミンUが含まれ胃壁表面の粘液を増やす・肝機能のアップが期待できます。春キャベツは柔らかいので是非生で!赤身や青魚と比べ白身魚が一番消化しやすいと言われます。鱈は脂も少なくオススメです。鱈の骨は丁寧に取ってください。豆乳には腸内の善玉菌を助ける働きがあります。腸内の老廃物を排出しますので、腸の老化防止にも役立ちます。

 

今回は、フレブル専門誌『BUHI vol.6〜ライチくんちのしあわせ手作りごはんレシピ〜』からご紹介しました。もっといろんなレシピを知りたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

紹介されたアイテム

  • BUHI vol.6

    BUHI vol.6

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA
    • amazon

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事