2022年4月8日2,648 View

飼い主の服で遊んでいる間にイモムシ化。それでも決して動じぬフレブルさん…いや動じて【動画】

今回は、「全く君たちは…」と言いたくなるような、オリジナリティ溢れるクセでオーナーさんを翻弄させた光景をご紹介。いいんです、それが君たちの性格であり可愛いところなのだから。しかし、ツッコミの量が増えて大変だわもう!

イモムシ状態になるも、動じない。

早速ですが、オーナーさんのズボンが勝手に動いています…ってもちろん中に誰かが入っているのですが。

 

それが今回の主役フレブルさんです。

 

スリムなダックスや小さなチワワなら、もしかしたらトンネルのようにくぐり抜けられたのかも。

 

でも決して小さいとは言えないフレブルが入り込むと…。

 

「……」。

 

完全にパンパンのパツパツ。

 

入ったはいいけれど、出られなくなっているようです。

 

どうやらイタズラ中に起きた事件のようですが、もがいている姿はどう見てもイモムシ。

 

モゾモゾくねくねしながら、どうにか顔だけを出せている状態なのです。

 

しかし、そんなイモムシ状態でも慌てず動じないのがフレブル。

 

結局最後は、見かねたオーナーさんが救出したようですが、それでも大変だったとか。

 

きっと、ご自慢の怪力パワーでどうにか裾から出ようと頑張ったのでしょうね。

 

って、そもそもそんな状態になるまで頑張らないで!




 

ムギューとお尻でつぶされる事案。

さて、お次の主役フレブルは今、舌チロしてお昼寝モード。

目はまどろみ、もう今にも寝落ちしそう。

 

すると隣へ誰かがやってきました。

 

ヌ〜ッと現れたのは、相棒のブルドッグさん。

 

くつろいでいたフレブルは、思わぬ客人に戸惑っているみたいで…。

 

「……」。

 

「先に自分が寝ていたのに…」とでも言いたげにブルドッグさんをガン見。

 

しかしブルドッグさんは相手におかまいなし。

 

寝ていた場所に割り込み、「ちょいと失礼」とばかりになんとお尻でフレブルを押しやったのです。

 

(グイグイ…)

 

いや、おしりで追いやることも気になりますが、そのままおしり攻撃を受け入れるフレブルさんもまたツッコミ不可避。

 

「あぁもう…」という顔をしながらも耐えているのでした。

 

その反応の遅さはやっぱりフレブルらしいものですが、さすがにおしり攻撃には耐えられなかったよう。

 

「んもう!」とばかりにサッと引いたのでした。

 

フレブルはツッコミどころしかない生き物ですが、親戚であるブルドッグさんもやっぱり、なかなか強いクセをお持ちのよう。

 

オーナーさんはきっと、必然的にツッコミレベルが高くなってしまっていることでしょう。




 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

めっちゃ狭い隙間にドッグフードの粒を見つけたフレブル。ぺちゃんこになりつつ無事ペロリ…って執念がすごい【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧