2017年7月18日1,568 View

「オバタリアン」なフレンチブルドッグ〜昭和の流行語、復活〜

以前French Bulldog Lifeでは、おじさんのようなフレンチブルドッグをご紹介しました。彼らはよく「おじさんみたいだね」と言われますが、どうやら『おばさん』みたいなフレンチブルドッグもたくさんいるようなのです。

すっかり“し語”になってしまった、オバタリアンという表現。

フレブルたちによって、その言葉を蘇らせてみようではありませんか。

この記事のタイトルとURLをコピー

平成生まれの君へ。「オバタリアン」とは

フレンチブルドッグおばさん

beeboys/shutterstock

「オバタリアン」て何のことかさっぱり…という平成生まれの方々のために、いちおう説明しておきましょう。

 

オバタリアンとは、おばさん特有の図々しさ、羞恥心のなさを持つ中年女性のこと。

 

1989年に流行した言葉であり、当時は流行語大賞「金賞」も受賞しました。

 

オバタリアンなフレンチブルドッグ[7連発]

それではさっそく、オバタリアンのようなフレンチブルドッグをご紹介しましょう。

 

ちょっとだけ図々しい感じにも、注目です。

 

「お風呂あがりのシャンパンは、私が一番にいただくのよ」

 

「あらちょっと、何見ているの?警察に通報するわよ」

(すぐ誰かに言おうとするの、やめてほしいな…)

 

 

「今日も一番風呂をいただいちゃったわ。ちょっと、その化粧水高いんだから使わないでちょうだいね」

(お気に入りは、ぜったいに使わせてくれないんだね…)

 

 

「コテを使えばいいじゃないかって?あんた、これの仕上がりの良さを知らないのね」

 

@_zoethefrenchie_がシェアした投稿 -

(愛用品に、とことんこだわる…)

 

 

「明日は息子の参観日なのよ。ちょっとくらいオシャレしたって、いいじゃないの」

(そのオシャレ、息子にとって正義ですか…?)

 

 

「ホットドリンクだと思った?残念、中身はキンキンに冷えたビールよ」

 

Bluenjyさん(@bluenjy)がシェアした投稿 -

(体が冷えるとか、小さなことは気にしないですよね…)

 

 

「あらやだ、最近ちょっとだけ太ったかしら。ほんのちょっとだけよ」

(そ、そうですか…?ぜんぜん気づかなかったですけど…)

 

 

おじさんと表現されがちなフレンチブルドッグですが、こうしてみるとおばさんみたいな子もたくさんいますよね。今回は、中でも堂々としている「オバタリアン」なフレンチブルドッグたちをお届けしました。

子どもの参観日には網タイツを履かない方がいい、たまにはこだわりを捨てて自由に生きてみよう。なんだか、ちょっとだけ人生の教訓を学んだような気がします…。

 

おじさんのようなフレンチブルドッグは、こちらをご覧ください。

フレンチブルドッグという名の、おじさん【写真・動画】

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事