2024年3月25日4,273 View

【取材させて!】10歳以上の「レジェンドブヒ」を大募集!

フレブルライフでは、10歳を超えても元気なブヒを、憧れと敬意を込めて「レジェンドブヒ」と呼んでいます。

今回は、「ぜひうちの子を取材してほしい」というレジェンドたちを大募集!

アンケートに年齢やエピソードを添えていただき、編集部から取材連絡をさせていただきます。

10年前に比べ、フレンチブルドッグの平均寿命が格段に延びている昨今、あらためて元気・長寿の秘訣を教えてください。

さぁあつまれ、みんなの憧れ、レジェンドブヒたち!

【大募集!】10歳を超えるレジェンドブヒたちへ

フレブルライフの人気特集のひとつ『レジェンドブヒの肖像ー10歳を超えて』。

 

今まではSNSを中心にレジェンドブヒたちを探し、お声がけさせて頂いていました。

 

けれどもフレブルLIVEや様々なイベントを通して、もっともっとレジェンドブヒがいることを実感しています。

 

我々編集部も、ほとんどがフレブルオーナー。

 

ぜひみなさんの元気の秘訣、長寿のコツを聞かせてください!

 

レジェンドたちは「アンケート」からご応募ください!

2022年に取材させていただいた、どらみちゃん(当時15歳)

取材させていただくのは、10歳を超えるレジェンドブヒたち。

 

「12歳だけど、今まで一度も大病したことがありません!」

 

「手術を乗り越えて、14歳になりました!」

 

「10歳だけどパピーに間違えられるほど元気です!」

 

「16歳の誕生日を迎えました!」

 

などなど。エピソードを添えて、アンケートからご応募ください。

 

記入いただいたメールアドレスに、編集部からご連絡させていただきます!

★お伝え事項①

フレンチブルドッグの平均寿命が延び、たくさんのレジェンドブヒたちがいる現代。

 

ご応募いただいたすべての方を取材できるとは限りません…。

 

できる限り詳しいエピソードをご記入いただけると嬉しいです!

★お伝え事項②

取材は、直接編集部がうかがうか、オンラインかのどちらかになります。

 

※直接うかがう場合は編集部が撮影しますが、オンラインの場合はお写真をご提供いただきます

 

直接の取材かオンラインかの選択はできかねますので、どうかご了承くださいませ。

 

 

長寿の秘訣は、レジェンドに学べ!

2022年に取材させて頂いた、花ちゃん(当時16歳)

15年以上にわたり、たくさんのフレンチブルドッグと触れ合ってきた私たち。

 

そのなかで感じるのは、確実にフレンチブルドッグの寿命は延びているということ。

 

フレンチブルドッグに合ったフード、欠かせないサプリ、動物医療の発展。

 

さまざまな理由がありますが、長寿の秘訣はレジェンドブヒに学ぶのが一番だと思うのです。

2022年に取材させていただいた、もも太ちゃん(当時15歳半)

 

もちろんみんな個体差があって、どうしても神様のイジワルにぶち当たることもある。

 

全力を尽くしても、悔しい思いをした方々にもたくさん出会い、実際私たちも「オーナーとして」辛い経験をしてきました。

 

そんな時もレジェンドブヒたちのエピソードは元気をくれるし、今闘っている子たちの希望の糧になる。

 

そして、フレンチブルドッグを迎え始めたばかりの人や、今「フレブルライフ」を楽しんでいるご家族にとっては、他では得られない貴重な情報になると思うのです。

 

日本中のフレンチブルドッグを愛する人々のために、レジェンドブヒたちのお話しを聞かせてください!

 

 

\レジェンドブヒの取材応募はこちら/

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧