2018年3月8日6,658 View

世界一有名なフレブルの弟、ガンとの闘い

みなさんは、フレンチブルドッグのManny(マニー)をご存知でしょうか?世界で一番有名と言っても過言ではないほど大人気のフレンチブルドッグです。French Bulldog Lifeでも何度かご紹介してきました。

今回は、そんなMannyの大好きな弟Frankが主役。今、彼は大きな敵と戦っています。

この記事のタイトルとURLをコピー

不機嫌な#MondayFaceが大人気!ブルーフォーンのフレンチブルドッグFrank

Frankは、言わずと知れた大人気フレブルMannyの弟分。お兄ちゃんのMannyとは一緒に暮らしているわけではないようですが、Mannyのインスタグラムにも時々顔を出す人気者です。

 

こんなに仲良しなお昼寝姿も。

 

Frankの人気の秘密は、なんと言っても#MondayFace。つまり(月曜の朝のように)不機嫌な顔です。

 

彼のインスタグラムアカウント名「Frank the Funny Frenchie」のとおり、とってもFunnyな(面白い)一面も。

 

「コートなんて!嫌いだ〜!」

 

もちろん、キュートなお顔を見せてくれることだってあるんですよ。

「何食べてるの?」

 

ま、気をぬくとすぐこんな顔になっちゃうんですけど…

 

Mannyと並ぶ世界中で大人気のフレンチブルドッグですから、もちろんグッズだってたくさん出ています。

これはそのひとつ「I’m not single. I have a Frenchie.(わたしはシングルじゃないよ。フレブルがいるもん)」というTシャツ。

バレンタインデー前に、爆発的に売れたようです。納得。

 

フレブルFrankを突然襲った“ビッグC”と、家族の願い

不機嫌フェイスやキュートなお顔で家族のみならず世界中のファンをハッピーにするフレンチブルドッグFrank。2017年が終わろうとしていたある日、ファンたちにとってショックな事実が明かされました。

 

— 今年が終わる前にみんなにご報告しなくてはいけないことがあります。今回投稿するいくつかの写真から、ボクが“ビッグC”とたたかっていることがわかってもらえると思います。そう、ボクは憎きCancer(キャンサー=ガン)を患ってしまいました。

お母さんがボクの足に2つのコブを見つけて病院へ連れて行ってくれたんだけど、それは2つとも腫瘍だったんです。それから、ボクは2回手術を受けて腫瘍を取りました。化学療法も始めました。

足にはたくさんの包帯が巻いてあって、獣医さんたちはみんなボクの名前を覚えてくれました。ボクたち家族は、希望を捨てません。

I’m gonna fight like a Frenchie!(フレブルらしく、カッコよく戦うよ!)

 

そして、この投稿にはFrankの家族からのメッセージも。

 

— どうかみなさん、お願いです。あなたのペットにもし妙なコブがあったら、どんなコブでも、必ず獣医さんへ連れて行ってください。

それと、ペット用の保険には絶対加入しておいてください。あなたの大事なペットの命をいつか守ってくれるかもしれません。

 

フレブルFrankのその後、化学療法に通う毎日

年末の突然の「ガンが見つかった」という投稿。ファンたちは心から心配しました。投稿には、“絶対にあきらめないで!”“僕たちがついているよ”というコメントが並びました。

 

“わたしのフレブルもガンになって、長くて6ヶ月の命と言われたけれど、あれから2年経った今も元気だよ”というコメントも。世界中のFrankファンの想いはひとつ。“Frank、ガンに負けないで!”

 

それから、Frankは化学療法を受けるたびにわたしたちに元気な顔を見せてくれるようになりました。

「3回目の化学療法が終わったよ!」

 

「化学療法、4回目も終わり!ご褒美をもらっているところだよ」

 

「これは、6回目の化学療法が終わったところのボクだよ。あと2回、がんばるよ!」

 

 

有名フレンチブルドッグFrankにガンが発覚してから、化学療法に通う日々をご紹介しました。言うまでもなく、ガンはとっても怖い病気です。大切なのは、あきらめない心と家族みんなで闘うこと。Frank、“ビッグC”をやっつけろ!そう、Frenchieらしくカッコよく!

 

世界一有名なフレンチブルドッグ「マニー」と弟については、こちらの記事もご覧くださいね。

これを知っていれば真のフレブル通!?アメリカの「超」有名フレンチブルドッグ 〜マニー&フランク、オスカー、エンゾー〜

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧