2018年5月17日2,297 View

フレブルオーナーが作る犬グッズ「INUNO HUTTE」がアツイ!

以前、French Bulldog Lifeでもご紹介したゲストハウス「TOKYO HUTTE」。看板犬がフレンチブルドッグということもあり、1Fのカフェはフレブルオーナーにも大人気!

今回は、TOKYO HUTTEが立ち上げた犬のブランド「INUNO HUTTE」をご紹介します!

この記事のタイトルとURLをコピー

いぬのグッズ by INUNO HUTTE

・ウエア

コート、セーターからレインウエアまでを取り扱えています。

レインウエアは、「カサカサ」というウエア特有の音を嫌がる子のことを考えて、なるべく音がしない生地で作られています。そんな細かなこだわりからも、犬への想いが伝わりますね。

 

・ドッグボウル

ボウルの内側に返しがあったり、重みもあったりと犬が食べやすくこぼれにくい設計で作られています。

手作りなので、フレブルのデザイン部分を愛犬の模様にアレンジすることも可能だそう。

愛ブヒ専用の、オンリーワンなボウルを作ってみてはいかがですか?

 

・トラベルマット

浴衣素材で作られているトラベルマット。

 

こちらも1枚ずつ手作りされているとか。マットの裏地には撥水加工がなされているのも嬉しいポイント!持ち歩く時は、クルッと巻いてコンパクトに。

 

ひとのグッズ by INUNO HUTTE

・アクセサリー

髪飾りやブローチなど、オーナー向けのアクセサリーも取り扱えています。こちらも1つずつ手作り!

さりげないフレブル感なので、オトナの女性にもぴったり。

 

・食器

人気商品のため、再入荷された食器シリーズ。

ありそうでなかった、フレブルの形をした個性的な形のお皿やシンプルなフレブルデザインのお皿を取り扱っています。こちらも手作りなので、愛犬の模様にアレンジしてもらうことも可能!

 

商品は、ギフトラッピングも対応しているようなのでフレブルラバーのお友達へのギフトにも良さそう!

なお、火・金・日曜の午後にはTOKYO HUTTEのお店でお洋服の試着が出来るそうなので、お近くの方はぜひ足を運んでみては?

 

その他商品に関する詳細や注文のお問い合わせは「︎INUNO HUTTE」のサイトをご覧ください。

◼︎INUNO HUTTE

 

TOKYO HUTTEのご紹介

ここで、改めてTOKYO HUTTEのご紹介を。

 

ゲストハウス・カフェ・コワーキングスペースがひとつになったTOKYO HUTTEは「東京スカイツリー」のふもとにあります。

「こんにちは、タイガーブリンドルの“とらみ”です」

 

入り口はこのような感じ。1F部分は、カフェとコワーキングスペースとなっており常連のフレブルたちもちょくちょく集まっているようです。

 

店内には植物も多く置かれて、ボタニカルな雰囲気です。

 

高い天井の、解放感のある店内で美味しいコーヒーをいただきつつ、お席でゆっくり「INUNO HUTTE」の商品を試着できます。

 

フレンチブルドッグにとって、試着できるのは本当に嬉しいこと。さらに、こんなにオシャレな席で試着できるなんて…贅沢極まりなしですね。

 

カフェメニューは、トーストを使ったメニューをメインに取り揃え。デザートトーストもありますよ。

 

チーズとハチミツのトースト。甘さとしょっぱさが絶妙な美味しさです♡

 

おしゃれな空間にゆったりしたお席。居心地の良さから、つい長居したくなってしまいそうです。

 

目の前の川や、スカイツリーを眺められるテラス席もあります。テラス席を見守る大きな亀の置物。

 

雑誌『BUHI』でもおなじみ、French Bulldog LifeのLINEスタンプも担当してくれたイラストレーター「Kiyoc」さん作、看板犬「こ豆」のイラストも置かれています。

 

通称「ヒュッテラン」にて。(店内の通り道です。)

 

INUNO HUTTEのグッズを見るも良し、ただただリラックスするも良し!愛ブヒとのデートにはもってこいの場所です!

 

TOKYO HYUTTEについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

【取材・看板犬】海外のお客さんからも大人気、ゲストハウスの看板犬〜ブリンドルのこ豆〜

 

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧