2016年12月10日2,546 View

アメリカ人に聞きました「フレンチブルドッグってどんなイメージ?」 〜“What do you think about French Bulldogs?”〜

ブサカワ!人間みたい!おもしろい!日本でのフレブルのイメージといったらこんなところでしょうか。キャラクターになったりテレビコマーシャルに登場したり、だんだんメジャーになってきた我らがフレンチブルドッグですが、まだまだ「ちょっと怖いかも」とも思われていたりしますよね…。あぁ、こんなに人懐っこいのに…!では、海を越えて他の国ではフレブルってどう思われているんでしょう?
今回はアメリカでのフレンチブルドッグのイメージを、生の声も交えながら徹底解剖してみたいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピー

もでる

Model:hamchanmama(Instagram)

フレンチブルドッグって・・・funny!

まず真っ先に思いつくフレブルのイメージといえばfunny(面白い)!プニプニでちんちくりんのフレブルたちが登場するおもしろビデオはFacebookなどのSNSで拡散されまくり。アメリカ人のLOL(lough out loud=大笑い)をとっています。

 

注:パンダの着ぐるみを着ていますがフレブルです。

 

普通の(?)こんな行動だってfunny!

 

funnyなフレブル動画を集めたビデオもたくさんあります。

『Funny And Cute French Bulldog Compilation 2016』(面白くて可愛いフレンチブルドッグ大集合2016)

顔も行動も面白いフレンチブルドッグたちは、アメリカではフレブルに触ったことがない人たちの中でも笑える対象みたいです。日本だと中型犬扱いをされることが多く、ちょっと大きめの怖い顔をした犬のイメージですが、アメリカだと小型犬に分類される変な顔の小さい犬(褒めてます)というイメージなのが大きいのかも。

 

Funnyといえばこんなフレブル画像も見つけました。・・・確かに似てる?!

『グレムリン・・・濡らしちゃダメだよ!』

 

フレンチブルドッグの顔って・・・comical!

Funnyの次にアメリカ人にとって印象的なフレブルのイメージといえば、comical face(コミカルな顔)!

 

目を見開いてみたり、

顔全体で不満を表現してみたり、

そうそう、この「なんとも言えない表情」も、アメリカ人のツボみたいです。

ママにキスされてこのドヤ顔!

 

そのコミカルな顔がゆえに、どアップで写真を撮られることも多いフレブルたち。アメリカでは、フレブルとセルフィーを撮るブヒママが多いんですが…

どうも、アメリカのフレブルのお母さんたちは、

セクシー美女が多い気がします。

(そしてやっぱりこのドヤ顔)

 

フレンチブルドッグといえば・・・yoga!

Funny、comicalと日本とあまり変わらないイメージが続きましたが、このイメージはどうでしょう?

こっちで伸び伸び〜

こっちでも伸び伸び〜

 

EDGAR さん(@edgarbarner)が投稿した写真 -

おおー、この伸びっぷりは師範クラスですね。

 

そう、フレンチブルドッグといえば、3つ目のイメージは、yoga(ヨガ)です!

 

Prince Louieさん(@louiedufner)が投稿した写真 -

 

ちょっ、待ってください待ってください!ふざけているわけじゃないんです!

もしかしたら、そのイメージのはじまりは誰かのおふざけ画像だったのかもしれませんが、ほら!

今、アメリカでは、フレブルとヨガをする画像をあげる人が・・・

 

@bonadragが投稿した写真 -

ヨ、ヨガをする画像をあげる人が増えているんです!

 

evaさん(@evalinphotography)が投稿した写真 -

 

うーん・・・あんまり説得力のあるヨガブヒが見つかりませんでしたが、実際にフレブルデザインのこんなイラストがTシャツやタンクトップになったりしているんです。

 

Jaxさん(@mrjaxthefrenchie)が投稿した写真 -

(inhale=吸って、exhale=吐いて)

体が柔らかいフレブルを見てどこかの誰かが「ヨガだ!」と言いだしたのがはじまりなんでしょうか・・・。

 

フレブルとヨガ中。

誰がなんと言おうとフレブルもヨガ中。

 

フレンチブルドッグって・・・lovable!

突然ですが、ここでAKC(アメリカケネルクラブ)のフレンチブルドッグの項目、「気性」を見てみましょう。

AKC

出典:AKC “meet the French Bulldog” http://www.akc.org/dog-breeds/french-bulldog/detail/

 

この最初の文がアメリカでフレブルたちがどう思われているかを教えてくれました。

 

「飼い主に危険を知らせることにも長けているが、彼らの主な役割はlap warmer(膝の上を暖める係り)だ」

 

つまりブランケットのように飼い主の足元を暖めてくれるのがフレブルだ、と。アメリカケネルクラブさん、わかってらっしゃる!そう、最後になりましたが一番大事な我らがフレブルのイメージinアメリカ・・・それは、lovable(愛すべき、愛らしい)!

今アメリカでその人気をぐんぐん急上昇させているというフレンチブルドッグ。そのわけは、面白いという理由だけではないんです。アメリカ人はいち早く気づいているみたいです、我らがフレブルたちが家族への愛に溢れているということ。

 

長男は二本足、次男は4本足。

「だいじょうぶ、ふたりはわたしがまもる!」

 

Lexiさん(@lexithefrenchie_)が投稿した写真 -

我が家の大事なひとり息子。

ふたりはいつまでもパートナー。

 

Tiffani Greenさん(@ukeffit)が投稿した写真 -

「どこに行くにも、一緒だよ」

 

Olive Loafさん(@olivefrenchie)が投稿した写真 -

 

いかがでしたか?Funny、comical、yoga、lovable・・・アメリカ人にとってのフレンチブルドッグのイメージをご覧いただきました。確かに面白い行動をよくするし、へんてこな顔も見ていて飽きないし、ヨガをする姿(?)も毎日見ますよね。そしてまさに今、筆者のわたしの膝の上では我が家のフレブルがちょっと重いブランケット代わりをしてくれています。アメリカでのフレブルイメージの正確さ、あなどれません…!

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事