2018年12月19日3,124 View

いつだって距離感を間違えちゃうのがフレブルなのよ!

フレブルって、はっきり言えば「空気・読めない」のではなく「空気・読まない」意味のKYなワンコでありますが、それは人間に対してだけではなく、他の犬種のワンコや生き物に対しても同じ対応をしますよね。そんな部分が時に煙たがられてしまうこともあるちょっぴりかわいそうなワンコなのですが、そこが彼らの個性なので仕方がない!ということで、「空気・読まない」状況で相手との距離感を誤ってしまったフレブルたちをご紹介します!

この記事のタイトルとURLをコピー

距離感を誤ってしまったフレブルたち

「ねぇ遊ぼうよ〜」

遊びたいのか、ぽふっと同居犬に手をかけようとしているフレブル。しかし、サムネイルの時点でおわかりのように今はとてもそんな気分ではない様子の同居犬。それでも遊びたい気持ちが勝り、しつこく誘ってしまいます。そして案の定怒られるという。これが通常運転なフレブル。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dash & Boltさん(@dashandbolt)がシェアした投稿 -

 

同じお宅の別の日。

やっぱり空気読んでいないね…

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Dash & Boltさん(@dashandbolt)がシェアした投稿 -

 

「仲良くしてよー」「ヤダー!」

突進型のフレブルは、その勢いから穏やかなワンコにはしばしば驚かれてしまうことも。このポストもミニチュアダックスのお友達から悲痛な叫び声が心に届けられました…もう少しだけ落ち着いて話しかけたら遊んでもらえるかもしれないのに。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BUTCHさん(@akire1127)がシェアした投稿 -

 

「こんにちは!親戚のかた!」「近いよー!」

ということで、ブルドーザーのごとくノンストップブレーキで挨拶をするフレブルは、親戚であるパグにも突進。のち、後ずさりをさせてしまいました。親戚同士、仲良くしてほしいものですが…

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BUTCHさん(@akire1127)がシェアした投稿 -

 

とは言いつつも、我々からしたら相手の空気感に気づいていないところが可愛かったりするのですけれどね。

続いて、フレブルからの愛が溢れすぎたポストをご覧ください!

 

フレブルからの大好きが溢れ出すぎ!

「ねぇすきだよー!」

同じ鼻ぺちゃであるシーズーに大大接近中。はい近すぎ。こんなに近くで見つめられたらそりゃシーズーも固まって動けなくなるよ…。でも好きなんだよね。遊びたいんだよね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

きゃんたろ。とらじろ。と時々さぶ。さん(@can_tora)がシェアした投稿 -

 

「すきだよー、そんなに怒らないでよー」

こちらも大接近しつつ、柴犬のお顔をペロペロしながら愛を伝えているフレブル。耳ペタしながら精一杯優しい表情で舐めているのですが、柴犬に愛は伝わらずガウガウと噛まれています。そんな柴犬をなだめるかのように、前足でトントンしていますが、残念ながら失恋の巻、でしょうか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

HARUCOさん(@haruco_1203)がシェアした投稿 -

 

とは言いつつ、もちろん例外もいます♡

こちらは、フレブルと同居犬のチワワが一緒に仲良くバスタイムしている様子。フレブルがまるで巨大犬に見えてくるほど小さなチワワと一緒に、でこぼこコンビで仲良く過ごしています。犬種を超えて仲良くしている風景は、どんなシーンもカワイイですよね♡

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tokoma &Ginji🐶❤️JAPANさん(@tokoma1109)がシェアした投稿 -

 

「そんなに怒らないで…」猫たちの宿敵と化したフレブル

ご飯を間近でガン見

犬と猫。近いようで遠いその関係性を表すポストを2つご紹介します。

これは確実に「少しください。」のヤツですが、確実に怒られるヤツでもあり。しかしさすがのフレブルも、猫が怒った時は必殺技である「猫パンチ」をするということはわかっているようで、手を出したら怒られることをわかりつつ我慢をしているよう。その気持ちだけが溢れてしまい、こんなに距離が近くなってしまったのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぺーこさん(@rulisuka_pe_e_co)がシェアした投稿 -

 

パンチまで3、2、1だニャー!

まさかのキャットタワー上で繰り広げられるこちらのファイト。そりゃ猫的にはこの場所に居れば安心…のはずが、やっぱり距離感を誤ってこの場で遊びに誘ったのでしょう。しっかりと怒られてしまいました。フレブルのこの困り顔よ。まさか怒るなんて思わなかったんだろうなぁ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

matsuoさん(@laxatone)がシェアした投稿 -

 

あぁ、やっぱりフレブルってマイペースで真っ直ぐな生き物だなぁ。と改めて振り返ることができましたね。どんな時も気持ちに忠実なのです、だから仕方がない!

そして、そんなところに魅了されてしまった我々フレブルラバー、これからもフレブルの「愛すべき距離感」を微笑ましく見届けていきましょう!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね!

友人?それとも敵?フレンチブルドッグと猫

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

特集

特集一覧