2019年9月22日6,583 View

「(ぷんぷん)」…へ?それ怒ってるの?もはや可愛さしかないフレブルのお怒りアピール。【動画】

フレブルは本当に、人間も感心してしまうほどに自分の気持ちをアピールする犬です。喜ぶにしても怒るにしてもとにかく「わかりやす〜」と思えるもの。しかし、こんな風にしょげているお怒りモードのフレブルを見たことありますか?

猫ちゃん……ではないです。

 

現在、ちょっとお怒りのブリンドルのフレブルさんです。オーナーさんは「うちの猫です。猫がいます」なんて言っていますが、いえいえ…もちろんフレブルです。

 

でも、こんなところに登っていると、確かに猫っぽい。フレブルは耳がぴんと上を向くから、余計に猫らしい。

 

しかし、この背中がいかにも「いま話しかけないで。怒っているの」という感じで、申し訳ないけれど微笑ましい…。

 

見つめ合う2頭。

 

そんな様子を心配したのか「どうしたの…?」と一緒に暮らすフォーンのフレブルがのぞきに来ました。

 

もしかして、このお怒りの原因でいらっしゃる方かもしれないのですが(笑)、詳しい事情はわかりません。

 

とりあえず様子を確認しに来たけれど…というところでしょう。しかし、もちろんお怒りフレブルの方は気に入らないようでムスッとしたままです。

 

怒らせてしまった(と思われる)フォーンのフレブルはその様子にドキドキしているのか、目が落ちそうなほどにクリクリになってしまいました。

 

ぴょんぴょんぴょ~ん!

ぐるるる…と喉を鳴らして、ワンっ! …なんて吠えるかな…と思ったところでまさかの「ぴょんぴょんぴょ~ん!」。

高らかに前足をあげてジャンプを繰り返します!

 

どうやらこれが独自のお怒り爆発表現のようです。

しかしながら、その様子はむしろ可愛いという何とも皮肉な状態に。

 

そうかそうか、きみは猫ちゃんじゃなくてウサギちゃんでしたか〜なんて言いつつ、「怒っているから近づかないで!」とせいいっぱいに威嚇していたのでしょう。

 

怒っているところ微笑ましいなんて言ってゴメン…なのですが、そんな可愛らしすぎる、お怒りの”うさぎブヒ”の様子をどうぞご覧ください!

 

背を向けて拗ねてみたり、ぴょんぴょん跳ねてみたりと表現はいろいろですが、「怒っているんだぞ」ということはその背中から、行為からしっかりと伝わってきましたね。

まさに「言葉はいらない」なんて言える様子でした。

 

この2頭は、後でちゃんと仲直りできたのかな?

…なんてそんなことはきっと心配無用、一緒にご飯を食べて、怒っていたこともすぐに忘れてしまったことでしょう。

ついでに、怒らせてしまったことも…(笑)。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】「まだ怒ってるかなぁ…?」フレブルが飼い主に叱られた後の行動が、まんま人間の子供すぎて笑えてくる。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧