2019年8月15日5,010 View

【動画】「まだ怒ってるかなぁ…?」フレブルが飼い主に叱られた後の行動が、まんま人間の子供すぎて笑えてくる。

フレブルと一緒に過ごしていると、まるで人間の子どものような行動をみせる場面が多いですよね。今回登場するクリームのフレブル五郎もまさにそんな1頭。動画は、悪さをしてオーナーさんに叱られた後の五郎を追うところから始まりますが、最後のオチも含めて、「子供か!」とつっこまざるを得ないような行動をする子供っぽい五郎の様子をどうぞご覧ください!

お母さんの様子をコッソリ伺う五郎

こちらは、悪いことをしてオーナーであるお母さんに叱られたあとの五郎です。遠巻きにお母さんの様子をうかがっているようですね。どんな風に謝ろうかと考えているところなのでしょうか。

このとき五郎は、まだ1歳にもなっていないようなので、人間でいうと小学生といったところでしょう。この姿はまさに小学生男子そのもの。

 

少しずつ移動し距離を縮めます

四つん這いになって、まるでほふく前進のようにジワリジワリとお母さんとの距離を縮めていく五郎。許してほしいのか、謝りたいのか、それともどれだけ怒っているのかを確かめたいのか…。でも、悪いことをした自覚はあるようなので、そんなときにはやはり自分からすすんで「ごめんなさい」をしないといけないよね。

 

横を通ってみたものの「まだ怒ってる…!?」

そんな風に、様子を伺いつつそろりそろりと距離を詰めていった五郎ですが、勇気を出して、スタスタと歩きながらお母さんの横を通過します! 左側にはお母さんの足が見えていますよね。これはかなり近い距離を攻めたようです。

 

しかし、お母さんは五郎をスルーします。それは、五郎のことが大好きだからこそ、ダメなことをしっかりと学ばせるべく心を鬼にしなくてはいけない場面だったということなのでしょう。

 

許してもらう前に、まさかの…!

五郎。しっかりと反省している姿を見せれば、そろそろお母さんも許してくれるのでは? なんてアドバイスなんかをしたくなってきたその時、事態は急変します。

なんと、許してもらえた……わけではなく、再度悪さをするという思いもよらない事態を引き起こしていたのでした。

そして、あえなくケージに収監されてしまった五郎。「おい! なんでやねん!」とつっこまずにはいられない展開をもって、この反省劇は幕を閉じるのでした…。

 

フレブルは本当に人間の子どものようで可愛らしい生き物ですが、怒られてもすぐに忘れて、また悪いことを繰り返す…ということはあるある。そう考えてもやっぱり、彼らは小学生男子のようなのです。

 

そんな、「もう〜〜」と言いたくなるような子供っぽい五郎の様子を、どうぞご覧ください!

 

これからも、五郎の成長を見守っていきたいところですが…成長して落ち着きを手に入れることはできたのでしょうか。でももし落ち着きすぎていたら、それはそれで少し寂しいかなあ…。なんて、オーナーさんには申し訳なく思いつつ、それほど五郎は子供っぽくて可愛らしいということなのでしょう!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】(ジトー)相手が子犬だろうが、欲しいものは欲しいアピールをする子供っぽいフレブルたち

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧