2019年9月5日3,116 View

【激ピュア】「コレ食べれるかな〜」フレブルの”お散歩あるある”を改めて振り返ってみた結果。

フレブルはお散歩好き。その時間は彼らの刺激、情報収集、ストレス発散など、とにかく大切な時間であることはいうまでもありません。そこで今回はそんなお散歩にまつわる彼らのあるあるを見ていきたいと思います。その結果…やっぱり彼らは愛らしく可愛い生き物だと改めて感じてしまったのです!

あるある1:お散歩嬉しい、満面のニコニコ!

まずはやっぱりコチラ。雲ひとつない青空とこぼれるような笑顔のフレブル・ビジュくん。オーナーさんとのお散歩が本当に嬉しいようで、はじけるような笑顔を見せてくれました。目を細めて顔いっぱいから嬉しさが溢れているようですね。

このように、お散歩中のフレブルはとにかく楽しそうな顔を見せてくれます。この笑顔を見るだけで「今日も楽しいね」とオーナー的にも嬉しくなるものです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

びじゅ🐾くんさん(@sayu_be)がシェアした投稿 -

 

あるある2:ママきてる? この道でいい?(チラチラ)

こちらのフレブルはマッシュくん。まだまだパピーのようですが、トコトコ歩いている最中にオーナーさんの方をチラチラ見上げていますね。これは「ママきてる? ここまっすぐでいい?」と確認なんかをしているのでしょう。

オーナーさんはマッシュくんが見上げるたびに「大丈夫だよ」とアイコンタクトで返しているのでしょうね。だから安心して先へ先へとトコトコ歩いて行きます。

信頼関係を結んだ犬とオーナーであればこのような仕草はよく見られるもの。しかしまだ小さなパピーであるのにこのような仕草をするのだなんて、マッシュくんエライね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mash🍟さん(@mash310310)がシェアした投稿 -

 

あるある3:興味津々がいっぱい

こちらは茶太郎くんと茶摘ちゃんのコンビ。仲良くお散歩をしていたら、何かを発見したようで2頭揃って同じ場所をジッと見つめているようです。まったく同じポーズで、頭の角度までいっしょなのがとっても可愛らしいですね。

ということで道草を食いながら興味津々、好奇心むき出しになる様子もよく見かける光景。お家の中にはない様々なものに触れることができて、好奇心が満たされ、とても楽しい時間となっているのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フレンチブル茶太郎&茶摘さん(@chataro_chatsumi)がシェアした投稿 -

 

犬たちは、外の世界ですれ違う人や、他の犬たちとの出会い、はじめて見るもの、はじめて聞く音など、たくさん触れ合うことで社会性を身につけていくもの。

天気が悪くてお散歩できない時もありますが、そんな時は、お家の中で一緒に遊んで、ストレスが溜まらないようにしてあげたいですね。

雨が降る様子を見ることが好きな子もいますから、一緒に窓辺から外の景色を眺めるだけでも刺激になるかもしれませんよ。

ということで、改めてフレブルのお散歩あるあるを振り返りましたが、結局どれも可愛らしく、フレブルはやっぱりとにかくピュアでカワイイのかたまりだ…ということがおわかりいただけたのではないでしょうか?

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルの「こまかな」あるある行動【たっぷり15選】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧