2019年6月5日4,400 View

【病院ヤダ】フレブルたちが頑張って「予防接種」を耐えたので褒めてあげたい!

ドッグオーナーの方であればご存じだと思いますが、狂犬病予防法に定められて、飼い犬には一年に一回必ず狂犬病予防接種を受けさせなければなりません。オーナーの義務としてあるこの予防接種ですが、そんなこととは全く知る由も無いのが当の犬たちです。今回は、彼らからしたら嬉しくはない「謎のチクッ」を我慢して耐え忍んだ、フレブルたちの様々な病院シーンをご紹介します。頑張った彼らをみんな褒めてあげましょう!

早くも「帰る」を決行。

4月から6月がこの「狂犬病予防接種」の推奨期間とあって、まさに今この時期は「チクッ」に奮闘しているフレブルが日本各地にたくさんいます。

 

こちらのフレブルは、ルーさんとサクラさん。動物病院に到着して真っ先におこなったこと、それは「帰ろう」のアピールでした。うんうん、気持ちはわかる…だからコッチも辛いところなのよ…なんて言いたくなりそうな光景ですよね。注射自体は一瞬で終わるから、頑張ってね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

saeさん(@saesae_0906)がシェアした投稿 -

 

ブヒそれぞれのキモチ…

もはやその不穏な空気を悟り、できればこの場からいますぐ立ち去りたい…と目で訴えかけるような、とても切ない表情を浮かべるクリームのふぅ太さん。

一方、これからピクニックにでもお出かけするかのように、お目々ランランでにっこりスマイルを浮かべるパイドのげん太さんのこのコンビ。

げん太さんは、ここが病院だということを忘れさせてくれるほどに、ベラ〜ンと舌をなびかせて、とってもイキイキとしているようですね。このように、多頭飼いしているお宅でもまるで違う反応を見せることもあります。見ている方からしたらそんな違いを可愛く思えたりもしますが、とりあえずは、ふぅ太さんを励ましてあげることが先でしょう…。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Junkoさん(@jh.924)がシェアした投稿 -

 

緊張感漂う…

微妙な空気を醸し出している手前のフレブル福丸さんと、ご近所に住んでいるという奥側のまめさん。お互いに眉間にシワを寄せて神妙な面持ちですね。

こちらのコンビはご近所さん同士とのことですが、会うと何故かいつも微妙な距離感があるのだそう。そんなこの日は久々に会えたとのことで、やはり絶妙に間合いを取りながら過ごしているようですが、病院での再会となったこの日はまるで同じ気持ちで過ごしていたことでしょう。その感情が全く同じ表情となって表れているようです。

でもこの日だけは、注射の後のその安心した気持ちから、普段よりも上手にコミュニケーションが取れたかもしれませんね。実際のところはどうだったのでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もっと長男福丸さん(@ora_fukumaru2)がシェアした投稿 -

 

みんな揃って、抗議のデモ!

まるでみんなで訴えるかのように、3頭寄り添って抗議している様子のフレブルたち。こんな姿を見せられてしまったらもう「ごめん…」という気持ちでいっぱいになってしまいそうですね。それぞれに不安な表情を浮かべ、見ていると切なくなってしまいます。しかし、お互いが健やかに生活するために欠かせないことなのよ…と言い聞かせて、オーナーさんも心を鬼にしたことでしょう。みんな、頑張ろうね!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kikumi Kusuneさん(@petittail)がシェアした投稿 -

 

「安静といわれましたから」

こちらのフレブルはラペさん。予防接種後は病院の先生に必ず言われる「今日はおとなしく、安静にしていてくださいね」の言葉を文字通りそのまま、そして自ら実行に移しているという状況だそうです。もう、なんというイイ子なのでしょうか。我慢して頑張ったねと褒めてあげつつ、優しく撫でてあげたくなってしまいますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

my name is Rapaix🐽らぺさん(@rapaix_french_bull)がシェアした投稿 -

 

何というすがすがしさ!

こちらのフレブルはこむぎさん。まさに病院で予防接種を受けた後の車の中の様子だそうです。その表情は曇りのないすがすがしさで溢れています。病院での不安から解放され、自然とスッキリとした笑顔が出てしまったのでしょう。

しかし、そのすがすがしさを感じる分彼女は我慢していたということ。これぞ「頑張ったね〜!」とワシャワシャ撫でてあげたくなります…が、当日は安静に…ですから、優しく言葉で褒めてあげましょう!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

_komugi_1027_さん(@_komugi_1027_)がシェアした投稿 -

 

フレブルたちの、それぞれの予防接種風景をお届けしました。

動物病院は、その場所での記憶が蓄積されて、行けば行くほど苦手になる子が多いもの。たとえ痛いことをしない日であっても、そのことがわからない彼らは震えが止まらなくなることだってあります。そんな時、オーナーさんは病院のスタッフさんと相談して、車の中で待機する、電話での知らせをお願いするなど、苦手な場所での苦手な時間を少しでも減らしてあげられるように工夫をしてあげてくださいね。

 

今日もどこかで頑張っているフレブルたち。

\みんなみんな頑張れ〜!/

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

すきorきらい?フレブルたちの病院通いに、オーナーも四苦八苦

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧