2019年7月6日11,600 View

【インタビュー】ロッチ中岡〜そのフレブル愛、ガチ中のガチ。隠れブヒラバーが語る、細かすぎる魅力とは〜【後編】

知る人ぞ知る大のフレブルラバー、ロッチ中岡さんのインタビュー後編をお届けします。前編では、フレンチブルドッグにハマったキッカケや、中岡さんが好きなフレブルとその魅力について、細かいところまでガッツリと語っていただき、そのガチっぷりに驚かされましたが……後編では、さらに驚きのエピソードが飛び出しました!

ロッチ中岡

憧れの “フレブルライフ”は、当分ムリ?

いざ取材してみると、編集部が思ってたよりだいぶフレブル愛が大きかった中岡さん。7〜8年間、ずっと見てるだけではそろそろガマンの限界では……!?

 

――飼われる予定はないんですか?

 

中岡さん(以下敬称略):もちろん飼いたいです! でも僕、仕事で海外出ることが多いので。飼うならやっぱり、ちゃんと面倒をみたいんですよね。だから、現状ではムリだと思っていて…。

 

後輩と一緒に住んで、後輩に面倒を見てもらおうかなと思ったこともあるんですけど、後輩のことを主人と思われたらイヤやし(笑)。

 

――昨今のペットブームで、“可愛い”という理由だけで安易に飼ってしまう人も多い中、しっかり犬のことを考えてらっしゃるんですね。

ロッチ中岡

 

中岡:いやいや、飼うならきちんと飼いたいんで。でももし飼える状況になったときのために、教えていただきたいんですけど、みなさんどこで、どういう基準で買わはるんですか? 

 

ペットショップで買わはるのか、ブリーダーさんで買わはるのか…。信頼できる人に、「ここのブリーダーさんがいいよ」みたいな感じで教えてもらうみたいな感じがいいんでしょうか?

 

――(現場にいた編集部2人の意見として)いろんな理由から、ペットショップで買うよりブリーダーさんから迎えるのがいいと思います。ブリーダーさんを調べたりはされてないんですか?

 

中岡:してます(即答)。しょっちゅうブリーダーさんのアカウントを「あー、新しい子が生まれたんや〜」とか思いながら見てます〜(笑)。

ロッチ中岡

――もし飼ったら、こんなことしてみたいということはありますか?

 

中岡:みなさん、旅行に行ってはるじゃないですか。僕も旅行に行きたいんですよね。

 

――どこに行きましょ?

 

中岡:『ウブドの森』ですかね。みなさんがよく行ってはるやつ(笑)。

 

――愛犬と泊まれるホテルまで頭に入っているとは(笑)。イメトレばっちりじゃないですか!

イメトレだけじゃない! フレブルを迎える準備もバッチリ 

 

中岡:途中でやめちゃったんですけど、実は僕、ドッグトレーナーの学校も通ってたんですよ。飼う前に、犬のことをちゃんと勉強しようと思って。トレーナーの資格を取る、取らないというよりも、犬のことをしっかり理解した上で飼いたいなって思ったんです。

 

そのとき仕事がいまみたいに海外ロケもなく、時間があったので行けたんですよね。そのうち『世界の果てまでイッテQ!』のお仕事が入ってきて、忙しくなって行けなくなっちゃったんですけど、半年くらいは通ってました。

ロッチ中岡

――“可愛い”だけで軽く犬を飼ってしまう人が多い中、本当に素晴らしいと思います。お仕事の状況が変われば、いつでも犬を迎えられますね。その“いつか”に備えて、名前を考えたりしてますか?

 

中岡:名前って重要ですよね〜(しみじみ)。インスタグラムを見てても、名前がへんてこりんな子のほうが、おもしろおかしく見えてくるんですよね。とぼけた感じに見えてきて、イビキをかいててもなにしてても、おもろい(笑)。

ロッチ中岡

 

中岡:そうそう、関根(勤)さんの犬(ゴールデンレトリバー)の名前が、笑えるんですよ〜。腐鮪鯖男(くされまぐろさばお)っていうんです。

 

きっとふだんは「サバくん」とか「サバちゃん」とか呼んでらっしゃるんでしょうねぇ(笑)。だから、僕も和風なのがいいかもしれないですね。

中岡:それで、もし事務所にOKをもらえたら、自分のフレブルと一緒の様子をYouTubeやインスタグラムにあげたくて。みなさんがやってらっしゃるのを見て、楽しそうやなーって思ってるので。

 

YouTubeは、ヒロシさんのキャンプ動画みたいに、ずっとただただ、一緒の生活を流してるみたいな感じのやつをやりたいですね。

フレブルを飼うのにひとつだけ不安あり!?

ロッチ中岡

――もしフレブルを飼うとしたら、“ここが不安”という点などはありますか?

 

中岡:犬に詳しい人に会うたび、「フレブルちゃんを飼いたいんですけど」って言うんですけど、「バカだよ〜」って言われるんですよね(笑)。通ってたドッグトレーナー学校の先生にも、「フレブルはバカだよ〜? かわいいけどねぇ」って。

 

でも今日、nicoちゃんを見てたらめちゃくちゃ賢いんで、大丈夫だなって思いました。飼い主さんの言うことをちゃんと聞くし、リードを離してもそばにいるし、まったく吠えないし。

 

――大型犬に比べたら、フレブルはたしかにもともとの知能は低いんですけど、ちゃんとしつければコマンドはすごく入りやすいと言われているので、本当にオーナーさん次第。オーナーさんの色がすごく現れる犬種だなって思いますね。

ロッチ中岡

 

中岡:そうなんですね。僕が実家で飼ってた雑種なんて、ワンワン吠えるわ、玄関開けたらダーって飛び出すわ、余裕で僕の手を噛みよるわ、たまらんくらいアホやったから(笑)。親がしつけが下手やったんすよ、犬に甘くって。

 

そういうのを見てて、僕も可愛いあまり、きちんとしつけができないんじゃないかなって不安もあったりして。

 

でも、こうして触れ合ってみると、やっぱりたまらんですね。いまは飼うのが難しいですけど、人生のどっかでは絶対飼うと思います。

 

数えきれないほどの「たまらんなぁ」が飛び出した、今回の取材。インタビュー中もnicoに視線を落としては目尻が下がりっぱなしで、フレブル愛がビシビシ伝わってきました。

 

また、 “飼い主の責任”をしっかり考えているその誠実さ、人間性の高さにも関心しきりです。いつか中岡さんに飼われる子は、間違いなく幸せですね。

 

ごはんをボロボロこぼしながら食べる愛ブヒを、「たまらんなぁ」と笑顔で見つめる中岡さんが目に浮かぶようです!

 

ロッチ 中岡創一(なかおかそういち)

ロッチ中岡

1977年12月8日、奈良県生まれ。コカドケンタロウとともに、2005年ロッチを結成。2015年の『キングオブコント』では3位の成績を残す。

 

[レギュラー]

日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』(日曜19:58〜20:54)

 

[LIVE]

ロッチほか、アンガールズ、ハライチ、サンシャイン池崎、ハナコ、四千頭身、Aマッソなどワタナベエンターテインメントの人気芸人が多数出演する年に一度の夏のスペシャルお笑いネタ祭り、『ワタナベお笑いネタ祭り2019 ~WEL FES~』が、東京・イイノホールにて8月4日に開催。くわしくは公式サイトにて。

 

[ブログ・SNS]

オフィシャルブログ 『こんなブログでスイマセン

インスタグラム @lottinakaoka

Twitter  @lottiso1

 

photo:Hiroaki Otake(インスタグラム@otakehiroaki

model dog:nico(インスタグラム@yanagi_nico

 

前編も合わせてチェックしてみてくださいね。

【インタビュー】ロッチ中岡〜そのフレブル愛、ガチ中のガチ。隠れブヒラバーが語る、細かすぎる魅力とは〜【前編】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧