2019年9月15日22,122 View

ただひたすらに優しい光景。フレブルパピーと大きな代理パパ犬のふれあいが穏やかすぎてホロリ…

いかつい体に強面、見るからに怖そうな犬が、小さな子犬に優しく寄り添っていたら…それはもう考えただけで穏やかな絵が浮かびますよね。今回はそんな素敵な関係の動画をご紹介。主役はフレブルパピーと、大型犬のドーグドボルドー。さあ、たっぷりと癒やされてください!

代理パパは、まるでマフィアのドン!?

 

あっ危ない! 大きなドーグドボルドーの目の前に小さなフレブルパピーが! …でもご安心ください。2頭の間に流れる空気は、あくまでも穏やかです。

 

実は、この大きなドーグドボルドーは、すでにこの家に住んでいるフレブルの先輩犬。そして、パピーの方は生後4週間の赤ちゃんで、新しい家族。

 

とはいえドーグドボルドーもまだ生後11ヶ月ですが、その落ち着きのある存在感は、もはや犬種の違う“パパ”といえそうな様子です。

 

そしてパピーは大きなドーグドボルドーに構ってもらおうと、小さな前足で、すでに貫禄のシワが入ったドーグドボルドーのお顔に触ります。

どんなに大きくても物怖じしないという、パピー期のやんちゃなところが見えますね。

 

パピーがすっぽり! 巨大なパパのアゴ肉

やんちゃなパピーに戸惑い気味のドーグドボルドーですが、何を思ったのかパピーを巨大でたぷんたぷんしたアゴ肉ですっぽりと覆ってしまいました。きっと、目の前でおどけるパピーがどんどん愛おしく感じてきたのでしょう。

 

でも…パピーはちょっと息苦しくないかな…? 少しだけ心配です。

 

しかし案の定、パピーは突然上からのしかかってきた大きなタプタプから逃れようと、後ろ足を踏ん張ってあとずさりします。

「よいしょ、よいしょ」と、まるで動物アニメのワンシーンを見ているようです。

 

やっと脱出できたパピーの様子を見てその小ささを理解したのか、今度は愛おしそうにそっと触れるドーグドボルドー。

でも、体温のある大きな体がパピーの心に安心感を与えたのか、お互いの距離がグンと縮まったようです。この優しいまなざしをご覧ください。とっても穏やかですね。

 

そんなパピーから思わずかわいいキスのプレゼント。このままポスターにでも使えそうな一瞬ですね。

 

居心地のいい場所見つけた!

お互いに体の匂いをかいだり、鼻先をくっつけたりとしばらくコミュニケーションが続いたあと、とってもキュートな場面が待っていました。

 

なんと、ドーグドボルドーが顔を少し上げた隙間にできた空間にパピーが入り込んで、ドーグドボルドーの前足にアゴをちょこんと乗せ、落ち着いたのです。

この可愛さ、もうたまらん! 

ちょうどいいフィット感に、パピーも居心地が良さそうです。

 

とにかく、終始愛に満ち溢れた2頭の心温まる様子をどうぞご覧ください!

きっと、心がほかほかしてしまうはずですよ。

 

さて、今回ご紹介したとっても小さな子犬と犬種の違うとっても大きなパパが織り成すハートフルな光景はいかがでしたか? もう、どこまでも優しくとろけそうな時間でしたよね。そして、最初は戸惑っていたドーグドボルドーが、最後はもうパピーが愛しくてたまらない、といった心の変化なんかも見ることができました。

 

優しく見守るドーグドボルドーパパの元で、フレブルパピーは愛を受けながら元気に育つことでしょう。

疲れたときや心が癒やされたいときは、この動画をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブル3頭と!?犬種を超えた「犬4頭」の暮らし

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧