2019年10月11日3,612 View

【追悼】Netflix『クィア・アイ』出演で人気のフレブル・ブルーリーが虹の橋へ。

映像配信サービス「Netflix」で放映されている、世界的な大人気番組『クィア・アイ』に出演していたフレブルのブルーリーが、虹の橋へ向かうという悲しい知らせが入りました。今回は、生前の彼に想いを馳せながら、愛らしい姿、そして出演者との軌跡をたどり、活躍を振り返っていきたいと思います。

Netflix番組「クィア・アイ」で大人気のブルーリー

世界的な大人気番組「クィア・アイ」に出演していたフレブルのブルーリーが、虹の橋へ向かいました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

「クィア・アイ」のプロデューサーも務めるオーナーのミッシェルが、ブルーリーが亡くなったことをインスタグラムに投稿。

 

ブルーリーは長年心臓病に苦しんでおり、最期はミッシェルの腕の中で亡くなったそうです。年齢は10歳でした。

 

ミッシェルは、『ブルーリーがやってきたのは、彼が生まれて9週間目。雨が降るニューヨークでした。そして10年の時が過ぎ、雨のロサンゼルスで彼は私の腕の中で亡くなりました』と記してします。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

「クィア・アイ」の出演者との思い出

ブルーリーが出演していた「クィア・アイ」とは、ファッションやインテリアなど、その道のプロフェッショナルの男性同性愛者5人組(ファブ・ファイブ)が、「自分を変えたい」男性たちを次々に変身させていくという、Netflixオリジナルシリーズです。

 

ブルーリーはファブ・ファイブとともに、アメリカのカンサスシティで撮影に参加し、シーズン3と、シーズン4に出演。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

そんな「クィア・アイ」のオフィシャルインスタグラムでも『ブルーリーはいつも現場を楽しくしてくれた』と思い出を語り、ブルーリーを追悼しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Queer Eyeさん(@queereye)がシェアした投稿 -

 

そして、ブルーリーのインスタグラムではファブ・ファイブのメンバーと撮影を楽しんでいる写真もいくつか投稿されています。

 

こちらは料理担当のアントニ。その横で、脇目も振らずごはんに夢中になるフレブルらしい姿が。

器の外に食べ散らかす様子が、愛らしいですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

こちらは、素敵なインテリアの中でファッション担当のタンに見つめられるブルーリー。

まるで、ブルーリーがタンの相談に乗ってあげているよう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

こちらは、カルチャー担当のカラモと戯れるブルーリー。

フレブルの最高の愛情表現でカラモの顔を襲撃し、そんなブルーリーからの愛を受け取ったカラモも最高の笑顔を見せてくれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

「クィア・アイ」のチーム、みんなに愛されたブルーリー。

このチームが作り上げた番組を、画面を通して楽しんだ世界中の人々が今、その別れを悲しみ、悼んでいるに違いありません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

最後は、愛するオーナーさんの腕の中で息を引き取ったブルーリー。

 

オーナーさんの温もりを感じながら、きっと、このように様々な楽しい記憶を携え、虹の橋を渡ったことでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bruleyさん(@bruley)がシェアした投稿 -

 

愛嬌のある姿で楽しませてくれたブルーリー。

たくさんのありがとうと、愛を込めて。

 

出典:CBS NEWS

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

さよなら、またね!〜虹の橋の向こうから〜

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧