2019年10月30日3,090 View

頑張ってお手との違いを理解し、新ワザ「あご」を習得したフレブル。その仕草が愛らしい♡【奮闘動画】

フレブルのざらめちゃんは、新しいワザをオーナーさんと練習中。その名も「アゴ」。ほう、それはいったいどんなものなのか、どれくらいで覚えられるのか…。ざらめちゃん奮闘の一部始終を、どうぞご覧ください!

「アゴ」練習はじめました。

フレブルのざらめちゃんは、オーナーさんと新しいワザを練習することに。

 

その名も「アゴ」。

 

オーナーさんが手を差し出し、その上にアゴを乗せるという簡単なワザですが、最初のうちはまだピンときていない様子。

 

ここからどれくらいでマスターできるようになるのでしょうか。

 

ついついお手を…「何が違うの!?」

オーナーさんから手を出されると、ついつい「お手」をしてしまうざらめちゃん。

 

これまでは「手を出される=お手」と覚えてきたので、この反応は当然ですよね。

 

ですが、オーナーさんが練習したいのは「アゴ」。

ざらめちゃんは「何!? 違うの!?」と少し混乱している様子です。

 

3日目。ついにピンときた様子!

そして、練習を続けて3日目。

 

ざらめちゃんは「おててはいらないのか」と学習できたようです!

オーナーさんが「アゴ!」というと…

 

ご覧の通り「アゴ」ができるようになりました!

 

何度もこなすうちに、ピンとくるときがある。

これは、人間の勉強と共通点がありますね!

 

なんとなく「アゴ」の要領をつかめたざらめちゃん。

 

この調子で、本マスターできるかな!?

 

4日目。完全にマスター!

そして迎えた4日目。

オーナーさんが根気よく教えてた甲斐もあり、ついにざらめちゃんは「アゴ」をマスター!

 

右手におやつがチラついているから…というのはきっと関係がないはず。

そうだよね? ざらめちゃん!

 

5日目。もう余裕だよ~!

ざらめちゃん、5日目は完全に「アゴ」をマスターしていました!

 

言われた通り、ちゃんとスムーズにアゴを差し出すざらめちゃん。

 

大人になってから新しい芸をマスターするのは簡単なことではありません。

それなのにざらめちゃん、よく頑張りました!

 

ということで、「偉いね」とばかりにオーナーさんもざらめちゃんを撫でてあげます。

 

そんなざらめちゃん奮闘の一部始終を、どうぞご覧ください!

 

ざらめちゃん、5日かけて新しいワザを完全にマスターしていましたね。根気強く教え込んだオーナーさんにも拍手です!

 

ざらめちゃんはまだ若いですが、オーナーさんのなかにはアンチエイジングの一環として、シニアの子に新しいワザを教えるという方もいらっしゃいます。

 

「愛ブヒに“頭の体操”をさせたい!」と思ったら、ぜひ新しいワザを教えてみてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】ぎゃーカワイイ♡ 生後3か月でたくさんの芸を披露するフレブルパピーのブロディくん。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧