2019年11月8日1,458 View

【ライターUの太鼓判はコレ!】ペットシーツのニオイから開放!おむつ用ゴミ箱「スマートポイ」〜編集部厳選!本当に使えるドッグギア #10

全員フレブルオーナーである『FRENCH BULLDOG LIFE』の編集部員たちが、自分たちで愛用している「本当に買ってよかった!」というものだけを紹介するこの連載。今回は、ライターUが愛用している“ゴミ箱”を紹介します! ペットを飼っている人なら誰でも頭を悩ませる、あの嫌なニオイ問題の救世主と言えるアイテムなんですよ。

フレンチブルドッグ,編集部

使用済みペットシーツのニオイ問題を解決

フレブル,ドッグギア

皆さんは使用済みのペットシーツをどのように処分していますか?

 

そのままゴミ箱に入れるとニオイや汚れが気になるし、毎回袋に入れて捨てるのは手間がかかるし……。

 

私も以前は1枚1枚小さなポリ袋に入れて、きつーーーく縛ってから蓋付きのゴミ箱に捨てていたのですが、それでも不意にぷ〜んと臭うときがありその度に眉をひそめていました。

 

いくら可愛い愛犬が生み出したものとは言え、糞尿のニオイを「いいニオイ!」、「癒される♡」とは思えない!(もし、いいニオイと感じているオーナーさんがいらっしゃったらごめんなさい……)。

 

そこで今回は、以前の私と同じ「使用済みペットシートのニオイ」に関する悩みをお持ちのオーナーさんにぜひ使って欲しい、Combiの『Smart-Poi(スマートポイ)』を紹介します。

 

5層防臭フィルムでイヤなニオイを強力にシャットアウト!

ゴミ箱

Combiと言えば、ベビー用品の日本三大メーカーのひとつ。そう、この『Smart-Poi』の正体は、人間の赤ちゃんの使用後の紙おむつの処理に使用されるおむつ用ポットです。

 

メーカーの商品情報によると、『5層防臭フィルムでニオイをシャットアウト。スペアカセット1個でおむつ約180枚分たっぷり処理できてとってもお得』とのこと。我が家はワイドサイズの薄型ペットシートを使っていますが、それでもおむつよりもコンパクトにまとまるので倍量くらい捨てられるような気がします。

 

Combiに限らず各社さまざまなおむつポットを発売していますが、私が『Smart-Poi』を選んだポイントは全部で6つ。

 

(1)ちょうどいい大きさ

大容量タイプのおむつ用ゴミ箱もありますが、汚れたものを何週間も溜め込むのは衛生面が心配。

 

かと言って小さすぎるとすぐにいっぱいになって片付けが面倒ですが、『Smart-Poi』はコンパクトなサイズながら無駄のないデザインで3日〜1週間分のシーツをまとめられる優れもの。

 

また、背の高いゴミ箱やペダル式ゴミ箱は、汚れたペットシーツを持ったまま体を起こすか立ち上がらなければなりませんが、高さ約44cmの『Smart-Poi』は交換した時と同じ体勢のまま簡単にシーツを捨てることができます。

 

(2)ポット本体にニオイがない

愛犬の近くに置くものなので、ポット本体にプラスチックやゴムなどの刺激臭があるものはNG! 『Smart-Poi』はほぼ無臭で、買ったその日から愛犬も問題なく受け入れてくれました。

 

(3)簡単に使える

購入後に組み立てる必要も説明書を読み込む必要もなく、カートリッジをセットするだけで直感的に使えます。簡単にお手入れできる素材&形状なのも高ポイント。

 

(4)ゴミとして回収されるまで臭わない

感じ方には個人差があると思いますが、2重蓋構造と防臭フィルムのおかげで、開閉時もゴミとして出す時もほとんど臭いを感じません。

 

また、シーツを押し込むホールが大きすぎないので、使用時にニオイがムワッと上がってくることもナシ!

 

(5)安全

角や飛び出したパーツがないので、走り回っている愛犬が体当たりしてもケガをしにくそうだと感じました。

 

一度、私自身が足を引っ掛けて倒したことがありますが、その時は蓋が空いたり中身が飛び出したりすることもなく、ただ倒れただけ。

 

大きさも重さもそれほどないので、犬の上に倒れたとしてもそれほど心配することはなさそうです。

 

(6)初期費用が安い

『Smart-Poi』本体にスペアカセットが1個付いて約2,000円とリーズナブルで、試しに使って合わなければ買い換えればいいかなと思って使い始めました。赤ちゃんやペットがいる友人にも気兼ねなくプレゼントできる値段だと思います。

 

 

正直、『Smart-Poi』の購入を決めるまで、どうせ大したことはないだろうと疑ったりもしたのですが、実際に使ってみたら驚くほど便利で、もう二度と手放せなくなりました。

 

子供からお年寄りまで、誰もが直感的に使える設計

ゴミ箱

では『Smart-Poi』の構造と使い方を紹介していきます。

 

本体のパーツは「蓋部分」と「ポット部分」の2つだけ。それぞれの背面に凸と凹があり、これらをしっかりと噛み合わせることで簡単には外れないようになっています。また、ポットの背面には深めの持ち手がついているので、中身が少なければ片手で持ち上げることも可能。

 

もうひとつのパーツが「カセット」。このドーナツ型のカセットの中に5層防臭フィルムが詰まっています。

ゴミ箱

[カセットの取り付け]

(1)本体の蓋を開けるとシャッターと呼ばれる内蓋があるのがわかります。

ゴミ箱

(2)ここにカセットをセットして、フィルムを少し引っ張り出します。

ゴミ箱

(3)フィルムの端を結びます。

ゴミ箱

(4)結び目をシャッターに押し込みます。

ゴミ箱

これで取り付け完了。

この取り付け方だとフィルムの結び目が袋の内側に来るので、解けにくいような気がします。

 

あとは、使用済みシーツをポイポイと押し込んでいけばいいだけ。

 

私は汚れた部分を内側にしてクルクルッと丸めていますが20〜30枚入るので1日3〜5枚使ったとしても1週間程度は保つ計算に(ちなみにフンはトイレットペーパーで取ってトイレに流しています)。

 

『Smart-Poi』は5層防臭フィルムがニオイを抑えつつ、蓋&シャッターでニオイ漏れをWブロックする設計になっているため、シャッターの奥にシーツを押し込んでしまえばほとんどニオイがしません。

 

ポットがいっぱいになったら蓋部分を外して裏返し、蓋裏についたカッターでフィルムをカット。

ゴミ箱

この時が、最もニオイ漏れしやすいタイミング。フィルムの口をしっかりと握るか数回捻っておき、カット後はすぐに口を縛ってゴミへ。

その後、次のフィルムを[カセットの取り付け](2)〜(4)の要領で再セットして使用します。

 

ニオイによるストレスから解放されよう!

フレブル

実は、『Smart-Poi』を使い始めたのは先代犬のボストンテリアがきっかけでした。

 

その子はペットショップで4歳まで育ったせいかトイレの認識が甘く、度々キッチンで粗相をしていたのですが、ある時、「もしかしたらキッチンをトイレと勘違いしているかもしれない」と気付いたんです。

 

当時はキッチンの大きなゴミ箱に使用済みペットシーツを捨てていたので、「キッチンもトイレと同じニオイがするのかな?」と……。

 

その後『Smart-Poi』を使うようになると自然と粗相もなくなったので、私たちがワンコを混乱させていたのかもしれないと反省しました。

 

デメリットをあげるなら

フレブル

と、ここまで『Smart-Poi』を褒めちぎってきましたが、最後に私が使っていて気になった点をいくつか紹介。どれも取るに足らないものばかりですが、比較する際の参考にしてください。

 

(1)ランニングコストがかかる

スペアカセットが1つ1,000円前後するため、使用頻度が高いご家庭では年間1万円以上かかる場合があります。

 

そうとは言え、探すと割安の6個パックがセールでさらに安くなっているお店もありますし、ムダが出ないように使えばコストをググッと抑えることも可能。

 

ちなみに我が家は、激安セール品のおかげで年間3,000円程度に抑えることができています。

 

(2)内蓋部分に隙間がある

4年以上使用していて今回初めて、シャッターとホールのあいだにわずかな隙間があることに気付きました。

 

元々そういう仕様なのか、使っているうちに変形したのか、定かではありませんが、フィルムをセットすると埋まる程度の隙間だしニオイも漏れていないのでこのまま使い続けるつもりです。

 

(3)非力な人は片手で使えないかも

フレンチブルドッグを抱っこできる人なら何ら問題ないと思いますが、外蓋をはずす動作やシャッターを押す動作には多少の力を要します。

 

特に、中身がいっぱいになりかけている時は憎しみにも似た感情を込めてググッと押し込まなければなりません。

 

(4)カッターの切れ味がいまいち

導入した当初は付属のカッターでフィルムを切るのに毎回苦労しましたが、その使いづらさにもすっかり慣れ、今ではノールックのまま1秒でカットできるようになりました。

 

人によっては、ハサミを使った方が早くて切り口も綺麗かもしれません。

 

(5)カラーバリエーションが欲しい

現在は、リードホワイト(我が家で使用している色)とシェールピンクの2色が販売されていますが、これまでに登場した『Smart-Poi』はどれも存在感があるカラーばかり。

 

『Smart-Poi』と同じくらい使い勝手がよくて、いまのデザインよりシンプルなポットが登場したら、心がぐわんぐわんと揺れてしまいそうです。

 

『Smart-Poi』よりもしっかりニオイ対策したい人には、ひとつずつ捻って密封できるCombiの『Poi-Tech(ポイテック』がおすすめです。

 

まだまだ選択肢の少ないペットシーツ用ゴミ箱。今回は代用品として人間の赤ちゃんのおおむつ用である『Smart-Poi』をおすすめしましたが、各社からさまざまなタイプのゴミ箱が発売されているので、しっかり比較してベストなものを試して欲しいと思います。

 

たかがゴミ箱と思うかもしれませんが、あのイヤなニオイから解放されるだけですごく快適ですよ!

 

紹介されたアイテム

  • 5層防臭おむつポット スマートポイ

    5層防臭おむつポット スマートポイ

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA
  • 強力防臭抗菌おむつポット ポイテック

    強力防臭抗菌おむつポット ポイテック

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧