2019年12月6日4,033 View

【編集Tの太鼓判はコレ!】ブヒレスしてもオムツが脱げない!年末年始のお呼ばれも安心な「ブルドスのサスペンダー」ー編集部厳選!本当に使えるドッグギア#12

全員フレブルオーナーである『FRENCH BULLDOG LIFE』の編集部員たちが、自分たちで愛用している「本当に買ってよかった!」というものだけを紹介するこの連載。今回は、女の子のヒート時などだけでなく、ブヒ友さんの家などにお呼ばれされたときにも大活躍してくれる「ブルドスのサスペンダー」を紹介します!

フレンチブルドッグ,編集部

老犬やヒート中じゃなくても、オムツがあるといろいろ捗る

フレブル

下半身に麻痺がある子やヒート中の女の子にとって、必需品とも言えるオムツ。

 

「だから、うちにはオムツなんて関係ないわ」と思ってるオーナーさんがいたら、ちょっと待った! 

 

オムツなしのフレンチブルドッグライフは、ちょっと人生ソンしてるかも。

 

元気の塊であるヤングブヒや、ヒートとは無縁の男の子ブヒにだって、“オムツをするとすごく便利!”というシーンが多々あるんです。

 

たとえば、これからやってくる年末年始のイベントシーズン。

 

ブヒ友さん宅でのクリスマスパーティーや、実家への帰省など、よそのお宅に、愛ブヒを連れでお邪魔する機会があると思います。

 

ここで目を閉じて想像でしてみてください。

 

初めてお呼ばれした家が、高級そうなソファーやフワフワのラグが置かれた、なんともハイソな(死語?)お宅だったら。

 

そんなお宅の中で、自由すぎる愛ブヒが「ひやっほー! チッコしがいのある絨毯だぜー。オレさまがマーキングしてやるー!」なんて感じではしゃぎ、訪問してそうそう、ウン十万、いやウン百万円しそうな絨毯に、シャーッ! っとしてしまったら……。

 

いえいえ、そんなデヴィ夫人のお屋敷にありそうな絨毯じゃなく、ごく普通のお宅の、ごく普通の絨毯であっても、愛ブヒが粗相をしていまったら生きた心地がしませんよね。

 

そこからはもう、小さい怪獣が“今度はいつやらかすか!?”と、目を光らせ神経を研ぎ澄ませることばかりに気が行き、ホームパーティーを楽しむどころじゃなくなります。

 

ですが、オムツをしていれば、そんな疲弊とは無縁。

 

愛ブヒの一挙手一投足をハラハラしながら見守ることもなく、のんびりと友達との会話や食事を楽しむことができちゃいます。

 

我が家では、友達の家にお邪魔するときだけでなく、ペット同伴OKな“ちょっといいレストラン”にお邪魔するときも、必ずオムツをはかせています。

 

コース料理の場合、おいしく食べるのにベストなタイミングを見計らって、お料理がサーブされるもの。

 

食事の途中で「ちょっと外でオシッコさせてこよう…」なんて席を立ってしまうと、お店側がお料理をなかなか出せなくて困ってしまうことも。

 

また場合によっては、席を立っている間に料理が出ていて、戻ったころには冷めてしまっている…なんて事態も考えられます。

 

これ、食いしん坊な私にとってはなかなかのダメージ。

 

というわけで、食事の間の3時間程度なら、我が家のブヒは店内で粗相をすることはまずないんですが、念のためオムツをつけていると安心感が違うんです。

 

それに、オムツをしているともうひとつ、嬉しいオマケが。

 

ぽっこり膨らんだお尻に、坊っちゃん感あふれるサスペンダー…その姿の可愛さったら! ずっっっっと、後ろから眺めていたいほど。

 

愛しさと、安心感と、心強さと。それがオムツなのです!

 

ワチャワチャ動いてもオムツがずり下がらない!

ブルドスサスペンダー

オムツをはかせた場合、問題がひとつ。

 

それはブヒが動くたびに、オムツがずるずるっと下がってしまうこと。すぐに脱げてしまっては、オムツをしている意味がありません。

 

そこで活躍するのが、今回紹介するサスペンダーなんです。

 

ネットを探すと、ワンコ用のサスペンダーが山ほどヒットします。

 

ちなみに「犬 サスペンダー」でググったら、なんと19,500,000 件 というヒット数!

 

そんな豊富なワンコ用サスペンダーの中でも、唯一無二の存在だと私が思っているのが、フレブルグッズのパイオニア『ブルドス』のサスペンダーです。

 

品質、デザイン、コスパ、すべてにおいて超優秀!

 

その大きな特徴が、“3点留め”で使えるところ。

 

一般的なサスペンダーは、背中側2ヶ所を留めるものが多いのですが、ブルドスのサスペンダーは、下の写真のように胸側でも1ヶ所、留めることができます。

ブルドスサスペンダー

このおかげで、まぁ〜オムツがズレない! 

 

歩いても走っても、背中ウネウネダンスをしても大丈夫。さらに、お友達と激しいブヒレスを長時間しても、まったくズレないんです。ね、すごいでしょ。

 

以前、試しにと2点留めしかできない犬用サスペンダーをつけてみたときは、そんなに激しく動いてないのに秒でオムツが脱げたので、ブヒレスをしても脱げないこのサスペンダーには本当に感動しました。

 

ちなみに、胸のパーツは取り外しでき、使い方にあわせて2点留め、3点留めの両方が使えます。

 

さらには、ヘルニアなどで下肢が不自由な子は当たりが少ないように、お腹部分が逆に取り付けることも可能。

 

つまり3WAYで使えるんです。

 

足の不自由なモニターの協力により出来たというだけあって、やさしい工夫がされているんですね。

 

機能性だけじゃない! 色、柄、デザイン、サイズも豊富

サスペンダー

我が家が使っているのは『ベーシック FRサスペンダー』というタイプ。

 

ゴムは無地、クロスした部分には牛革のパーツが使用され、金属製のシャレたブヒがくっついています。

 

色もターコイズ、ピンク、ダークオレンジ、カーキの4種からチョイス可能。

 

ほかにも、チェック柄やドット柄、ヒョウ柄や迷彩柄などのデザインもあり、それぞれカラーバリエーションも豊富です。

 

サイズもXSからXLまであるので、必ず我が子にぴったりのサイズが見つかるはず。

 

ちなみにこのサスペンダーは、売上の一部が鼻ペチャ犬の保護、レスキュー活動をしている『ふがふがれすきゅーくらぶ』に寄付され、フレブルの保護活動に役立てられているそう。

 

そんなとこもステキ!

 

オムツはワンコ用より人間用が断然おすすめ

ブルドスサスペンダー

優秀なサスペンダーのおかげでオムツがズレなくても、肝心のオムツが吸水性が低かったり、横漏れしてうんちがボロっとこぼれたりしては意味無し。

 

オムツ選びは言うまでもなく、重要課題です。

 

ワンコ用のオムツも、これまたじつに多くの種類が出ています。

 

しかし、脚が短くずんぐりむっくり、普通の犬と骨格がまったく違うフレブルには、どのワンコ用オムツもまったくサイズが合いません。

 

しかも、ワンコ用っていうだけで無駄に高い! そこでおすすめなのが、人間の赤ちゃん用のオムツ。

 

値段がワンコ用より断然リーズナブルな上、これが本当に、ブヒの体型にぴったんこなんです。

 

まるでフレブルのために作られてるかのような、ジャストすぎるサイズ感!

 

その豊かな表情や仕草から、“フレブルは人間かもしれない説”が根強いですが、オムツまで人間用がマッチするとは。なんて可愛い。なんて尊い。

 

人間用オムツにも『ムーニー』やら『パンパース』やらいろいろありますが、我が家のブヒには『メリーズ』のMサイズ一択でした。

 

ほかの紙オムツだと、がっつり横漏れしちゃうんですよね。

 

フレブルごとに体型は違うので、もしかしたらよそのブヒには『マミーポコパンツ』がぴったり、なんてこともあるかもしれません。

 

あなたの愛ブヒにぴったりくる、運命のオムツを探してみてくださいませ。

 

まとめ

初めてお邪魔するお宅だとしても、「トイレはここでしてね」とお願いすれば「りょ!」と素直に聞いてくれる天才ブヒも中にはいるでしょう。

 

でも、凡人ならぬ凡ブヒの我が家では、そうもいきません。

 

ですが、オムツとズレないサスペンダーの最強コンビに頼れば、安心してお友達の家やレストランにお邪魔できます。

 

これからのイベントシーズンに活躍してくれること間違いなしのこのアイテム、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧