2020年3月1日4,241 View

今か今かと遊ぶ時間を待つフレブルパピーに『ドアオープン』と『待て』が同時に…みんな超イイコだった!【動画】

4頭ものフレブルを飼育していると、どうしてもしつけが大変になってきます。1頭ずつ教え込むのは時間も手間もかかりますよね。しかしこちらのオーナーさんは、全頭完璧にしつけをしたようで、すべてのフレブルが、良い子過ぎる行動を見せてくれたのです!

ケージの中から視線を送る4頭

ケージの中から、ウルウルした目でオーナーさんをみつめる4頭のフレブル。

みんな愛らしいですね…。

 

しかし、そのお顔は真剣。

 

どうやら、ケージの扉を開けてほしくて今か今かと待っているようです。

 

ドアを開けますが…「待て!」

そしてオーナーさんは扉の方に手を伸ばしますが、開ける前に「待て」と指示を出しました。

 

そして、ゆっくりゆっくりと扉を開けます。

 

フレブルたちはというと…

 

少し疑問を感じるようなお顔をしているものの、みんな良い子に「待て」ができています!

 

オーナーさんからの指示を聞いたため、誰も出てこようとはしなかったのです。

 

つい先ほどまで外に出たくてうずうずしていたフレブルたち。

 

しかもやんちゃなパピーですから、当然すぐにでも飛び出したいはずですが、なんて良い子たちなのでしょう。

 

オーナーさんが離れても…

オーナーさんは、フレブルたちがあまりに良い子すぎるので少し試したくなったようです。

 

「待て」の指示をかけたまま、そろりそろりとケージから離れました。

 

こうなると、1頭くらいはオーナーさんを追いかけるのでは…

 

(ジーッ…)

 

なんということ…。

 

どの子もしっかりと、ケージの中でたたずんだままです。

 

1頭も飛び出すことなくケージの中で待っていますが、その表情は少々不安げ。

 

「どこかに行っちゃうの?」とでも言いたいのかもしれませんね。

 

いよいよ「ヨシ!」です!

オーナーさんが離れて時間がたっても、どのフレブルもケージから出ようとしません。

 

しっかりと指示を守れたので、オーナーさんはついに「ヨシ!」を言いました。

 

すると、「ワーイ!」とばかりに駆け出すパピーたち。

 

みんな、あまりの嬉しさに、ジャンプしながら勢いよく飛び出してきます。

 

ケージから出た後は、オーナーさんに褒めてもらいに行く子や、おもちゃに飛びつく子など、行動は様々。

 

やりたいことがあっても我慢していうことを聞くなんて、まだまだ小さいのにとってもいい子でした!

 

多頭飼育はしつけが大変です。

 

しかし動画のフレブルたちは「待て」のときに団結して我慢しているようにも見えましたよね。

 

外に出たいと思っていても、他のフレブルが動かないから自分もと耐えていたのかもしれません。

 

仲間がいるから頑張れるというのは、逆に多頭飼いしつけの良い部分なのでしょうね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

お薬をヌリヌリされている間、終始カッチカチに固まってやり過ごすフレブルが、あまりに無だった【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧