2020年4月9日1,746 View

【ライターYの太鼓判はコレ!】 マッサージにまさかのコレが大活躍! 「亀の子束子 白いたわし サイザル麻」−編集部厳選!本当に使えるドッグギア#19

全員フレブルオーナーである『FRENCH BULLDOG LIFE』の編集部員たちが、自分たちで愛用している「本当に買ってよかった!」ものだけを紹介するこの連載。

今回は、ライターYがフレブル友達から「コレいいよ〜」とお勧めされて購入し、もう1年以上も愛ブヒのグルーミングの仕上げに欠かせないアイテムとなっている“たわし”をレコメンド。

そうです。まさかのたわしです。たわしといえば日本で昔から愛されているお掃除道具の一種というイメージしかないですが、いやいや、たわしにまさかの使い道があったのですよ!

 

フレンチブルドッグ,編集部

亀の子束子(たわし)……どう使うのよ?

フレブル,たわし

 

たわしと聞けば『亀の子束子』の名前が勝手に頭に浮かぶほど、日本人に非常に馴染みのあるたわしメーカーが、100年以上前からたわしを作り続ける老舗、亀のマークでおなじみの『株式会社亀の子束子西尾商店』。

 

「そういえば。子供の頃は学校の上履きを洗うのに使っていたな」とか、「キッチンにひとつふたつ転がっていたな」とか、昭和の香りとともにぼんやりと“たわしのある風景”が蘇ります。

 

が、令和の時代にまさか再び亀の子束子を手に取ることになるとは夢にも思っていませんでした。

 

しかも愛ブヒのお手入れ用として…。

 

まず、たわしをフレンチブルドッグのケアにどう使うのか、どんなたわしでも良いのか、この2点について説明しますね。

 

たわしはどの種類でも良いというわけではなく、『亀の子束子』の豊富なラインナップの中のひとつ『白いたわし サイザル麻(小)』という製品がおすすめ。

たわし

 

そして気になる使い方は、普段のブラッシングの後の仕上げに。

 

そして、愛ブヒのリラックスタイムに、マッサージ用として使うというもの。

 

デリケートな肌を持つフレブルゆえ、「たわしでマッサージとかして大丈夫なのか」と不安になられた方も多いでしょう。

 

が、しかし、ご安心を。

 

『白いたわし サイザル麻(小)』は、細かな繊維を生かしたソフトな手触り。

 

また、毛束の密度や長さが、ちょうど短毛のブヒにフィット。

 

心地よく皮膚を刺激することで血流促進効果が狙えるという優れもの。

 

サイズは大小と2パターンあり、我が家では小サイズ(幅8cm、長さ8cm、厚み3.2cm)を愛用しています。

 

このサイズは、ちょうど女性の手に握りやすく、背中やお腹には面を使い、耳の後ろなどはたわしを縦にしてと、うまい具合に握り替えながらのケアが可能に。

 

ちなみに大サイズは幅と長さが各9.5cm、厚みが4cmになるので、男性の手なら大サイズが使いやすいかもしれません。

 

たわしのイメージを覆す肌当たり!

フレブル

 

そしてこの白いたわし、実際に手に取るとわかるのですが、本当に柔らか。

 

たわしから連想されるチクチク感が全くありません。

 

それもそのはず、亀の子束子さんではこの素材で、人間用のボディマッサージブラシも販売していています。その名も『サトオさん』。

 

私も愛ブヒに使う前に、まずは自分自身で使用感を試そうと『サトオさん』を購入したのですが、肌をほどよく刺激し足裏や膝、肘などのケアにも最適で、力を入れず肌の上を滑らすだけで角質ケアができる優れものでした。

 

なお、人間用のボディたわしには『サトオさん』のほか、毛の硬さ別に4つのラインナップがありますが、フレンチブルドッグをはじめワンコの皮膚は人間よりもずっとデリケート。

 

そのため、愛ブヒ用には一番ソフトなサイザル麻製を選んであげてくださいね。

 

いざ、相棒をたわしでマッサージ!

フレブル

 

ライターYの愛ブヒケアの手順は、

 

ラバーブラシで抜け毛を除去→抜け毛ケアの後は豚毛ブラシで全体をブラッシングして艶出し→白いたわし サイザル麻で全身マッサージ

 

で、たわしで最後の仕上げをしています。

 

たわしでマッサージするときのポイントは、力を入れすぎないこと。そして繊維を肌に垂直にあてて緩やかに均等な力で行うこと。

 

いくらソフトな質感とはいえ、たわしなのであまり強くゴシゴシこするのは肌を傷める可能性があります。

 

毛の深い背中は軽く押し付けるようにして、優しく毛流れに沿ってたわしを滑らせるように。

 

毛の短い頭やお腹部分は、軽く握ったたわしをサッサッと撫でるように動かします。

 

こうして肌に刺激を与えると、まさに痒い所に手が届くような心地よさで愛ブヒはうっとり。

 

気づけば白目で爆睡という具合に。

 

我が家はマッサージによるリラックス効果を期待して購入したのですが、それだけでなく、血流が良くなることで自律神経を整え、疲労物質を体外へと排出しやすくする効果もあると言われています。

 

これは人間で言うところの乾布摩擦のようなもの。

 

わらに我が家の愛ブヒは、血流が良くなったせいか、被毛がツヤサラになるといううれしいオマケも。

 

たわしは水に濡らすとより柔らかくなるので、シャンプー中のマッサージケアにもピッタリです。

 

小サイズは770円(税込)、大サイズは1100円(税込)とお手頃な値段なので、気軽に試しやすいのも魅力ですね。

 

こだわり派のオーナーさん納得のオサレ感。

フレブル

 

愛ブヒのためのグッズ選びはもちろん、インテリアにもこだわりを持つ人が多い印象のフレブルオーナーさんたち。

 

「自宅や手元に置くものは、実用品でさえセンスの良いものがいいのよね」なんて言っているそこのアナタ。

 

『亀の子束子』、実はめっちゃイケてます。

 

正直、この製品を買うために『亀の子束子西尾商店』の公式サイトを見るまでは、私の中の『亀の子束子』のイメージはオシャレとは程遠いものでした。

 

なぜだか小さな商店街の金物屋の軒先的イメージがあったのです。

 

そのため公式サイトを見たときのナチュラル感漂うオシャレっぷりにブッ飛び、届いた商品のミニマルシックなパッケージデザインにも驚いたのです。

 

ついでに公式サイトで商品ラインナップを見ていると、質実剛健な伝統的たわしや現代的なモダンたわし・スポンジなどに混ざり、たわしのキーホルダーやたわしで作った動物の人形(なぜ作ったし…笑)までもが販売されているではないですか…。

 

「攻めてるなあ…」思わずひとり、呟いてしまう私。

 

そういえば高感度なセレクトショップの雑貨コーナーに『亀の子束子』が並んでいるのも何度か目にしたし、私が知らないうちに世間には『亀の子束子』ブームが来ていたのかもしれません。

 

なので、こだわり派のおしゃれブヒオーナーさんにも自信を持ってリコメンドできます、「亀の子束子、いいよ」と。知らんけど。

 

まとめ

フレブル,たわし

 

たわしでマッサージ。一見「大丈夫なのか」と訝ってしまうまさかのマッサージ術ですが、試すや否や、大丈夫どころか愛ブヒはたわしの魔力にメロメロという状況にまで陥りました。

 

私をはじめ、私にたわしを勧めてくれたブヒオーナーさん周辺では、密かに“白いたわしブーム”が起き、結構な数のフレブルがその感触のトリコになっているそう。

 

相棒にとっては至福の、オーナーにとってはスキンシップ&相棒の健康維持の時間になること請け合いです。

 

紹介されたアイテム

  • 白いたわし サイザル麻 (小)

    白いたわし サイザル麻 (小)

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA
    • amazon
  • サトオさん

    サトオさん

    サイトを見る
    • 楽天ICHIBA

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧