2017年2月3日4,352 View

インスタのフォロワー激増!?インスタでフィーチャーしてくれるフレブル専門アカウント

愛ブヒの写真を投稿するためにインスタグラムを始めたけれど、なかなかフォロワーが増えないなぁ…。せっかく世界中にユーザーがいるんだから、たくさんのフレブルファンにカワイイ愛ブヒの姿を見てもらいたい!それが親心ですよね。

そんなあなたのために、フレンチブルドッグの写真をシェアしてくれる大人気のアカウントをご紹介です。フィーチャーしてもらえる(かも!)方法も教えしちゃいますよ!

この記事のタイトルとURLをコピー

フレブルインスタグラム

Model:@haruta_bonheur(Instagram)

ハッシュタグでシェアされる(かも!)フレブル専門アカウント4選

まずは「フィーチャーしてほしい人はハッシュタグをつけて写真を投稿してね!」というタイプのフレンチブルドッグアカウント。

 

専用のハッシュタグがあるインスタグラムアカウントを4つご紹介しましょう!(超人気のアカウントだから、ハッシュタグを付けるだけで絶対シェアしてもらえるというわけじゃないので注意です!)

 

フォロワーの数は10万人!ハッシュタグは「#frenchiephotos」

フレンチブルドッグの耳がついたインスタグラムロゴのようなプロフィールアイコンも可愛いfrenchie_photos。ハッシュタグ「#frenchiephotos」を付けて投稿されたフレブルの画像から可愛いものをピックアップして、毎日更新されているアカウントです。

frenchie_photos 

 

facebookのページもあるよ!ハッシュタグは「#daily_frenchie」

ハッシュタグ「#daily_frenchie」を付けた投稿から画像を選んで紹介しているのがdaily_frenchie。フレンチブルドッグの可愛さもさることながら、比較的キレイな画質のものを選んでシェアしているようです。facebookのファンページもありますよ!

daily_frenchie 

Facebook

 

 

更新の数もフォロワーの数もNo.1?!ハッシュタグは「#frenchies1」

インスタグラム

出典:frenchies.1

とにかく毎日何枚ものフレブル画像をシェア投稿しているのがfrenchies.1。静止画だって動画だって関係ない、画質も関係ない、ただただ素敵なフレブルたちを日々シェアしているようです。フォロワーも40万人いるから、このアカウントにフィチャーされれば超有名ブヒへの道まっしぐら?!

→frenchies.1 

 

フレブル動画専門アカウント!ハッシュタグは「#frenchievids」

インスタグラム

出典:frenchievids

日本のわたしたちから見ると、まるでフレンチブルドッグの家紋のようなアイコンfrenchievids。こちらは動画を専門にシェアしているアカウントです。フレブルならではの面白ビデオやパピーたちの可愛い動画を毎日更新中。

frenchievids 

 

DMでシェアされる(かも!)フレブル専門アカウント2選

つづいてご紹介するインスタグラムアカウントは、直接DM(ダイレクトメッセージ)を送るとシェアしてくれるかもしれないフレンチブルドッグ専門アカウントです。ハッシュタグよりはお手軽じゃないから、そのぶんフィーチャーされる可能性が高いかも…?勇気を出して「Please feature my Frenchie account!」とメッセージを送ってみましょう!

 

オリジナルキャプションも楽しみのひとつ!frenchie_edition

画像をシェアするときにオリジナルでキャプション(説明文)を付けてくれるのがfrenchie_edition。とっても短いキャプションでも、ちゃんとひとつひとつ画像を見ているのがわかって嬉しいですよね。

frenchie_edition 

 

可愛いフレンチブルドッグ、更新度高め!frenchiesworld_wide

フレブル画像や動画を毎日たくさんシェア投稿しているのがfrenchiesworld_wide。その分フィーチャーされる確率も高いかも?こちらもオリジナルでキャプションがつきますよ!

frenchiesworld_wide 

 

我が子が一番カワイイのは日本のフレブルオーナーも世界のフレブルオーナーも一緒。だから、今回紹介したフレンチブルドッグ専門のアカウントには、ものすごい数のオーナーたちが「愛ブヒをフィーチャーしてほしい!」とお願いしているはず。なかなかシェアしてもらえないかもしれませんが…何度も挑戦していたら、いつかシェアしてもらえるかも…?

おすすめ記事

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー