2020年10月28日1,140 View

【番外編】イトウマリコラボ、あのスマホケースができるまで〜スペインでフレブルと。#16〜

スペインのバルセロナで“フレブルライフ”を満喫する、イトウマリさん。 職業は、ご夫婦そろってアーティスト! 愛ブヒはハニーパイドの「ぶーちゃん」で、性格はスーパーマイペース。

日本よりも遥かにフレブルが多い国スペインで、イトウマリさんはどのようなフレブルライフをおくっているのでしょうか。

 

連載16回目は、番外編! 「イトウマリ×French Bulldog Life」のコラボ作品がどのようにできあがったのか。作品の製作過程を特別にご紹介です!

「イトウマリ×French Bulldog Life」作品ができるまで

フレブルグッズ,イトウマリ

HOLA! 皆様、こんにちは。

 

寒い日がつづいていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、Furench Bulldog Lifeさんとのコラボレーショングッズが絶賛発売中でございます!!

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

 

この企画、実はちょうどバルセロナの街がロックダウンして大変な時にお声をかけていただいたのです。

 

そこで、フレンチブルドッグが大好きな人たちがスマホを手に取るだけで、なんだかほっこりハッピーで楽しいアゲアゲな気持ちになるようなものを作りたいと思いました!

フレブルグッズ,イトウマリ

 

今回の連載では、いつもとはちょっと違って、制作過程を特別にご紹介したいと思います!

 

“小さな欲望の根源”を視覚化していく

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

©︎Toni Mateu

私は普段、現代美術のアーティストとして「人の持つ欲望の根源を視覚化したらどうなるか」をテーマに日本画の素材を使った平面作品や立体作品を作っています。

 

簡単に説明しますと、例えば甘いものが食べたいなあという小さな欲望の根源を視覚化したら、目には見えない、こんなお花のようなものがポンポンと体から出ているのではないかというイメージです。

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

フレブルさんたちは、まさに欲望の塊で、お散歩に行きたい、おやつが食べたい、眠たいなどなど、面白い表情や体全体を使って素直にそして体当たりで表現してきますよね。

 

なんとも可愛く面白く人生を共に歩んでもらうのに最高の相棒だと思います。

 

そんな彼らのかわいらしい欲望の世界を描いてみることにしました。

 

先日の記事でもあった壁画制作では、アクリル絵の具やスプレーを使ったりもしますが、今回は、日本画の素材でオリジナルの原画を描いてみることにしました。

 

 

まずは下図!

この構図で決めるまでにいくつか簡単なスケッチ案を出して、その中で気に入ったものを具体化し、まずはこんな感じで鉛筆デッサンでしっかり下図を作ります。

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

日本画でいう骨描きという工程です。

 

木製パネルに和紙を張ったところに、鉛筆のデッサンの輪郭線を写して、墨で描き起こします。

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

そのあとは、岩絵の具と膠を使って着彩していきます。

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

ほんのちょっと色を入れただけで、もうフレブル感出てきましたー!

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

いびきを想像しながら塗っていきます(笑)。

 

だいぶ色が入ってきて全体のイメージがつかめてきたところです。

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

全体に色を埋め込んでいき、あとは、どんどん細部を描いていきます。

 

 

完成した日本画の原画がこちら!

フレブルグッズ,イトウマリ

 

この原画を元に素敵なグッズへと変化した商品は、フレブルライフさんでお取り扱いしています!

 

スマホケースだけでなく、クッション、スマホリングもありますのでぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

大好きな“オネエ座り”を作品にも採用しています

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

©︎Toni Mateu

余談となりますが、上の絵でも描いたように、私が好きなぶーちゃんのお座りといえば流れるようなオネエ座り。

 

いつもはおならをしたり、げっぷをしたり小さいおっさんのようなぶーちゃんが唯一『私、女子です』と女子力を見せつける前から見ても後ろから見てもかわいらしいポーズで大好きです。

フレブルライフ,イトウマリ,スマホケース

 

特に後ろから見た、丸っこいフォルムはたまらない。

 

というわけで、このなんとも言えない座り方を描いてみました。

フレブルグッズ,イトウマリ

 

ちなみに、上の写真をとってくれているToniさん(@tonimateu_photographer)は、私の親友のフォトグラファー。

 

最初の方に載せたアトリエの写真も彼が撮ってくれています。

 

やっぱりプロに撮ってもらうと何かが違います。ぶーちゃんとの楽しい一瞬がこうして素敵に切り取られるのは嬉しいです。

 

それではみなさん、冬の寒さに気をつけてくださいね。

 

Hasta luego!!!

紹介されたアイテム

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧