2021年7月28日6,951 View

なんて優しいの…大事なボールが赤ちゃんの横に。困ってると思ったら、あやすように一緒に遊び始めたフレブル【動画】

今回はとってもハートフルな行動を見せたフレブルをご紹介。今はボールで遊んでいたようですが、そばにいたお家の赤ちゃんの元に転がってしまいどうやら困っているようなのです…と見せかけて。その心は思ってもみないものだったのです。

ボールで遊んでいたところ…

今回の主役フレブルはシド。

 

今はボールで遊んでいたようですが、どうやらそのボールが赤ちゃんのそばに転がってしまったようなのです。

 

(カシッ…)

 

フレブルをはじめ犬たちは、『赤ちゃんはかよわい存在』ということを理解できる子が多いもの。

 

だからシドなりに気をつかって「取りたいけれど…あたっちゃうかも」なんて困っているのでしょう。

 

(サッ)

 

このように前足を出したり引っ込めたりしているのです。

 

そしてボールをよく見ると、なんと赤ちゃんの腕に触れていました。

 

この場所にあったら、シドが上手に取ることは難しいかもしれませんね。

 

みかねたオーナーさんが

その様子を見たオーナーさんは、代わりにボールを取り転がしてあげました。

 

それにすかさず反応するシド。

 

(ガッ!)

 

この素早い動きを見れば、いかにボールへの情熱が大きいものか伝わります。

 

オーナーさんにとってもらってよかったね…と思ったその時。

 

シドは思ってもみない行動を見せたのです。

 

まさか…最初からそのつもり?

そこでシドが見せた行動がこちら。

 

(コロン…)

 

なんと、せっかく手にしたボールをすぐに口から離しそのまま転がしたのです。

 

しかも赤ちゃんがいる方をあえて狙うように…。

 

(コロコロ)

 

赤ちゃんに触れていることで取れずに困っていたのだと思ったら…。

 

赤ちゃんと“一緒に”ボールで遊ぼうとしていたのですね。

 

その証拠に、シドの視線は何度も赤ちゃんに向けられているのです。

 

そして転がしたボールは再び赤ちゃんの元に返されました。

 

そのままそばに立ち、赤ちゃんの動向を見つめるシド。

 

すると赤ちゃんは、転がってきたボールに触れて…えいっと勢いよく飛ばしました!

 

もちろん、ゴキゲンに動いていた腕が偶然飛ばしたという状況でしょう。

 

しかし、シドが思い描いたであろうお遊びの光景にしっかり繋がったようで、飛ばされたボールを瞬時に追いかけていったのです。

 

(アグッ!)

 

ボールを飛ばしたことは偶然が重なったこと…とは言え、シドが赤ちゃんと遊ぼうとしていた心はきっと本物。

 

実際に動画を見ればきっと伝わるでしょう。

 

何度も赤ちゃんに視線を送るシドからは、その心の内が漏れているようでしたからね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sid the Frenchie(@sid_the_french.ie)がシェアした投稿

 

フレブルは子どもっぽい性格なんて言われがち。とは言えこのように、まるでシッターのような仕草を見せることは多々あります。

 

普段とのギャップを感じる分、よりその心が愛おしく思えてたまりませんよね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ほれ、泣くでない!(ベローン)」赤ちゃんの面倒見が良いフレブルの心優しい行動に、胸のポカポカが止まらない!【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧