2021年11月7日1,479 View

【エッセイ】SNSで繋がったブヒ友と初めて飲んで「意気投合」しまくった話し。『ブヒ母さんの会』はめちゃくちゃアツかった。

フレブルオーナーに個性的な方が多いというのはもはや定説。当サイトでもフレブルオーナーあるあるを(勝手に)考察していますが、やっぱりこれは思い込みとかじゃない。先日、そう強く感じる場面に出くわしました。その場面とはフレブル母さんの飲み会。その日、たまたま同じエリアにいた筆者のもとに1本のダイレクトメッセージが入ったのです。その送り主は以前レジェンドブヒで取材させていただいたママさんで、同じく筆者もインスタで繋がっているフレブルオーナーさんと飲んでいるとのこと。ええ、もちろん速攻で合流しました。そしてそこで体感したのは、それはもう凄まじいほどのフレブル愛だったのです。

昼から乾杯、そして話題の中心はやはり!

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Marko Subotin/shutterstock

「今から行きます」と私が向かった先は昼飲みOKなクラフトビールのバル。パワフルなブヒ母さんたちは昼飲みをされていました。

 

もうこの辺りからフレブルオーナーの自由な気風が駄々漏れていますよね。

 

平日やで、午後3時やで、と突っ込みながらも筆者も迷わずビールを注文。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Marko Subotin/shutterstock

 

すでにブヒ母さん達は盛り上がっており、その様子を見た筆者は2人は長年の友人なのだろうと推察しました。しかし聞いてびっくり。

 

時々犬イベントで顔を合わせていたしSNSで繋がってはいたけれど、一緒に飲むのはこの日が初めてというではないですか。

 

いやあ、フレブルがフレンドリーな犬種なら、そのオーナーもやはり開放的。

 

そしてそこで交わされる会話は様々ですが、ふた言目にはフレブルの話題に。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

bozsja/shutterstock

 

そこはやはりブヒ母さん、愛ブヒと一緒に出かけられるスポットやいかに彼らが健康に過ごせるかといった話で盛り上がります。

 

中でも驚いたのは、フレブルを含む現在の“里親募集のあり方”やペット需要の上昇に伴う“飼育放棄の実態”、日本の“ペットに対する法整備”など。

 

オーナーひとりひとりが、とても真摯に犬と暮らすということに向き合っている点でした。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Massimo Pollani/shutterstock

 

「この子達の10数年を必ず幸せにする」ために、フレブルを取り巻くアレコレについてもちゃんと意見を持っている。

 

これってすごいことではないでしょうか。

 

フレブルオーナー謎多い説。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

hedgehog94/shutterstock

杯を重ねるたびにフレブル愛もヒートアップ。

 

当然フレブルの話に終始するのですが、ここで話題に上って笑ったのが『フレブルオーナー私生活が見えない説』。

 

確かにSNSを見ていると、一体何のお仕事をされてるんだろうと疑問を抱くブヒオーナーさんが多いことに気づきます。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

siriwat sriphojaroen/shutterstock

 

平日に高級外車で愛ブヒと贅沢ランチを楽しむ人や、常に個性的な装いで明らかに会社員ではない雰囲気の人などなど。

 

SNSで相棒との私生活を発信してはいるけれど、実際にその背景が全くもって謎な人が多すぎます。生活感がない感じとでもいうのでしょうか。

 

まあそんな会話で盛り上がるブヒ母達も決してOLには見えず、昼間から飲酒して盛り上がる謎な女達なのですが

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

LightField Studios/shutterstock

 

そして「ライフスタイルがおしゃれな人が多い」という意見も。うんうん、納得です。

 

お散歩スタイルも気を抜かずブヒとのリンクコーデをしているというのもフレブルオーナーっぽい。

 

が、ここで母さん達は「あんなんできる? 夏の朝なんか日の出前勝負やからほぼ寝巻き、顔も日焼け止めベターっと塗ってヨレヨレで出ていくわ」と超絶リアルな意見も飛び出します。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Lee waranyu/shutterstock

 

はい、筆者もそう。

かろうじて塗った日焼け止めもちゃんと伸ばさないので白ムラ状態。

 

ライフスタイル素敵説に関してはここで完全に二分されました。

 

他にもフレブルオーナーあるあるとしては、休日のお出かけはブヒ連れで入れる場所しか行かない“10歳オーバーのブヒオーナーは特に繋がりが強いというものも。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

KarinR/shutterstock

 

確かに10年前はまだ今ほどフレブルと暮らす人が多くなかったため、今以上にオーナー同士の同志感が強固だったのかもしれませんね。

 

ブヒ友と会わないって勿体無いかも!

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Rosanne de Vries/shutterstock

これだけSNSが浸透している現在、見ず知らずのブヒオーナーさんと繋がるのは日常のこと。

 

集まった母さん達も、SNSを介し初めましての人からのアドバイスやエールを送ったり受け取ったりという経験をたくさんしていました。

 

思うにブヒオーナーって、ウチの子以外のフレブルに対しても愛が深いんですよね。

 

うちの子が幸せならそれで良いではなく、世のフレブルみんなが幸せであって欲しい。そのために自分に何ができるかなってことをとても意識されています。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

yhelfman/shutterstock

 

だから皆さん良い意味で世話焼きな面があるのだと。

 

また、初対面同士でもSNS経由で共通のブヒ友がいることも多く、ほぼ共通の知人ならぬ知ブヒがいる状態に。

 

こういった背景があるからか「いきなり飲みましょう!」という場面でも旧知の仲のように盛り上がれるのでしょう。

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Rybakova Aliona/shutterstock

 

年末を前にようやく全国の緊急事態宣言も解除され、再びグラスを交えながら楽しいひと時を過ごせる日常が少しずつ戻ってきました。

 

中には人見知りでそういうのは苦手だと思っている人もいるかもですが、もしチャンスがあればぜひブヒオーナー同士の飲み会に参加してみては?

 

それはもう、尽きないブヒ話に時間を忘れること請け合いなんですから。

 

おわりに

フレンチブルドッグ,オーナー,愛情

Amornpant Kookaki/shutterstock

今回初めてフレブル母さんの飲み会に参加し、改めてブヒオーナーさんの個性や優しさ、おおらかさに触れました。

 

私たちの共通点はフレブルが大好きだということだけかもしれないけれど、それって何より強力な共通点。

 

癖強め犬種を愛する癖強め母さんの会は「必ず次も集まりましょう!」と幕を閉じましたが、ちなみに皆さん、癖も強いが酒も強い猛者の集まりだったことをこっそり報告しておきます(笑)。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

フレブルオーナーは「夜遊び大好き派」が多い!【アンケート結果を考える#1】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧