2021年12月9日1,871 View

フレブルとの年末年始を楽しくする方法って?彼らのまあるい生き方に習う。

眠たいときにはどこでもどんな姿でもスヤーッと爆睡。遊びたいスイッチが入れば周囲を気にせず暴走開始。お腹が空いたらご飯はまだかと急かして、甘えたい気分の時はすかさず足の間にピットイン。これ、どの家のフレブルにも共通するあるあるですが、時々こんな風に欲求のまま生きられたらどれほど幸せなんだろうと彼らが羨ましくなります。まるっと真似するわけにはいかないけれど、私たちも時には肩の力を抜いてフレブル的ライフを送りストレス解消してみてはいかがでしょうか?

休みの日に真似したいブヒ的生活

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Sbolotova/shutterstock

 

今年もどんどん残り日数が少なくなり、あっという間に年末は目前。毎年この時期は妙に気持ちが焦って空回りしてしまいがちです。

 

アレもコレもしなくちゃいけないのにやる気が出ず、結局罪悪感を抱えながらだらだら過ごしてしまうなんてこと、筆者はしょっちゅう。

 

これ、罪悪感を感じるからリラックスできていないわけで、腹を括って「今日はゴロゴロするんです」と決めてしまえば疲れをリセットできる有意義な休日になるのになぁ。なんて感じることも。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Ustyle/shutterstock

 

思えば私たちは生活のほとんどを仕事や家事に費やして、意外と自分だけの時間というのは持てていないのかもしれませんね。

 

もちろん仕事も家のことも大切だけど、常にやるべきことに追われているというのは心の健康上あまり良くはないのかも。

 

だから時にはフレブルを見習い、気ままな時間を過ごしてみるのはいかがでしょう。

 

とはいえ何かと多忙なこの時期、そんなゆとりなんてないわよ〜なんて思うかもしれません。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Tienuskin/shutterstock

 

でも例えば3時間、半日、夕方から寝るまでの時間など、今から何時までと決めてしばし日常からエスケープすることなら可能なのでは?

 

その時間は好きな本を読んだり映画を観たり、ただぼんやりとしてもOK。

 

これっていわば自分でできるストレスのデトックスなんです。

 

オーナーである私たちが笑顔でいること。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Beka31/shutterstock

 

ストレスの怖さというのは、フレブルはじめ生き物と暮らしている人はよくご存じのはず。

 

人間もフレブルもストレスが少ないほど長生きできるように、日々の苛立ちや疲れをこまめにリセットしなければそれは積もり積もってストレスとなり、やがて病の原因になり得るのです。

 

例えば普段お気楽かつマイペースに過ごすフレブルだって、大好きなオーナーさんがピリピリしているとその空気を感じ取って萎縮してしまうもの。

 

つまりね、私たち、つまりオーナーである人間の状態が愛ブヒにも大きな影響を及ぼすんです。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

GH Studio/shutterstock

 

よく「空気を読む」なんて言いますが、フレブルはオーナー大好きでとにかくオーナーさんの発する空気感を読むのに長けた犬種。

 

甘えん坊で共感力があるだけに、私たちの精神状態がダイレクトに伝わるんです。

 

だから愛ブヒにストレスをかけないためにはまず私たち自身がハッピーな毎日を過ごすこと。これ、意外と真理なんですよ。

 

じゃあどうやってハッピーでいるか。

 

それはね、やっぱり自分の好きなことに集中する時間を持つこと。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Branislav Nenin/shutterstock

 

それは昼寝でも手芸でも運動でも良くて、今自分に足りていないと感じる「好きなことをする時間」を捻出することで日常のイライラの多くは解消できるのかも。

 

もしそれが自分ではどうにもならないことなら、無理せず周囲に協力を求めるのもひとつの手。

 

差し迫った締め切りなどがないのなら、1日のうちの半分くらい気ままに過ごしたってどうってことないのです。

 

年末の忙しなさに飲まれないこと。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Alekcey-Elena/shutterstock

 

今年中にやろうと思ってたことリストを今更思い出し焦る今日この頃。

 

年の瀬を控えた今、大掃除にクリスマスの準備、年末年始用の計画など、やるべきことは山のようにあるかもしれません。

 

でもこの「忙しなさ」というのは結構危険で、何となく気が急いているから起きるトラブルってあるんですよね。

 

例えば1年で最も交通事故が多いのも12月だし火災も少なくありません。

 

こういった少しの不注意が引き金となるトラブルは特に年末に増加し、同様に愛犬の脱走や迷子なども不注意から起きてしまうことが多々あります。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Pixel-Shot/shutterstock

 

別に大掃除の手を抜いても新年は来るし、クリスマスに大袈裟な料理がなくたって商店街のお惣菜でもいいじゃないの。

 

そのくらいのゆるい気持ちでいれば、世間の忙しなさに飲まれずマイペースに過ごせるはず。

 

そう、お手本は今あなたの横でイビキをかいているフレンチブルドッグ。

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

Susie Hedberg/shutterstock

 

焦らずのんんびり、いつでもペースを崩さずにというのは実は難しいことだけれど、日々の慌ただしさに飲まれそうになったら一旦深呼吸をしてリラックスを。

 

基本的に私たちがしている仕事や家事は人生や暮らしをよりよく快適にするためにしていること。

 

だからそれによって心が追い込まれると本末転倒なんです。頑張りどころというのは確かにあるけれど、適当に息抜きをすることがアナタもブヒも笑顔を保てる秘訣なんですよ。

 

おわりに

フレンチブルドッグ,生き方,お手本,工夫

hedgehog94/shutterstock

 

気ばかり焦って何ひとつ出来ていない。

こう感じる人が爆増するのが年末ですが、その焦りがストレスとなって周囲を巻き込んでしまうと赤信号。

 

いつもアナタを観察しているフレブルにもその苛立ちは伝播するし、何より自分がしんどいと愛ブヒのお世話だって気もそぞろに。

 

疲れやストレスが引き起こすケアレスミスが大きな事故にならないよう、忙しい時期こそリラックスとリセットを大切にしてくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【犬を愛するすべてのひとへ】ノーリードで散歩中、車に轢かれそうになっても平気な顔をしていた夫婦に学んだこと。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧