2022年4月2日1,476 View

紫外線は犬の健康にも影響が!?暑くなる前に知っておきたい『ペットのUVケア』

日差しが強くなる今の時期から、すでに本格的なUVケアを始めているという人は多いでしょう。そう、これからの季節特に気になるのが紫外線。実はこの紫外線というもの、人間だけでなくフレブルたち犬にとってもかなり厄介なもの。しかし日光浴が大好きという子はかなり多く、もしかしてそれもダメなの? なんて心配になるかもしれません。紫外線と聞くと反射的に「浴びたくない」と思ってしまいますが、もちろん悪い面もあれば良い面もあるので、ギラギラ太陽の季節が到来する前に、紫外線が犬に及ぼす影響について知っておきましょう 

肌と目に与える影響はかなり大きい 

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

kwanchai.c/shutterstock

暑さにめっぽう弱いフレブルたちは、熱中症を防ぐため真夏の昼間に屋外に出ることはまずないと思います。

 

しかし正午から14時頃までの最も日差しが強い時間帯に冷房の効いたお部屋で日向ぼっこをしている、なんてシーンは多くみられそう。

 

人間もそうだけれど、強い紫外線を長時間浴びることは体にとってマイナスで、特に影響が大きいのは皮膚と目。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Tienuskin/shutterstock

フレンチブルドッグはもともと皮膚も目もあまり丈夫ではない犬種なだけに、紫外線によるトラブルはなんとしてでも回避したいものです。

 

では具体的に強い紫外線を浴びることでどんな病気を引き起こすのかを調べてみると、まず皮膚に関しては扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)と呼ばれる皮膚癌や紫外線による皮膚アレルギー、天疱瘡(てんぽうそう)と呼ばれる、主に顔や耳などにできる膿を含んだ湿疹など

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

MeBream/shutterstock

皮膚トラブルは一度発症すると治るまでに時間がかかるため、まずはトラブルを起こさせないことが肝心です。

 

次に目ですが、一番気をつけたいのが白内障。

 

そもそも犬は夜行性であるため人間の目よりも紫外線に弱いと言われており、強い紫外線をたくさん浴びると白内障の発症や悪化リスクが高まるのです。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Tienuskin/shutterstock

もちろん白内障以外にも目の病気に悪影響を及ぼすため、現在目の疾患を抱えている子はいっそうのご注意を。

 

これらの病気リスクを避けるには、何より紫外線が強くなる5月〜9月頃までの昼間は外に出さないこと。

 

これは熱中症予防の面でもお約束なんですよ 

 

悪いことばかりじゃない日光浴のメリット。 

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Patryk Kosmider/shutterstock

筆者の愛ブヒも日向ぼっこが大好きですが、日差しを浴びることで得られるメリットもかなりあるのです。

 

例えばビタミンDは骨や歯を維持するため必須の栄養素ですが、犬は、日光にあたることでビタミンDを体内で合成できます。

 

それに体内時計をリセットして体のリズムを保つためにも有効で、幸福ホルモンといわれるセロトニンや、睡眠ホルモンのメラトニンなど調整してくれるのも日光の恩恵。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

kuban_girl/shutterstock

それに日光には殺菌効果もあるため、適度な日光浴は皮膚病の予防にもなるんですよ。

 

まさに紫外線って毒にも薬にもなる存在で、浴びる時間帯や量を調整すれば日光浴が健康維持の秘訣になり得ることも。

 

しかしこれはあくまでも「適度な日光浴」で得られるメリット。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Raymond Voskamp/shutterstock

だからこそ日向ぼっこをさせるタイミングに気を付けたいのですが、紫外線が強い時期は早朝など涼しい時間帯に15分程度が目安。

 

中にはハイシニアで自分で思うように動けないブヒもいると思いますが、そういった子はオーナーさんの見守りのもと、適切な時間内で日光浴してくださいね。

 

ちなみに、ブリンドルなど被毛が黒いブヒは紫外線を集めやすいけれど、紫外線による病気リスクが高いのは被毛が白や明るい色、または淡い色の犬種、さらに短毛の犬種だと言われています。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Patryk Kosmider/shutterstock

特にお腹周りなど毛の生えていない部分は被毛部分よりもダメージを受けやすいので覚えておいてくださいね。 

 

UV対策グッズを活用して 

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Chedko/shutterstock

一番の紫外線対策は日差しの強い時間帯の外出を避けることですが、これから夏が近づくにつれて嫌でも日差しは強烈になってきます。

 

その対策として様々なペットグッズを取り入れるのがおすすめ。

 

今やお洋服からペット用の日焼け止めまで人間顔負けのUVケアグッズが売られているので、まずはお洋服をUVカット仕様のものに着せ替えたり、お散歩前には日に焼けやすい顔まわりを中心に日焼け止めを活用して。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Chendongshan/shutterstock

日焼け止めは、シートタイプやスプレータイプ、スティックタイプと使い勝手に合わせて選べるほどバリエーションがあるんですよ。

 

また、普段室内で日の当たる場所をマイスペースにしているブヒの場合なら、室内での日差し対策として窓にUV遮断フィルムを貼る、カーテンを紫外線カットのものに変えるのなども有効。

 

なお、お散歩時に紫外線の影響を受けやすいのは鼻や耳、目といった顔まわりだけでなく、地面からの照り返しがあり、かつ毛が薄いお腹周りや太腿の内側なども注意が必要。

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Kittibowornphatnon/shutterstock

日焼け止めを使う際には、これらの部位を特に念入りに塗ってあげましょう。 

 

 おわりに

フレンチブルドッグ,健康,紫外線,UVケア

Kittibowornphatnon/shutterstock

シミやシワの元になる紫外線はイヤ〜! と悲鳴を上げているのは私たちだけでなく、日向ぼっこが大好きなブヒとて同じ。

 

自分でUVケアができない彼らのために、オーナーさんがしっかり対策をしてあげることが大切です。

 

なお、紫外線の強い時期は散歩から帰宅した時に、皮膚などに異常がないかチェックすることもお忘れなく 

 

 

 こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ノミ&ダニ駆除薬やフィラリア予防薬は『愛ブヒに一生与える薬』だからこそ知識を!【健康は“知ること”から】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧