2017年6月22日1,737 View

【取材・ハワイ】大注目のペットグッズショップ「The Public Pet」に行ってきました

きれいな海に、さらっと心地よい風。日本人に大人気のリゾート地「ハワイ」。

フレンチブルドッグオーナーにも、毎年何回も行っている!というツワモノもいますよね。

そんなハワイ(オアフ島)に、セレクトショップ型のペットグッズのお店「The Public Pet(ザ・パブリック・ペット)」がオープンし、話題になっています。

 

ハワイ在住のFBL編集部が、取材を決行。地元愛にあふれるお店のコンセプトなど、たっぷりお話しを聞いてきました。

この記事のタイトルとURLをコピー

The Public Petってどんなお店?

「The Public Pet(ザ・パブリック・ペット)」は、世界各国のペットグッズを厳選して取りそろえた、ハワイ初のペット専門セレクトショップ。

 

ワイキキビーチから車で10分ほど東に行った街、カイムキにあります。

 

こちらが「The Public Pet(ザ・パブリック・ペット)」の外観。

お店の窓にも写り込んでいるように、The Public Petはマンションに囲まれた街の中にあります。

 

地元に溶けこんだお店という感じで、この日もたくさんのロコ(ハワイの地元の人)が訪れていました。

 

お店の側面には、ハワイといえば!の素敵なウォールアート。

 

お店に入ると、ハワイらしく「Aloha」の札を持ったわんこがお迎えしてくれます。

 

キーワードは「ローカル愛」と「家族愛」

フレンチブルドッグハワイThe Public Pet

「The Public Pet」は、昨年2016年の2月2日にオープンしたばかり。開店から、まだ1年しか経っていません。

 

お店のオーナーのひとり、ジョーダンさんにインタビューをさせていただきました。

 

ーーThe Public Petを開店するに至った経緯を教えてください。

「わたしたちは、長い間サンフランシスコに住んでいました。そこで見たのがサンフランシスコの人たちと犬との暮らし。

 

犬は家族、だからもちろんフードの内容物ひとつひとつにまでこだわるし、ハーネスだってリードだって質の良いものを使ってあげたい。

 

サンフランシスコのドッグオーナーたちにとって、犬とは彼らの子供であり、家族でした。

 

残念ながら、ハワイに戻ってきたわたしが見た人間と犬との暮らしはサンフランシスコのそれとはあまりにかけ離れていました。

 

ハワイにはまだ安心して犬のためにお買い物をできるお店がなかった。それなら自分がオープンしよう!ということでお店の開店を決めました。」

 

インテリアデザイナーとして働いていたジョーダンさんのセンスが光るお店のレイアウト。さすがホノルルで一番人気、フレンチブルドッグの絵もたくさん飾ってありました。

 

ーーイチバンの売れ筋商品は何ですか?

「地元のお客さんに人気なのはなんといってもフードです。わたしたちがこだわるのは素材。野生の犬たちって、動物を狩って食べていたんですよね。

 

野菜を狩って食べていたわけじゃない。だから、わたしたちは特に肉にこだわっています。

 

オーガニック専門の高級スーパーマーケットWhole Foods(ホールフーズ)が 仕入れているのと同じ牧場から鶏肉を仕入れてドッグフードにしているブランドのフードもあるんですよ。」

 

オーガニック素材にこだわったフードやケア用品の数々。奥には冷蔵庫に入ったフードやおやつが並びます。

 

ーーフード以外に、お店のこだわりがあったら教えてください。

「地元のデザイナーやクリエイターとのつながりを大切にしています。

 

以前から個人的にも付き合いのあるハワイ出身のデザイナーに「ペットグッズのデザインをしてみないか」と持ちかけてみたり、彼らを呼んでイベントを開いたりしています。

 

最近では、ハワイローカルの陶芸デザイナー、ディー・オリビアさんを呼んでお客さんと一緒に“愛犬の手形をとろう”というイベント、アニマルコミュニケーターのエイリーン・アベさんを呼んで“愛犬の気持ちを聞いてみよう”というイベントを開催しました。

 

どちらも大盛況でした。」

 

ローカルアーティストの作品は、もちろんここThe Public Petでしか手に入らないものばかり。

 

日本からのお客さんももちろん大歓迎!レアなおみやげもたくさん!

ハワイのアーティストとのコラボレーション、ハワイ生まれのフード…地元にこだわるThe Public Pet。日本から観光で訪れたお客さんへのグッズ、イベントもあるそうですよ。

 

ーー日本からのお客さんにオススメのものは何ですか?

「遠くから来たお客さんには、カラーやリードが人気です。ほとんどがThe Public Petでしか手に入らない特別なものなので、日本のおしゃれな愛犬家の方にも気に入っていただけると思います。

 

もちろん耐久性も抜群、使い心地にもこだわっています。」

色とりどりなリードとカラー。どれにするか迷ってしまいそうですね。

 

ーーThe Public Pet限定のものはほかにもありますか?

「リードのほかには、人間用のTシャツも限定で作っています。

 

The Public Petのロゴが入ったものはもちろん、ちょっとおもしろいメッセージの入ったシャツもありますよ。」

 

ロコたちに大人気という“Dogs & Day Drinking(犬&昼間からお酒を飲むこと)”シャツ。ジョーダンさん「ボクの大好きなふたつを並べてみました(笑)」

 

ーー日本からのお客さんに、メッセージをお願いします!

「限定のアイテムもオススメですが、週末に開催されるイベントには、エッセンシャルオイル作り、レモングラスオイルを使った天然の虫除けスプレー作りなど、愛犬と一緒じゃなくても参加できるものがたくさんあります。

 

日本語がわかるスタッフがいるわけではないけど、わたしたちが丁寧にお教えしますよ!是非お気軽に来てくださいね。」

 

※イベントによっては事前にインターネットから予約しなければいけないものもあります。

イベント予定はこちらから→The Public Pet-Events

 

 

オーナーのマットさん(左)とジョーダンさん(右)。お忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました!

 

 

ハワイから、こだわりたっぷりのわんこ用品ショップ「The Public Pet」をご紹介しました。英語がわからない方でも、オーナーのお二人の笑顔で楽しくお買い物できること間違いなしのショップです。

 

ハワイへご旅行の際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

取材中、偶然お店に遊びに来たフレンチブルドッグのオリーブちゃん。運がよければ、地元のフレブルにも会えるかもしれません。

 

【The Public Pet】

住所:3422 Waialae Avenue, Honolulu, HI 96816

電話:808-737-8887

営業時間:Mon-Fri 午前10時-午後6時 / Sat+Sun 午前10時-午後4時

※営業時間については事前にWebサイトをご確認ください

公式Webサイト

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事