2022年6月22日1,884 View

【最先端の熱中症対策!】外出先からエアコン操作、愛ブヒの様子が見える「スペース・コア」のススメ

熱中症が不安なこの時期。とくに留守番中は「冷房が効いてるかな?」と一日中ソワソワしてしまいます。

今回ご紹介するのは、最先端の熱中症対策。スマホとインターネット環境があれば、いつでもどこでも温度管理ができて愛ブヒの様子をチェックすることができます。

今の時代、知らないとちょっぴり恥ずかしい!? 自宅をスマートホーム化してくれる「スペース・コア」が便利すぎるのです!

 

(sponsored by 株式会社アクセルラボ)

【夏のお留守番が心配】熱中症対策、どうしてる?

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

Smith_22/shutterstock

夏のお留守番は、どのような熱中症対策を心がけているでしょうか。

 

冷房を24時間つけっぱなし、カーテンを閉めておく、日のあたる場所にベッドを置かない。

 

など、フレブルオーナーはあらゆる角度から対策をしているはず。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

Tienuskin/shutterstock

 

それでもやっぱり夏のお留守番が心配なのは、オーナー自身が「部屋の温度を体感できない」からではないでしょうか。

 

冷房はちゃんとついてる…? 日のあたる場所で寝ていない…? 一日中ソワソワ。

 

その場にいなくても自宅の温度・湿度や愛ブヒが寝ている場所を把握できたら、とっても安心できますよね。

 

最先端の熱中症対策!スマートホーム化のススメ。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

そこでオススメしたいのが、自宅をスマートホーム化すること。

 

スマートホームとはIoT(モノのインターネット)やAIを使って、より快適な暮らしを実現することをいいます。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

 

スマホとインターネット環境があれば、外出先からエアコンやテレビの操作ができ、鍵の開け閉めなども可能に。

 

とくにエアコン操作は今の時期に大活躍! これぞ最先端の熱中症対策です。

 

業界最大級の「スペース・コア」が便利!

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

スマートホーム化にあたり、わたしたちがオススメしたいサービスは「スペース・コア」。

 

エアコンやテレビ、音楽など連携できるデバイスは業界最大級の20種類以上!

 

だからこそ利便性が格段に向上し「夏でも安心のフレブルライフ」を実現してくれます。

 

今回は熱中症対策のために取り入れたいデバイスを4つご紹介しましょう。

 

 

①こいつがボス!すべてのハブになる「スマートステーション」

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

自宅をスマートホーム化するには、さまざまなデバイスと連携する必要があります。

 

いわばボスのような存在を担うのが「スマートステーション(Smart Station)」。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

「サイズ110.8×110.8×28mm」だからコンパクト

 

まずはこれを設置することで、遠隔からあらゆる操作が可能になります。

 

 

②室内の温度、湿度、照度を感知!「環境センサー」

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

つづいては、外出先から部屋の温度・湿度・照度がわかる「環境センサー(CUBE Environmental Sensor)」。

 

温度などを知りたい場所に設置するだけで、専用アプリからいつでもどこでもチェックすることができます。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

「サイズ:38.4×38.4×16.2mm」3M製の強力粘着テープが同梱されているので、壁や家具などに貼り付けることも可能。

設定温度を超えたら「通知+自動」で家の環境を守る!

事前に「ルール化」しておくことで、アプリに通知がくるのも安心できるポイント。

 

たとえば室温28℃以下を保ちたい場合、そのようにルール化しておけば「28℃を超えたとき」に通知がきます。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

 

それだけでなく、温度や湿度の情報をもとにエアコンなどの家電やカーテンなどの設備も自動で動かせるのです!

 

「家が自動で」愛ブヒを守ってくれる時代。安心なうえに、オーナーさんが小まめにチェックする必要がないのも助かります。

 

 

③遠隔でエアコンをつけられる!「スポット ミニ」

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

部屋の温度がわかっても、冷房をつけられなければ意味がありません。

 

「スポット ミニ(SPOT Mini)」を設置すれば、専用アプリからエアコンの操作が可能に。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

「サイズ:φ79.5×H25mm」

 

もちろんON/OFFだけでなく、温度設定や機能切り替えもできます。

 

さらにはテレビや照明、サーキュレーターなど、赤外線リモコンで動くほとんどの家電を遠隔で操作できるので、さまざまなシーンで役立ちます。

 

 

④広範囲で見渡せるペットカメラ!「インドアカメラ」

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

さいごは、愛ブヒの今がわかる「インドアカメラ(INDOOR CAMERA)」。

 

愛ブヒの動きに合わせて水平垂直方向に回転するので、広い範囲で見渡すことができます。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

「サイズ:70×70×110mm」の超コンパクト型

 

解像度は1,080 p(フルハイビジョン)なので表情もよくわかり「ハァハァしていないか」などのチェックも可能。

 

寝る場所によって室温も異なりますから、暑そうにしていたら冷房の温度を下げてあげましょう。

 

またSDカードを入れれば録画もできるので、帰宅後に日中の様子を見返すこともできちゃいます!

 

 

更なるメリットは「ひとつのアプリ」で完結すること!

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

連携デバイスの種類が圧倒的に多い「スペース・コア」のメリットは、たったひとつのアプリで全部できちゃうこと。

 

近年ペットカメラを取り入れるご家庭が増えましたが、見るためにはまた別のアプリを起動させなければいけません。

 

「スペース・コア」シリーズで統一すれば、エアコン操作も室内の温度管理も愛ブヒの様子見まで、同じアプリ内で完結します。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

 

すでに18,000戸のご家庭で使われ、アプリの使用頻度は有名SNSと同じくらい。

 

それだけ暮らしに溶け込むと同時に、使いやすく便利なことを物語っています。

 

編集部「これがない夏を想像するだけでゾッとする…」

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

フレブルと暮らす編集メンバーも、ほとんどがスマートホーム化しています。

 

エアコン操作はもちろんのこと、自宅の解錠・施錠もすべてアプリから。

 

自宅にリモコンをおく必要がないので誤飲防止になりますし、お散歩時の鍵の開け閉めも楽チン。

 

なにより、夏場は小まめに気温をチェックして冷房の温度を調節できるのがありがたい。

 

使っていなかった頃が恐ろしいほど、夏には欠かせないアイテムになっています。

フレンチブルドッグ,スペースコア,スマートホーム

 

今回は熱中症対策に役立つシリーズを紹介しましたが、「スペース・コア」は他にもカーテンの開閉や、照明、床暖房、ふろ給湯器のON/OFFなど、あらゆるものと連携できます。

 

ライフスタイルに合わせて暮らしに役立つアイテムを選んでみてくださいね。

 

本格的な夏がやってくる前に、今から取り入れましょう!

 

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧