2017年1月19日1,327 View

【ハワイ】往診の獣医さん 〜フレブルライフinハワイ〜

ハワイにも、獣医師が自宅へ診察にきてくれる「往診」があるんです。 ネビル家(デューク&シャーロット)のかかりつけ医は、オアフ島で300頭のペットたちを診ている、スコット・オズグッド先生。 自宅で診察していただいた時の模様をお届けです!

 

ハワイでフレブル2頭とのんびり暮らす、ネビル家の連載企画。「フレブルライフ in HAWAII」を写真満載でお届け!

この記事のタイトルとURLをコピー

アロハ!ネビルあゆみです。

今日は、デュークの予防注射&定期検診のために獣医さんが我が家に来てくれていました。

フレブルハワイ

「きょうは何をするんだろう・・・」ふたりともドキドキ。

 

家族の前ではいつも強気なデュークも先生の診察がはじまるとこの顔です。

フレブルハワイ

 

「心臓の音も、歯も問題ないねー」

フレブルハワイ

 

「ハイ、チーズ!」

フレブルハワイ

ド緊張のデュークと一緒に写るこちらのイケメン先生がブヒきょうだいのかかりつけの獣医さん、スコット・オズグッド先生です。

 

とってもフレンドリーでお茶目なオズグッド先生は往診専門の獣医さん。

 

オアフ島の地図で見るとだいたいこのくらい、ご自身が住むホノルルを中心に島の3分の1ほどをわんこやにゃんこを診てまわっているんです。

 

なんと、その患者さんの数は300を超えるんだとか。

フレブルハワイ

 

診察に必要ないろいろな機器が詰まった大きな車と大きなバッグで移動する先生。

フレブルハワイ

 

オズグッド先生が持ってきた機器たちで診察室へと早変わりするネビル家のリビングルームです。この白い体重計だけでもすごく重いのに、以前はこれを持ってワイキキに住んでいたわたしたちのもとへ歩いて来てくれたこともありました。

フレブルハワイ

 

緊急時や困った時には、携帯電話にメッセージを送ると適切な指示をくれるオズグッド先生。

 

わたし「先生、デュークの毛が抜けてるんだけど大丈夫かなあ・・・?」

 

フレブルハワイ

 

先生「何かに感染したみたいだね。以前あげた薬用シャンプーで様子を見てみて」

フレブルハワイ

 

ほかにも緊急病院へ行くほどの症状かを教えてくれたり、人間用のお薬での応急処置を教えてくれたり・・・。いい獣医さんに診てもらえてしあわせだね、デューク!

フレブルハワイ

「ぼく、つかれた」(注射が嫌で暴れ疲れたデューク)

 

デュークの診察の間、洗面所に閉じ込められていたシャーロットを忘れずに救出して・・・

フレブルハワイ

「もう出ていいのかな・・・」

 

今日も、慌ただしくて楽しい1日をすごしたネビル家でした。

 

ハワイから、ネビルあゆみがお伝えしました♪マハロ!

おすすめ記事

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー