2018年4月3日1,908 View

新連載【長野へ移住】田舎でフレブルライフ[vol.1]

こんにちは。フレンチブルドッグちゃも、はじめて物語」を連載していたFBLライターの石川です。この度、より自然に近い環境で暮らすため、今まで住んでいた東京から長野へ移住をすることになりました。

住み慣れた環境を変えることには抵抗がありましたが、理想の暮らしのため、ちゃもとも一緒に田舎暮らしを楽しみたいと思います!

この記事のタイトルとURLをコピー

フレンチブルドッグと田舎へ移住

 

chamoさん(@hey_chamo)がシェアした投稿 -

愛ブヒの「ちゃも」と、僕たちが理想とするフレブルライフを満喫するために、東京から長野県の田舎へ引っ越すことを決意。

 

バックパッカーとして500日間世界中を旅した経験があるものの、愛ブヒといっしょに引っ越しをするのも、田舎へ住むのも初めての経験です。

 

実際に暮らしはじめると様々な問題に気づくと思いますが、フレンチブルドッグと田舎で暮らす上で事前に調べた情報をまとめてみました。愛ブヒと移住をお考えの方は、何かの参考になれば幸いです!

 

1.移住する町の環境

フレンチブルドッグ田舎

移住する町の標高は約700m。フレンチブルドッグは気道が狭いため、標高が高いところが苦手な犬だと言われています。間にとっては大きな問題になりませんが、フレンチブルドッグにとって影響があるのではないか…少々不安なところです。

 

何より大切なのは、今まで以上にちゃもの体調を細かくチェックすること。ハァハァしていないか、呼吸は正常か…自宅でくつろいでいる時も、しばらくは小まめに確認する必要がありそうです。

 

お散歩やドッグランで遊ばせるときも、環境に慣らしながら少しずつペースアップさせた方が良さそうです。

 

2.車での移動

フレンチブルドッグ田舎

車に弱い犬と強い犬がいますが、ちゃもは車での移動が得意ではありません。車に乗ると落ち着かず眠れなかったり、不安を感じて頻繁にあくびをします。

 

東京から長野の移動は約3時間。サービスエリアに寄りながら小まめにリフレッシュしようと思います。談合坂SAや境川PAなどドッグランが併設している場所もあるので、たくさん遊んで疲れて眠ってくれれば良いのですが…。

 

移住先でも、車移動がベースになります。「車に乗れば楽しいことがある」という“オペラント条件付け”などを用いながら、少しずつ車に慣れていってくれればと思います。

 

3.動物病院

東京で通っている動物病院は家から徒歩2分、小さい頃からずっとお世話になっている獣医さんなので安心です。もし相性がイマイチだったとしても、別の病院がすぐに見つかります。

 

しかし、田舎には動物病院がたくさんあるわけではありません。そこで大切なのが、近所に信頼できる(できそうな)動物病院があるか調べておくこと。

 

僕たちが移住する家からは、車で15分の場所に動物病院があります。これは、田舎では充分近い方だと思います。

 

さらに、事前に動物病院の情報をリサーチしておきました。まだお世話になっていませんが、病気になりがちなフレンチブルドッグと暮らす上では欠かせないポイントだと思います。

 

4.他の犬や飼い主とのコミュニケーション

移住前に何度か長野の家に行きましたが、東京に比べて犬に出会う確率が低いことに驚きました。東京では散歩に行く度に近所の犬とコミュニケーションをとれていましたが、移住先では犬や人に出会う機会が減ると思います。

 

その代わり、都内に比べて広いドッグランがあります!自然の中を散歩するのも楽しみですが、たくさんドッグランへ連れて行き、他の犬たちと遊ぶ機会を与えてあげたいです。

 

 

引っ越し当日

さて、いよいよ今日は引越し当日をむかえました。今まで住んでいた部屋がなくなってどこか寂しそうです。

 

引っ越し当日は慌ただしい雰囲気のなか緊張気味だったちゃもですが、談合坂サービスエリアのドッグランで気分転換ができたようです。

 

chamoさん(@hey_chamo)がシェアした投稿 -

 

ドッグランで走り回ったせいか車の中ではぐっすり。順調に長野にたどり着きました。3時間を超える移動でぐったりした様子ですが、大きなトラブルなく新居に到着しました。

フレンチブルドッグ田舎

 

ここからが、本格的な「田舎でフレブルライフ」のスタートです!実際に住み始めると、調べたこととは違うハプニングや予想外のことも発生すると思います。

 

何事も楽しんで、ちゃもにも「ここに住んで良かった!」と思ってもらえるような生活をしたいです。

 

おわりに

フレンチブルドッグと暮らす上で、都会と田舎それぞれメリット・デメリットがあります。田舎に移住することで動物病院が遠くなったり他の犬と触れ合う機会が減ってしまうこともありますが、その代わり田舎にはたくさんの自然があります。広いドッグランで遊んだり、森の中を探検したり…ちゃもといっしょにスローライフを満喫しようと思います。

 

今後は、田舎でのフレンチブルドッグとの暮らしについてお届けします!
フレンチブルドッグと暮らす上で、田舎ならではの良いことや大変なことなど、将来愛ブヒと一緒に移住を考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

いいなと思ったらシェア

この記事のタイトルとURLをコピー

おすすめ記事

  • あなたの愛ブヒがBUHIの裏表紙に!
  • あなたの愛ブヒがBUHIの裏表紙に!