2019年8月25日6,267 View

【動画】(怖いから目そらしとこ)「わん!」フレブルの子犬が未知(大型犬)との遭遇。

人間同士が出会うとき、初めてであればやっぱりどうしても緊張しますよね。それがたとえ似た姿をしていても、同じ言葉が通じたとしても。では、犬同士だとどうなるのでしょうか? 今回はそんな様子を撮影した動画をご紹介します。主人公はフレブルパピーのココちゃんと大型犬であるゴールデンレトリーバーのジョーくん。かなり姿形が違いますよね。言葉は…通じているかどうか…。ちなみにココちゃんは今回、まともに大型犬と絡むのが初めてなのだそう。一体どんな様子だったのか、どうぞご覧ください!

なんだかでっかいのが来た…!

フレブルパピーのココちゃんは今日、オーナーさんの実家にやってきました。そんな実家には、成犬のゴールデンレトリーバー・ジョーくんがいます。

 

自分よりずっと大きくて毛の色もまったく違うジョークくんに対し、ココちゃんはちょっと怖いながらも興味津々。近づいていくのですが…やっぱりジョーくんはすごい迫力。なかなか近づくことができず、動揺したのかどこか変な方向を見ながら小さく「わん!」と吠えました。

 

それもそのはず、体重5キロのココちゃんに対し、ジョーくんは30キロもあるのです。単純計算で6倍もあるものに挑むって、それはなかなか怖いでしょうね。

しかしジョーくんは心優しい性格。終始しっぽを振りながらウェルカムモードでいます。

そんな風に動くしっぽは壁をバシバシと音を立てながら揺らしていて、なんとも微笑ましい!

 

しかし、ココちゃんは心中穏やかではありません。途中、ちょっぴり勇気を出して近づいて見るものの、その揺れるしっぽにバシバシ攻撃され出戻ります。

そして、小さな体で全力の勇気を振り絞り「ワン! ワン!」と威嚇するのですが、ジョーくんは「どうしたんだい?」とでも言いたそうな優雅な表情。全く同じフィールドにはいないのでした。

 

怯えながらも興味があるジョーくんの存在。そんな「未知」と遭遇したココちゃんの様子をどうぞご覧ください!

 

ジョーおにいちゃんは、お散歩上手!

さて、ジョーくんの存在に少し慣れてきたところでココちゃんは一緒にお散歩に出かけることに。

しかしココちゃんは歩く気を見せず、オーナーさんにだっこで歩いてもらう「オーナーさんの散歩」状態でお出かけ開始です。そんな中、ジョーくんは脇目もふれずにどんどん進んでいきます。

一歩一歩進む姿も凛々しくて「さすがは大型犬!」という感じですね。

 

公園についたので、いよいよココちゃんも歩いてみることに。一緒に行った家族みんなに「ココちゃんいくよ!」と声をかけられ、ドキドキしながらも地面に立ちます。そんなココちゃんはやはり少し不安なのか、立ったままドキドキしているのが伝わってくるよう。

 

でもちょっとまだ早かったのでしょうか。ココちゃんは口に入るものを見つけて、食べようとしてしまいます。

その間にジョーくんはフリスビー遊びを開始し、上手にキャッチ! 茂みに投げられるボール探しなんかも楽しんでいました。

 

と、そんな様子を見ていたココちゃんはなんとボールに興味を示し、フガフガブーブーと喜びの「鼻ならし」を見せてくれました! どうやら楽しくなってきたようで、少しずつですが慣れていっている様子です!

 

そんなこんなで、やはり公園で遊ぶことが大好きなフレブルたちはその「遊び心」が恐怖心に打ち勝ち、見事に無邪気さを取り戻して一緒に遊ぶことができたのでした。

そして帰り道では、初対面した時からは想像もできないような、ジョーくんと「一緒に歩く」という奇跡の光景が見られたのです。

 

徐々に関係を詰めていったこの2頭。きっとジョーくんの穏やかな受け入れ態勢がココちゃんに伝わったのでしょう。そして公園で一緒に楽しい時間を過ごし、より絆が強く結ばれたのかもしれませんね。

 

このように、パピーは目を見張るほどに日々成長していきます。ココちゃんも、たくさん遊んでいろんな出会いを経験していってね!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

【動画】フレブルが掃除機に遭遇したら…”三ブヒ三様”の違いが見られた件。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧