2019年7月31日5,395 View

「よいしょっ…」足が短いのではなく段差が高いだけ、とフレブルは言う。

フレブルのムチコロっとした小さな体は、見ているだけでとても癒されるもの。そんな風に、丸くコロコロした体で毎日を生きている…そんな風に考えると、思わず抱きしめたくなるような感情が芽生えますね。中でも特に、親心のように見守りたいシーンが「ちょっとした段差をよじ登る場面」。だって、フレブルの小さな体ではささいな段差ひとつ登ることも大変ですからね。決して長いとは言えない足、軽そうとは言えないお腹を携えているわけですから、大変だろうということは容易に想像がつくでしょう。

ということで今回は、段差を登ろうと健気に頑張るフレブルたちをご紹介します。どうぞ、応援する気持ちで見守ってください!

ベッドぐらいならイケちゃうよ! 

ローベッドの上に登ろうとするのはクリームのピギーくん。丸みのあるおしりがなんとも可愛らしいですね。そんなピギーくんはいま懸命にベッドによじ登っているようですが、その理由は2枚目をご覧ください。どうやらベッドの上でのんびりお昼寝がしたかったようです。ベッドに登りきって、なんだか勝ち誇ったお顔でカメラの方を向いていますね。このくらいの高さだったら余裕なのかも!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐷piggy( ピギー)&👦🏻lil bro(弟っち)さん(@piggy_japan)がシェアした投稿 -

 

自分で登るから邪魔しないで! 

階段を登ろうとする直前のべべちゃん。一歩階段に足を掛けたところでオーナーさんにカメラを向けられていることに気がついたのか、ちょっと困り顔を浮かべてこちらを見ています。どうやらオーナーさんにバレないように上の階に冒険に行きたかったようですよ。でもその間にバレてしまって固まっていたのでしいた。

自分で登ろうとするのはとても頑張り屋さんでエライのですが、止められていることはしちゃダメだよ。

しかし…お家の階段の段差が結構高いようだけれど、そもそも登れたのかは怪しいところですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayaさん(@saya2316)がシェアした投稿 -

 

あとちょっとで届くの…! 

最後は動画でその勇姿をご覧ください。赤い首輪がかっこいいパピーのオリーブくんは、一生懸命コンクリートの段差を登ろうとしています。片足はなんとか段差の上に乗せられたようですが、もう片方の足を乗せるのに苦戦しているようです。しかし、パピーながらに「頑張れば登れる気がする」と懸命に足を動かす姿はなんとも愛おしく感じますね。きっと、好奇心旺盛で向上心の高いオトナブヒになること間違いなし!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🐺French Bulldog🐾さん(@olive_thefrenchfry)がシェアした投稿 -

 

人間にとっては小さな段差でも、フレブルたちにとっては大きな段差。1段登るだけでも一苦労です。その後ろ姿を見ると思わず応援したくなってしまいますが、あまりにも苦戦しているようであれば補助してあげましょう。フレブルは足腰、そして関節が弱い子が多いので、愛ブヒの体を守るためにもあまり無理をさせないでくださいね。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「失敗してもイイ、頑張れ!」フレブルの”おドジハプニング”から伝わるメッセージをあなたに。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧