2019年12月13日3,153 View

敵わない相手とは『顔だけニョキッとウツボ作戦』。フレブルの子犬が、末っ子感全開だ。【動画】

フレブルのまるちゃんは、お兄ちゃんのボストンテリア・ペスくんと暮らしています。しかし2頭は仲がいいのか悪いのか、日々ケンカ…いやプロレスごっこを繰り返しているよう。しかも戦い方には特徴があり、まるちゃんは末っ子感が全開の、賢いようなズルイような戦いで挑んでいるのだとか!?

今日も今日とて、戦っています。

動画は、2頭が仲良く(?)わんプロをしているシーンからスタート。

 

何もない場所でじゃれているのか、戦っているのか…とにかく激しめな2頭。

 

オーナーさんいわく、「仲がいいのか悪いのか、とにかく毎日バトルをしています…」とのこと。

 

そんなわんプロの様子を、ちょっと覗かせてもらいましょうか。

 

分が悪くなると逃げ込むまるちゃん

すると、わんプロが進むにつれてなんだかまるちゃんにとって不利な状況に。

 

しかしまるちゃんにはとっておきの秘策があるのです。

 

それは…「すみっこやクレートなど、狭いところに逃げ込む」というもの! 

 

もはや恒例なのか、ペスお兄ちゃんの「みなさん見てください! またすみっこに逃げましたよ!」とでも言いたげな表情がちょっと笑えます。

 

ウツボのように、顔だけ出して戦う

さらに、自分のホームとも言えるクレートに逃げ込んだまるちゃん。

 

その後はウツボのように、たまに顔を出しては引っ込めてのバトルとなります。

 

クレートから、時折顔だけを出してかみつくような動作を見せるまるちゃん。

 

もう一気に自分に有利な状況を作り出しました。

 

これには思わず「え…賢い…」という言葉が出てしまいそうになりますね。

 

そこには理由があるのです

しかし、ペスお兄ちゃんもやられっぱなしではありません。

 

ボステリはすばしっこい犬種ですから、広いエリアではペスお兄ちゃんが優勢。

 

そのことをわかっているから、まるちゃんは狭い場所からウツボ作戦に出ていたのですね。

 

やはり、広い場所ではちょっとやられ気味のまるちゃん。

 

しかし、このおとぼけフェイスはかわいい!

 

やはり、クレートではまるちゃん優勢

そしてまた別の日。

 

この日もまるちゃんは、クレートに入ってペスくんとバトルしています。

 

相手の苦手なポイントをしっかりと観察して、自分の有利なエリアに持ち込む…。

 

まさに観察眼に長けた末っ子ならでの戦い方に、ある意味ちょっと感心してしまいました。

 

撮影当時、ペスお兄ちゃんは11ヵ月、まるちゃんはまだ4ヵ月とのこと。

 

人間でいうと15歳と5歳ごろ。思春期のお兄ちゃんと、まだまだやんちゃな下の子といったところでしょう。

 

だとしたら、バトルが起こってしまうのも納得。

 

しかし今度は、添い寝なんかしているような、仲の良い姿も見せてね、おふたりさん!

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

「ウニャー!!(ヤラレター!!)」今日もわちゃわちゃ我が家はにぎやか!フレブルはそのわんぱくが取り柄なのです♡

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧