2020年5月4日3,758 View

「あのぅ…」遊び方がわからず輪に入れないフレブル。困り顔でウロウロする姿が、不憫だけど愛おしくてたまらん【動画】

日本人は欧米の人々に比べると内向的で人見知りな性格の人が多いですよね。「コミュ障」なんて称されることもありますが、我らがフレブルは真逆の「コミュ強」。好奇心旺盛さと人懐こさを持ち合わせる彼らは、どんな場面でも溶け込めるはず…と思っていたのは思い込みだったのかも!?

グイグイこられて困り顔

今回の動画は海外のとある室内ドッグランの様子です。主人公は赤い首輪をつけているフレブル。

するとさっそくパグたちが「遊ぼうぜ!」とばかりに寄ってきてくれました。

こんな風にこられたら、遊ぶのが大好きなフレブルは大喜びのはず!

 

という予想は、あっけなく裏切られます。

 

この通り、フレブルはなんだか浮かない顔をしているのです。

 

まるで「どうしていいのかわからん…」とばかりにその場に立ち尽くしています。

 

最初だから緊張しているんだよね、きっと…。

 

移動すれば…一応ついていきたい

「これは、打ち解けられないのでは?」と心配になってきたそのとき。

パグたちはフレブルから離れ、独立して遊びはじめます。

 

さっきまでかまってもらっていたのに、急に離れたとあって心もとないのか、一応2頭を追いかけていきました。

 

「…一緒に行くよー」

 

グイグイ来られると「ちょっと煩わしいかも」と思っていても、急に離れられると寂しく感じちゃうのはフレブルも同じみたいですね。

 

とはいえ、来られると…。

その後、追いかけてきたフレブルの姿をみて、気のいいパグたちはまたもや「遊ぼう」と大歓迎してくれます。

 

しかし、フレブルはこの表情。

 

「あ…ちょっと…」

 

全然喜んでいるように見えないですね…。

 

ここまで喜んでいない姿を見せられると、なんだか切なくなってくるような…。

 

その後も、どのシーンもブレてしまうほどに躍動的なパグと、やっぱり困り顔なフレブル…という光景が続きます。

 

このあと少し追いかけっこのようになったものの、すぐに離脱してしまったフレブル。

 

しまいには、オーナーさんに向かって「もう帰ろうよ…」とアピールしているようなカメラ目線まで。

 

ほかにもフレブルがいたけれど

こちらのドッグランにはほかにもフレブルがいました。

 

しかし、その姿をご覧ください。

 

「……」。

 

ポツンとドッグランの端っこで、みんなが遊ぶ様子を眺めているのでした。

 

仲間もまた、ちょっぴり内向的だったのかな…。

そしてそのまま動画は終了…。

 

いつか、リベンジ編をアップしてくれることを期待しています!

 

この動画のフレブルを見ながら、「あーわかるわ…」と思った方も多いのではないでしょうか。

 

我々「奥ゆかしい」と言われる日本人は、つい控えめな方を応援したくなってしまうようです。

 

次きた時には、たくさんお友達ができるといいね!

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

みんないるから、ボクまだ寝ない!…フレブルは『まんま人間の子供』だって、そろそろ言い切っていいと思う。

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧