2020年5月25日5,016 View

「やーだねーそんなの!」絶対に特等席を譲りたくない先輩フレブルと、子供っぽい態度にドン引きした後輩フレブル。【動画】

多頭飼いを始めると、どうしても先住犬が我慢をするときがやってきます。今回は、車の中で『オーナーさんをみやすい位置』にどちらが座るかで揉めてしまいます。先住犬の不満が爆発してしまったようで…ちょっとその訴えを聞いてみましょうか。

車の後部座席に、2頭のフレブル

オーナーさんは車の中に2頭の愛ブヒを乗せました。

こちらのフレブルは、新しく迎えた後輩のパピーブヒ。

 

昔から住んでいるフレブルは、後部座席の反対側に座っているパイド。

 

しかしこの位置だと新しく迎えたフレブルが、オーナーさんから見にくいようなのです。

 

きっと車にも慣れないでしょうから、そんなことを考えふたりの場所を入れ変えたいみたい。

 

席を変わってほしいとお願いしてみる

ということで、オーナーさんは先住犬のフレブルに席を交換して欲しいと伝えます。

 

それを聞いたフレブルは…

 

「………」。

 

話を聞いている段階でこの表情。

 

「は…?」なんて聞こえてきそうなほどに、かなりイライラしています。

 

もしかしたら、すでに他の場面でも我慢することがあったのでしょうか。

 

もういよいよ限界…といった感じです。

 

「嫌だね―!」と絶叫

しかし、オーナーさんは「席はまた戻すから…お願いよ」と改めて伝えます。

 

それでも嫌なものは嫌なようで、車内で思いっきり叫び始めました。

 

「ヤダねーヤダヤダヤダー、はーい絶対ヤだよー!」

 

もはや人間の言葉で聞こえてくるような猛烈な叫びが響きます…。

 

一度叫び始めたら止まらなくなってしまったようで、オーナーさんにずっと不満を漏らし続けています。

 

やっぱり色々我慢してきたのかな…。

 

後輩パピー、ドン引き

オーナーさんがなんとか説得しているとき、ちらっと後輩パピーの顔が。

 

それがこの表情です。

 

「ああもう、どっちでもいいし」。フレブル,YouTube

出典:YouTube(Walter Geoffrey the Frenchie)

 

なんという貫禄…!

 

「もう、自分ここでいいんで」なんて心の声が聞こえてくる…。

 

しかしオーナーさんは「一番はいつもあなただからね」と先住犬を説得し続けていました。

 

やっぱり、たくさんの「子ども」を抱えると、色々と大変ですね。

 

特に甘えん坊の子であれば、なおさら…。

 

多頭飼いあるあるな光景がよく表れていましたよね。

 

それにしても分かりやすく不満を述べていて、人間の子どもにしか見えなくなってしまいました。

 

愛情を平等に注ぐためこれからも頑張ってくださいね、オーナーさん。

 

 

こちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

飼い主の膝を占拠する同居犬に嫉妬したフレブル。健気におねだりして甘える姿が可愛い♡【動画】

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事

特集

特集一覧